セミナー 印刷

はじめての薬物動態学入門―基礎編
<薬物動態というお仕事>

~吸収、分布、代謝、排泄、薬物間相互作用~

受講可能な形式:【Live配信】
<<2024年の薬物動態解析セミナーラインナップ>>
※順次HPUPしていきます。
(終了しました)■1月 1/19 「非経口剤の血漿中濃度推移の解析
- in vivoデータの解析とin vitroデータからのシミュレーション -」
(終了しました)■2月 2/9「薬物間相互作用-入門編(講義と演習)」
(終了しました)2/16「薬物間相互作用-実践編(講義と演習)」
(終了しました)■3月 3/15「薬物の消化管吸収-評価・予測」
■4月 4/19「ヒトにおける薬物動態予測(1)-GLと動物からの予測」
4/26「ヒトにおける薬物動態予測(2)-in vitroデータとPBPKモデルからの予測」
■5月 5/17「PK/PD解析入門」
■7月 7/19「はじめての薬物動態学-基礎編」
7/26「はじめての薬物動態学-解析編」
■8月 8/23「薬物動態解析入門1-コンパートメントモデル解析」
8/30「実践!薬物動態解析1-コンパートメントモデル解析」
■9月 9/13「薬物動態解析入門2-非コンパートメントモデル解析」
9/20「実践!薬物動態解析2-非コンパートメントモデル解析」
■10月  10/11「薬物動態解析入門3-生理学的薬物速度論モデル解析」
10/18「実践!薬物動態解析3-生理学的薬物速度論モデル解析」
■11月「創薬における薬物動態スクリーニング
■11月 「薬物動態分野(非臨床)で用いる基礎統計学」
■12月 「バイオ医薬品の薬物動態学」※新企画※
↓2日間のセット受講はこちらから↓
※受講料がお得です※

★初めての薬物動態学シリーズ 全2日間セミナー コース申込★
<開催日程>
①7/19(金) はじめての薬物動態学入門―基礎編
②7/26(金) はじめての薬物動態学入門―解析編
 

 なぜ、創薬段階から薬物動態研究をするのか、
創薬と開発での薬物動態研究の違いなど
薬物動態研究の全体像を理解していただきます。


最近承認された薬の情報を用いて説明しますので、
市販薬の薬物動態特性の相場観も知ることができます。

~本セミナーは薬物動態解析入門として、【初心者レベル】の内容を想定しております~

※<本セミナーシリーズのレベル感の目安>
【レベル1】初心者 新入社員、若手、他部門からの異動
※ほぼ未経験者の方
【レベル2】初 級 ・新入社員(薬学系)
・若手(数年会社での業務経験あり)、
・他部門からの異動者(薬物動態データとアクセスあり)
※パラメータに多少馴染んでいる方
【レベル3】初中級 解析業務経験あり
※業務経験が実際にあり動かしている方
【レベル4】中 級  簡単なモデリング&シミュレーション経験がある方
【レベル5】中上級 コンパートメントモデル、生理学薬物速度論モデル経験者
※お客様の声を一部ご紹介します。(過去に加藤先生ご講演セミナーにご参加)
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2024年7月19日(金)  10:30~16:30
会場 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり通常価格(55,000円)半額の27,500円)
2名で通常価格:55,000円 (50,000円+税)(2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり実質27,500円
※1名受講:41,800円 (E-Mail案内登録価格 39,820円 ) 
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:41,800円/E-Mail案内登録価格 39,820円 )

  定価:本体38,000円+税3,800円
  E-Mail案内登録価格:本体36,200円+税3,620円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催日の4、5日前に発送予定)
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
 Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

薬物動態塾  /  武蔵野大学 客員教授 加藤 基浩  氏 (元・中外製薬)
専門分野:薬物動態全般、薬物速度論、薬物間相互作用、ヒトクリアランス予測、PK/PD解析、バイオ医薬品の薬物動態

【講師紹介】

セミナー講演内容

<講習会のねらい>
本セミナーは、はじめて薬物動態学を学ぶ人向けのセミナーとして企画しました。
なぜ、薬物動態を調べるのかを中心に学んでいただきます。薬物動態というと数式の多い学問(薬物速度論)と思われる人も多くいますが、薬物動態の分野の一部であり、本セミナーでは数式はでてきません。薬物動態全般を扱います。

「この薬は食後飲んでください」
「グレープフルーツジュースは飲まないでください」
「煙草を吸っていると効きにくくなります」

「腎臓が悪い方は減量してください」


これらすべて薬物動態の話です。なぜ、創薬段階から薬物動態研究をするのか、創薬と開発での薬物動態研究の違いなど薬物動態研究の全体像を理解していただきます。最近承認された薬の情報を用いて説明しますので、市販薬の薬物動態特性の相場観も知ることができます。


1.医薬品開発における薬物動態
 なぜ薬物動態を調べるのか?
 薬物動態の基礎
 創薬での薬物動態
 開発での薬物動態
 臨床における薬物動態
 添付文書とインタビューフォーム

2. 薬物動態パラメータ
 数字は何を表しているのか?数字の意味

3. 吸 収
 いつ飲むのか?食事との関係
 吸収されやすい、吸収されにくい
 溶けやすい、溶けにくい
 トランスポーター

4. 分 布
 多く分布する組織分布とほとんど分布しない組織があるのは? 
 タンパク結合

5. 代 謝
 代謝は解毒と毒性発現に関与
 代謝酵素
 大きな個体差の原因、遺伝多型

6. 排 泄
 尿中排泄、胆汁中排泄

7. 薬物間相互作用
 いわゆる飲み合わせ、併用禁忌、併用注意

8. 質疑応答