セミナー 印刷

二酸化炭素(CO2)、二硫化炭素(CS2)を原料とする
高分子材料の合成技術と応用

~豊富な天然資源を用いたポリマー材料の合成、機能化と応用~

本セミナーは都合により中止しました。5/24 15:00更新
受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

豊富な天然資源である二酸化炭素とイオウを活用し新規の機能性材料を生み出そう
二酸化炭素の化学変換の方法、二酸化炭素の利用方法、新規高分子材料の設計
CO2、CS2を用いた新規高分子合成技術、ポリウレタン、カーボネート、イオウ、、、
二酸化炭素・二硫化炭素の活用方法、ポリウレタン類の合成法と機能、金属と有機構造の複合化、、、
日時 【ライブ配信】 2024年5月31日(金)  13:00~16:30
【アーカイブ配信】 2024年6月13日(木)  まで受付(視聴期間:6/13~6/26)
会場 【ライブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-mail案内登録価格 35,640円 )
  定価:本体34,00円+税3,400円
  E-mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、S&T会員のマイページよりダウンロード可となります。
※アーカイブ配信受講の場合は配信開始日からダウンロード可となります。
オンライン配信Live配信(Zoom) ►受講方法・接続確認申込み前に必ずご確認ください
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認申込み前に必ずご確認ください
備考※セミナーの録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識二酸化炭素の化学変換の方法、二酸化炭素の利用方法、新規高分子材料の設計
キーワード:二酸化炭素の利用方法、ポリウレタン、カーボネート、イオウ

セミナー趣旨

 豊富な炭素資源である二酸化炭素と、その酸素を同じ16族元素であり同じく豊富な資源であるイオウに置き換えた二硫化炭素を用いた高分子の合成法および応用について紹介する。
 まず、豊富な資源を用いる材料の設計法について概説する。続いて、講演者の研究を中心に各論に映る。二酸化炭素の反応としては、比較的温和な条件で進行する五員環カーボネートの合成をもととした高分子材料の合成について述べる。五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成では、エポキシ基をもつ汎用モノマーであるグリシジルメタクリレートと二酸化炭素による、五員環カーボネート構造をもつポリメタクリレートの合成法と機能を紹介する。
 また、五員環カーボネートとアミンの反応を利用したポリウレタンの合成法および得られるポリウレタンの機能と応用について、一般的なポリウレタンとの比較も含めて紹介する。本法は、有毒で不安定なイソシアネートを用いないという利点がある。二硫化炭素を用いた様々な含イオウポリマーの合成法と、その応用について紹介する。
 二硫化炭素はそれ自身が重合する他、多様なモノマーの原料となる。イオウの原子屈折の高さに由来する高屈折率材料への応用、ならびにイオウの金属との親和性を利用した有機―イオウー無機ハイブリッド材料と貴金属捕集ポリマーなどの合成と応用について述べる。

セミナー講演内容

1.豊富な資源を用いる材料の設計
 1.1 非石油資源を用いる材料の設計
 1.2 様々な二酸化炭素を用いる材料の設計

2.二酸化炭素を用いる五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成
 2.1 二酸化炭素とエポキシドの反応による五員環カーボネートの合成
 2.2 環状カーボネートの特性
 2.3 五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成法と機能

3.五員環カーボネートとアミンの反応を利用するポリヒドロキシウレタンの合成とその応用
 3.1 ポリウレタンの性質と合成法
 3.2 五員環カーボネートとアミンの反応を利用する脂肪族ポリウレタンの合成
 3.3 ポリヒドロキシウレタンの合成
 3.4 様々なポリヒドロキシウレタンの合成とその応用

4.二硫化炭素を利用する含硫黄ポリマーの合成と応用
 4.1 二硫化炭素の重合
 4.2 二硫化炭素とエポキシドの反応による五員環ジチオカーボネートの合成とアミンとの反応
 4.3 ポリメルカプトチオウレタンの合成とグラフトポリマー合成への応用
 4.4 貴金属捕集性ポリマー
 4.5 イオウを仲立ちとする有機―イオウ―金属ハイブリッド材料の合成と機能

5.まとめ

質疑応答