書籍

<テクニカルトレンドレポート> シリーズ2

最新ディスプレイ技術トレンド 2017

SID2017でのトピックスを中心に、最新のFPD技術を解説
現状技術とその課題、今後の開発の方向性を早掴みできます!
<全ページフルカラーでお届けします>

発刊日 2017年10月30日
体裁B5判並製本  247頁
価格(税込)
各種割引特典
32,400円 ( S&T会員価格 30,780円 ) S&T会員登録について
定価:本体30,000円+税2,400円
会員:本体28,500円+税2,280円
 (送料は当社負担)
アカデミー割引価格 22,680円(税込)
ISBNコード978-4-86428-165-2
Cコード3058
本書籍は、電子版(ebook)もご用意しております。
 >> 電子版(ebook)をご希望の方はこちらから

※電子版は5アカウントまで閲覧可能です(PC2台/1アカウント)
"旬な"技術トレンド・ニーズをスピーディーにキャッチアップする「テク二カルトレンドレポート」

<TFT-LCDの進化> <OLED> <有機薄膜トランジスタ>
<
マイクロLED> <量子ドットLED(QLED)>

群雄割拠のディスプレイ技術

各ディスプレイの優れた製品化・研究開発例とその材料・部材・製造技術を徹底レビュー
この先の技術・事業開発の方向性を掴むためにぜひご覧ください!


  ▼本書で触れる内容のキーワード▼
   ・液晶ディスプレイ/TFT-LCDの高コントラスト化・広色域・視野角化・
フレキシブル化
   ・実用OLEDの製造プロセス・装置・部材、バリア膜・封止技術
   ・低温・非真空・R2Rプロセスの実現に向けて~Si-TFTの性能に迫る有機TFT研究の最前線
   ・マイクロLEDを用いたディスプレイの特徴と製造プロセス
   ・QLEDディスプレイの原理、OLEDとの違い、研究事例と実用化への課題  などなど


  ▼目次概要▼
はじめに  
Chap.1:ディスプレイの技術推移 Chap.2:Display Week 2017の基調講演
Chap.3:TFT-LCDの高コントラスト化技術 Chap.4:TFT-LCDの広色再現範囲化技術
Chap.5:フレキシブルディスプレイ  Chap.6:薄膜トランジスタ
Chap.7:マイクロLED(Light Emitting Diode) Chap.8:量子ドットLED(QLED)
おわりに