eBook

東アジア地域における
国際共同治験の現状と承認審査時の論点解説

~審査官が考えるアジア治験の問題点と国内差~

ご購入の際にはご注意ください。
当書籍は「
IND/NDA/MAA申請で必要となる欧米・アジアの各国当局要求と記載事例」の第1部のみを
抜粋したものです。
配信開始日 2013年5月8日
フォーマットPDF(コンテンツ保護のためアプリケーション「bookend」より閲覧)
体裁B5 21頁
価格(税込)
各種割引特典
10,800円 ( S&T会員価格 10,260円 ) S&T会員登録について
定価:本体10,000円+税800円
会員:本体9,500円+税760円

(アカデミー割引対象外)

アカウント数アカウント数 :5アカウント  【アカウントの追加方法】
 ※購入者以外に最大4アカウントまで追加可能(無料)

閲覧可能PC数 :2台/1アカウント(同一アカウントに限る)
閲覧期間無期限
オフライン閲覧可能
対応OS・デバイスWin・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
注意事項ebookのダウンロードは、S&T会員「マイページ」内で行いますので、S&T会員登録が必須です。
ISBNコード978-4-86428-085-3
CコードC3047
審査側はどう考えるか!
アジア治験で実施・承認された医薬品の民族差にかかわる承認理由/考え方
日本,韓国,台湾,インド,香港及びシンガポールでの民族差・動態を比較・考慮した用量設定への方策