セミナー 印刷

架橋剤を使うための総合知識

~種類・特性、選び方、使い方、反応メカニズム、効果~

■架橋剤の架橋によるポリマーの物性変化■
■各種架橋剤の反応性と特徴、架橋剤の効果■
■架橋剤使用上の注意点■

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
ポリマー材料の物性、性能を改良・向上させるための架橋剤の実践的な総合知識
広く使用されている多種の架橋剤の反応性、特徴、目的に合った使い方、、、
架橋剤を使い慣れていない技術者、架橋剤の知識の無い技術者にもわかりやすく解説
架橋剤でポリマー材料の何を変えることができるのか
イソシアネート系、エポキシ系、オキサゾリン系、カルボジイミド系、ビドラジド系、アルデヒド系、アジリジン系、メチロール系、アセトアセチル系、金属系、金属イオン架橋剤、吸着型架橋剤、ホウ酸架橋剤、イオウ架橋剤、シランカップリング剤、、、
日時 【ライブ配信】 2024年6月20日(木)  10:30~16:30
【アーカイブ配信】 2024年7月4日(木)  まで受付(視聴期間:7/4~7/18)
会場 【ライブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:41,800円/E-mail案内登録価格 39,820円 )

定価:本体38,000円+税3,800円/E-mail案内登録価格:本体36,200円+税3,620円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可・編集不可)
※ライブ配信受講は開催2日前を目安にS&T会員のマイページよりダウンロード可となります。
※アーカイブ配信受講は配信開始日からダウンロード可となります。
オンライン配信Live配信(Zoom) ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・架橋剤の架橋によるポリマーの物性変化
・各種架橋剤の反応性と特徴
・架橋剤の効果(接着改良、耐熱性改良、その他の性能改良)
・架橋剤使用上の注意点
対象・架橋剤の架橋によるポリマーの物性変化
・各種架橋剤の反応性と特徴
・架橋剤の効果(接着改良、耐熱性改良、その他の性能改良)
・架橋剤使用上の注意点
キーワード:架橋剤、架橋による接着剤や塗料の物性変化、架橋剤の使用方法、架橋剤の反応、接着性、耐熱性、耐水性

セミナー講師

畠山技術士事務所 所長 技術士(応用理学部門) 畠山 晶 氏
元富士フイルム(株)
【講師紹介】

セミナー趣旨

 塗料や接着剤において、架橋剤は性能を向上させるための有効な素材である。架橋剤を用いる事により、塗料や接着剤の物性や性能を改良することができる。この講演では架橋剤による塗料や接着剤の物性変化について説明する。また世の中には多種の架橋剤があり、広く使用されている。ここではこれらの架橋剤の反応性、特徴について述べる。さらに、架橋剤による接着性、耐熱性などの改良効果の例を紹介する。架橋剤の使用に当たっては色々な注意が必要である。そこで架橋剤を使用する上での具体的な注意点についても説明する。なお、本講座の内容は接着剤と塗料だけでなく、プラスチックや金属などの接着にも有効である。また本講座は架橋剤を使い慣れていない技術者、架橋剤の知識の無い技術者にも分かりやすい説明になっている。

セミナー講演内容

1.初めに

2.ポリマーの架橋

 2.1 ポリマー鎖の動き
  (1)ポリマーの架橋
  (2)ポリマー鎖の動き
 2.2 架橋によるポリマー物性の変化
  (1)架橋によるポリマー鎖の動きの変化
  (2)架橋によるポリマー物性の変化

3.架橋剤
 3.1 架橋剤による架橋の特徴
  (1)架橋剤とは
  (2)架橋剤による架橋の特徴
  (3)層内架橋と層間架橋
 3.2 架橋剤の種類とその特徴
  (1)架橋剤と反応するポリマーの官能基
  (2)イソシアネート系架橋剤
  (3)エポキシ系架橋剤
  (4)オキサゾリン系架橋剤
  (5)カルボジイミド系架橋剤
  (6)ビドラジド系架橋剤
  (7)アルデヒド系架橋剤
  (8)アジリジン系架橋剤
  (9)メチロール系架橋剤
  (10)アセトアセチル系架橋剤
  (11)金属系架橋剤
 3.3 特別な架橋剤
  (1)金属イオン架橋剤
  (2)吸着型架橋剤
  (3)ホウ酸架橋剤
  (4)イオウ架橋剤
  (5)シランカップリング剤

4.架橋剤の使用方法
 4.1 架橋剤の使用方法
  (1)架橋剤の使用方法
  (2)架橋剤の塗布
 4.2 架橋剤使用の注意
  (1)架橋剤の反応速度
  (2)架橋剤の凝集防止方法
  (3)反応進行不足の対策
  (4)単層塗布系の架橋剤の添加方法
  (5)重層塗布系の架橋剤の添加方法

5.架橋剤の効果
 5.1 架橋剤によるポリマーの物性変化
  (1)架橋剤によるポリマー物性の変化
 5.2 架橋による接着の改良
  (1)層内架橋、層間架橋と接着
  (2)層間架橋と接着1
  (3)層間架橋と接着2
  (4)層間架橋と接着3
  (5)層内架橋と接着4
  (6)層内架橋と接着1
  (7)層内架橋と接着2
 5.3 架橋による耐熱性の改良
  (1)耐熱性の改良1
  (2)耐熱性の改良2
  (3)耐熱性の改良3
  (4)耐熱性の改良4
 5.4 架橋によるその他の性能の改良
  (1)耐水性の改良
  (2)耐油性の改良
  (3)透明性の改良
  (4)ゲルの強度の改良

6.まとめ

□質疑応答