書籍

3極規制要件をふまえた
コンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法

~製造用コンピュータ化システム編 ・ ラボ(分析機器)編 ・ ITアプリケーション編~

2020年4月1日より販売価格を半額( 44,000円から22,000円 )にてご提供!
監修(株)イーコンプライアンス 代表取締役 村山 浩一 氏
発刊日 2012年8月24日
体裁B5判並製本  190頁
価格(税込)
各種割引特典
22,000円 ( S&T会員価格 22,000円 ) S&T会員登録について
定価:本体20,000円+税2,000円
会員:本体20,000円+税2,000円
送料は当社負担
アカデミー割引価格15,400円(14,000円+税)
ISBNコードISBN978-4-86428-054-9
CコードC3047
※バリデーション実施の違いについて解説した唯一の書籍 待望の発刊!※

製薬企業や医療機器企業でCSVを実施している人や、それら企業をサポートしているサプライヤは、もっと具体的なCSV実施方法を望んでいるはずである。つまり実践的なCSVの解説である。コンピュータ化システムは、大きく分類して4種類のカテゴリに分けられ、それぞれに特徴が異なり、またバリデーションの実施方法が異なる。

1.製造用コンピュータ化システム
2.ITアプリケーション
3.ラボ(分析機器、Excel)
4.インフラストラクチャ