研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

書籍書籍番号:M035(生体データ)

エレクトロニクス | 化学・材料
書籍

生体データ活用の最前線
~スマートセンシングによる生体情報計測とその応用~

〇ウエアラブル・スマートセンシング技術による生体情報計測
〇取得した生体データの応用開発から見えたその有用性と課題
〇応用開発から見えたセンシング技術・デバイスに求められるものとは

発刊日 2017年4月27日
体裁B5判上製本  519頁
価格(税込)
各種割引特典
64,800円 ( S&T会員価格 61,560円 ) S&T会員登録について
定価:本体60,000円+税4,800円
会員:本体57,000円+税4,560円
 (送料は当社負担)
アカデミー割引価格 45,360円
ISBNコード978-4-86428-151-5
CコードC3058
 生体・バイタルデータを活用することで
  〇 予防医療の促進、健康長寿社会の実現に繋げることができたなら。
  〇 体調異常の兆候に気づき、早期の診察に臨むことができたなら。
  〇 日常の健康状態データが、病院での診療・治療に活用できたなら。
  〇 遠隔医療の普及、“見守られている安心”を在宅患者に提供できたなら。
  〇 一人暮らしのお年寄りを遠くから見守り、“もしもの時”にすぐに対応できたなら。
  〇 多くの手間とコストがかかる臨床試験を効率化することができたなら。
  〇 循環器系の疾患を持つ人が、体調急変・異常を事前に知ることができたなら。
  〇 言葉で気持ちを伝えられない赤ちゃんの状態を常に知ることができたなら。
  〇 理学療法・リハビリの効果を定量化して、より効果的な取り組みができたなら。
  〇 メンタルヘルスの状態、心と体の関係を知ることができたなら。
  〇 介護施設職員の負担を軽減し、より安心で質の高いサービスを提供できたなら。
  〇 普段と変わらない生活をしながら、健康情報が蓄積できる住まいが実現できたなら。
  〇 バイタルの状態に合わせて空調・照明機器が自動でコントロールできたなら。
  〇 ドライバーの体調異変や居眠りを検知・警報し、気づかせることができたなら。
  〇 スポーツ選手・運動者のケガ防止や効果的なトレーニングの方法を可視化できたなら。
  〇 製品の「良し悪し」を主観的ではなく、定量的に評価することができたなら。
 私たちの生活はどれだけ豊かになるでしょうか?
<目次抜粋>
 総 説 生体データの活用が社会にもたらすもの
 第1章 生体データ活用と成長市場:生体情報センシングの未来予想図
 第2章 生体データの計測原理とスマートセンシングを支える要素技術
 第3章 医療分野におけるスマートセンシングとその生体データの有用性・応用
 第4章 健康管理・ヘルスケア分野における生体データの活用
 第5章 高齢者見守り・介護・福祉分野における生体データの活用
 第6章 安心・安全・快適な住環境の創出に向けた生体データの活用
 第7章 自動車のドライバーモニタリングにおける生体データ活用
 第8章 スポーツ分野における生体データ活用
 第9章 生体データからヒトの感性を評価・定量化する

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。