書籍

環境発電・エネルギーハーベスティング技術
―デバイス開発と応用展開―

~各種発電技術の仕組み・特徴、市場動向、先進的なデバイス・応用開発事例まで~

発刊日 2020年8月27日(木)
体裁B5判並製本  約200頁
価格(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員価格 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
早割価格(発刊日まで):48,400円 ( S&T会員価格 45,980円 )
定価:本体44,000円+税4,400円
会員:本体41,800円+税4,180円
 (送料は当社負担)
アカデミー割引価格 38,500円(35,000円+税)
ISBNコード978-4-86428-219-2
CコードC3058

市場拡大が期待されるIoT/トリリオンセンサの自立電源として必須の環境発電
~各発電・デバイス技術、市場動向、国内各社の先進的な取り組み事例まで解説~

 
   ◎2010年代中頃までのブームとその鎮静化を経て、見えてきた環境発電ビジネスの方向性とは
   ◎各種発電技術の仕組みと応用面から見た長短所
   ◎太陽電池,熱電変換,振動発電デバイスの開発動向
   ◎発電デバイス・センサ・周辺機器・応用システム開発の国内13社の最新取り組み事例
   ◎海外企業の栄古斉衰、近年の動向、失敗・成功例から見る事業拡大への道...etc

などなど、技術・応用開発の両面から環境発電の今を解説