eBook

<テクニカルトレンドレポート> シリーズ6

マイクロLED市場・技術トレンド

<ebook版>

~企業・技術動向、市場・応用展望まで、最新情報・トレンドを解説~

配信開始日 2020年7月30日
フォーマットPDF(コンテンツ保護のためアプリケーション「bookend」より閲覧)
※このebookは印刷不可・コピー不可です。
体裁B5  157頁
著者沖本 真也 沖為工作室合同会社 CEO 
価格(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員価格 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円

アカデミー割引価格 30,800円(28,000円+税)

アカウント数 アカウント数 :5アカウント  【アカウントの追加方法】
 ※購入者以外に最大4アカウントまで追加可能(無料)
閲覧可能PC数 :2台/1アカウント(同一アカウントに限る)
閲覧期間無期限
オフライン閲覧可能
対応OS・デバイスWin・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
注意事項ebookのダウンロードは、S&T会員「マイページ」内で行いますので、S&T会員登録(無料)が必須です。
ISBNコード978-4-86428-230-7
CコードC3058
▼"旬な"技術トレンド・ニーズをスピーディーにキャッチアップする「テク二カルトレンドレポート」▼

■開発が激化するマイクロLED 中心地はコスト競争力のある中国へ
 ~関連企業の動向、アライアンス・サプライチェーンの現状をウォッチ~
 
 韓国  Samsung,LG,Lumens,Seoul Semiconductor
 中国 BOE,TCL,TIANMA,CECパンダ,康佳グループ,Leyard
HC SemiTek,Refond,Visionox,國星光電,JBD,Absen,Ledman,AOTO等
 台湾 AUO,Mikro Messa Technology,PlayNitride,Everlight,Epistar,鴻海,eLux,ITRI
 欧米 Aledia,Allos,Plessey Semiconductors,Glo,Rohinni社等
 
■深まる技術開発と近づく実用化
 ~課題はマストランスファからLEDチップ,マスリペア―,検査、装置開発へ~

 〇各種のマストランスファ,ピック&プレース技術の概要
 〇色変換技術,マスリペア方法の概念,装置の進展,マイクロLEDコストに占めるLEDチップの割合

■TVだけじゃない有望アプリケーション
 ~5G,AUTO,AR/VRなどマイクロLEDの特性を生かした応用分野~

 〇5GサービスのインターフェースとしてマイクロLEDディスプレイにかかる期待
 〇車載用ディスプレイ,自動車ランプへの応用検討例
 〇AR/VR,民生TVとタイリングディスプレイ・サイネージ
  軍事用途,可視光通信等のニッチな用途にも拡がる応用可能性
 
■中国イベントレビュー
 ~「The 3rd China International Micro-LED Display Summit」~

 〇Mikro Mes,、PlayNitride,PANDA,eLux,AUO,Refondなどの発表一部紹介
  各社のマイクロLEDの技術、コスト、応用開発の見解が垣間見えるプレゼンテーション
 〇CES2020での各社の展示情報も

▼調査会社の発表や中国メディアの報道(投資情報、量産タイミング予想)など参考情報も充実!▼