セミナー 印刷

細胞医薬品の開発動向と実用化に向けた課題解決

~細胞医薬品の開発において必要とされること(技術・解決策)~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】

  • 細胞医薬品の開発動向をまとめるとともに、細胞医薬品の開発において課題となる項目を列挙し、その解決策に関して近年の研究等を参照しながら解説
【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信受講】 2024年5月31日(金)  13:00~16:30
【アーカイブ配信受講】 2024年6月11日(火)  まで受付(配信期間:6/11~6/24)
会場 【Live配信受講】 オンライン配信セミナー  (Zoomミーティング)
会場地図
【アーカイブ配信受講】 オンライン配信セミナー  (ストリーミング配信)
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 37,400円/E-Mail案内登録価格 35,640円 )

 定価:本体34,000円+税3,400円
 E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料PDFテキスト(印刷可・編集不可)
  ※開催2日前を目安に、弊社HPのマイページよりダウンロード可となります。
   なお、アーカイブ配信受講の場合は、配信日になります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴はマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 准教授 博士(薬学) 草森 浩輔 氏 ≫【講師紹介】

セミナー趣旨

 本講演においては、創薬ニューモダリティのひとつとして開発が期待されている細胞医薬品の開発動向をまとめるとともに、細胞医薬品の開発において課題となる項目を列挙し、その解決策に関して近年の研究等を参照しながら概説する。本講演が細胞医薬品の基礎的な理解と新しい細胞医薬品の開発への一助になることを期待する。

【得られる知識】
▼創薬におけるニューモダリティ
▼細胞と細胞医薬品
▼上市されている細胞医薬品一覧
▼細胞医薬品の開発動向
▼細胞医薬品の開発における課題
▼細胞医薬品の開発において必要とされること(解決策)
▼デザイナー細胞
▼細胞を利用したドラッグデリバリーシステム
▼細胞工学技術を応用した細胞の高機能化  、、、など

セミナー講演内容

1.創薬におけるモダリティ
 1-1.創薬における各種モダリティ
 1-2.創薬ニューモダリティ
 1-3.創薬の歴史
 1-4.創薬モダリティの開発品目数推移

2.細胞と細胞治療
 2-1.細胞治療と細胞医薬品
 2-2.ヒトのからだの成り立ち
 2-3.細胞発見の歴史
 2-4.細胞医薬品の歴史

3.細胞医薬品の開発動向
 3-1.上市されている細胞医薬品
 3-2.細胞医薬品の分類
 3-3.細胞医薬品の開発動向
 3-4.細胞医薬品の承認品目一覧
 3-5.各種細胞医薬品の概説

4.細胞医薬品の課題と解決策
 4-1.細胞医薬品の開発における課題
 4-2.細胞医薬品の課題を解決する技術
 4-3.デザイナー細胞
 4-4.CAR-T細胞
 4-5.細胞工学技術を基盤とする細胞医薬品の開発事例
 4-6.細胞を利用した新しい疾患治療法

5.細胞医薬品の展望
 5-1.細胞医薬品に期待されること
 5-2.iPS細胞を利用した細胞医薬品の開発
 5-3.細胞医薬品のコスト
 5-4.細胞医薬品の展望

□質疑応答□