セミナー 印刷

やさしく解説!レオロジーの基本
《平易な数式で粘弾性を理解》

~サイン・コサインや微分・積分を用いてレオロジーを解き明かす~

受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ
◈ 数学的根拠からレオロジーを紐解く ◈
弾性・粘性・粘弾性・動的粘弾性といったレオロジーの基本を
通常の教科書では省略されてしまう数学的な根拠に基づいてやさしく解説!
日時 【会場受講】 2024年6月26日(水)  13:00~16:30
【Live配信(アーカイブ付)】 2024年6月26日(水)  13:00~16:30
会場 【会場受講】 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室
会場地図
【Live配信(アーカイブ付)】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円(2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-Mail案内登録価格35,640 円 ) 

 定価:本体34,000円+税3,400円
 E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料会場受講:当日会場にて製本テキストを配布(マイページよりPDFもダウンロード可)
Live配信受講:PDFテキスト(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、弊社HPのマイページよりダウンロード可となります。

副教材として『粘性と弾性の話からやさしく解き明かす レオロジーの基本(荒木修著、日刊工業新聞社)』を配布します。
会場受講:当日会場にて配布。
Live配信受講:開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送いたします。
       ※間近でのお申込みの場合、到着が開催日に間に合わないことがございます。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

アーカイブ(見逃し)配信について
視聴期間:6/27~7/3の7日間
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
(開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)
備考※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識レオロジーで使われるG’やG”の数学的な根拠が分かるようになる。
対象レオロジー測定の初心者の方。プラスチックや食品などの加工で硬い・軟らかいを解析している方や加工そのものを検討している方。予備知識は不要です。

セミナー講師

独立行政法人労働安全衛生総合研究所 博士(工学) 派遣研究員 荒木 修 氏
[専門] 高分子科学
元京都大学工学研究科助手
元アルファーテクノロジーズLLC

セミナー趣旨

 レオロジーの基本を説明します。レオロジー測定/粘弾性測定を行う技術者にとって貯蔵弾性率や損失弾性率が数学的に導出されることを理解していることは重要です。ところが通常のレオロジーの教科書ではこの導出は省略されています。
 本講演では粘弾性体の基本的なモデルを使い、サイン・コサインや微分・積分を使いながら平易に貯蔵弾性率や損失弾性率の導出を説明します。またレオロジーで出てくるマスターカーブの作成にも言及します。

セミナー講演内容

1. レオロジーと高分子 
 1.1 何がレオロジー測定の対象でしょうか
 1.2 レオロジーで何が分かるのでしょうか
      
2. 粘性・弾性・粘弾性 
 
2.1 変形(ひずみ)
 2.2 弾性率と粘性率
 2.3 応力緩和とクリープ
 2.4 バネとダッシュポット
 2.5 粘弾性モデル(1) マックスウェルモデル
 2.6 粘弾性モデル(2) フォークトモデル
 2.7 マックスウェルモデルの数式の導出
 2.8 フォークトモデルの数式の導出
                          
3. 動的粘弾性
 
3.1 静的と動的
 3.2 動的変化はサイン波的な周期変動をする
 3.3 バネとダッシュポットへの正弦ひずみと応力
 3.4 周期的なひずみとトルク
 3.5 貯蔵弾性率G’と損失弾性率G”の導出
 3.6 複素弾性率G*とG’、G”、tanδの関係
 3.7 動的粘弾性で使う記号のまとめ

4. マスターカーブ
 
4.1 温度と時間
 4.2 マスターカーブの作成

□ 質疑応答 □