セミナー 印刷

プラスチックフィルムの表面処理・改質技術と
接着性の改善評価方法

~ 表面処理でフィルム表面に何が起こるのか ~
~ 各種の表面処理技術のメリット・デメリット ~
~ 表面処理と接着力の関係を明らかにする ~

受講可能な形式:【Live配信】のみ
​表面処理及び接着関連の知識習得のための1日講座
■ 表面処理によってもたらされる接着力とは
■ コロナ処理、プラズマ処理、UV処理、シランカップリング剤処理、グラフト処理
■ 処理表面のキャラクタリゼーション、官能基の存在と接着力との関連、表面処理状態の分析・解析・評価

 
曖昧だった部分をはっきり理解したい方、業務に向けて情報収集したい方など
是非この機会に本セミナーにご参加ください。
日時 【Live配信】 2024年4月25日(木)  10:30~16:30
会場 【Live配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円) 
 
 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】

 1名申込みの場合:受講料 41,800円 ( E-Mail案内登録価格 39,820円 )
  定価:本体38,000円+税3,800円
  E-Mail案内登録価格:本体36,200円+税3,620円
 ※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(各開催日の4、5日前に発送予定)
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
 Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
セミナー視聴はマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクが表示されます。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
受講対象
表面処理に関係がなくとも何らかの形でプラスチックを扱ったことがある方々。
 
得られる知識
表面処理は一体どんなの考え方で行われているかをまず解説。
官能基の存在と接着力について理解する。
多くの表面処理法がある。例えば、コロナ処理、低圧プラズマ処理、大気圧プラズマ処理、火炎処理、
紫外線処理、シランカップリング剤処理、イソシアネート処理、グラフト処理などが知られているが、
これらのメリット・デメリットを解説。
それを通じて表面処理と接着力の関係を具体的に知ることができる。

セミナー講師

金沢高分子ラボ 代表 小川 俊夫 氏

【ご専門】高分子材料
【ご関連HP】https://koubunshi-labo.com/

1967年 宇部興産(株)入社
1976年 京都大学より工学博士号授与
1978-1980年 米国ミシガン分子研究所 Associate Researcher. 
1985年 金沢工業大学教授
2011年 金沢工業大学名誉教授
     金沢工業大学産学連携室コーディネーター
2013年 同大学退職
 

セミナー趣旨

 最近では高分子材料が単独で用いられることは少なくなっている、異なった高分子同士の積層、繊維や金属等との複合材料化などが行われている。具体的なものでは、例えば積層回路の作製には高分子である基板と異種材料の接着は欠かせない技術である。また、塗料のコーティングなども接着にかかわることである。接着剤も重要ではあるが、材料間に安定した接着強度を得るには高分子自身の表面改質が必須の条件である。
 本セミナーでは多岐にわたる表面処理について演者の経験を基に解説する。

セミナー講演内容

1.表面と接着
 1.1 接触角とYoung式
 1.2 ぬれと表面張力
  1.2.1 表面張力の測定
  1.2.2 液体の表面張力
  1.2.3 高分子の表面張力
  1.2.4 Zismanのプロット
 1.3 ぬれと官能基
 1.4 官能基の極性
 
2.接着の基本
 2.1 原子間力(分子間力)
  2.1.1 ファンデアワールス力の利用
  (1)熱溶着、レーザー溶着
  (2)振動溶着
  (3)超音波溶着
  (4)高周波溶着
  2.1.2 水素結合力
 2.2 化学結合力
  (1)イソシアネート(ウレタン)結合
  (2)エポキシ結合
  (3)シランカップリング剤結合
 
3.表面粗さ効果による接着
 3.1 表面粗さの表現
 3.2 投錨効果
 3.3 施錠効果
 
4.接着強度
 4.1 接着の条件
 4.2 接着強度測定
 4.3 水分効果
 4.4 表面脆弱層(WBL)
 
5.表面処理
 5.1 表面処理の基礎
 5.2 コロナ処理
  (1)湿度効果
  (2)電極形状効果
  (3)雰囲気ガス効果
 5.3 低圧プラズマ処理
  (1)プラズマの発生
  (2)実例
 5.4 大気圧プラズマ処理
  (1)パルス型
  (2)最近の大気圧プラズマ法
  (3)実例
 5.5 紫外線処理
 5.6 火炎処理
  (1)通常型
  (2)ケイ素化合物添加法
 5.7 シランカップリング剤処理
  (1)濃度効果 
  (2)経時変化
 5.8 グラフト化処理
 
6.表面処理に伴う分子構造の変化
 6.1 空気雰囲気
  (1)ポリオレフィン
  (2)ポリイミド
  (3)ポリエチレンテレフタレート
  (4)ポリエーテルエーテルケトン
 6.2 不活性ガス雰囲気
 
7.処理表面のキャラクタリゼーション
 7.1 X線光電子分析法(XPS)
  (1)元素分析
  (2)波形分離法による官能基分析
  (3)化学修飾法による官能基定量
 7.2 全反射赤外分光法(FT-IR)
 7.3 原子間力顕微鏡法(AFM)
 7.4 飛行時間型二次イオン分析法(TOF-SIMS)
 
8.表面処理の実例
 8.1 表面処理による塗膜の接着強度の改善
 8.2 LDPEとPETの接着
 8.3 芳香族ポリイミドフィルムと銅箔の接着
 8.4 PVAcのコロナ処理による接着性改善
 
□ 質疑応答 □