eBook

中国における車載リチウムイオン電池の
リユース・リサイクル動向と市場展望

~中国自動車市況とバッテリー技術トレンド
 NEV用バッテリーのリユース・リサイクル政策・各社動向・今後のニーズ~

〇アプリダウンロード不要のWEBブラウザ閲覧が可能になりました(オンライン環境が必要です)。
〇アプリ内閲覧の場合はオフラインで閲覧いただけます。
〇5アカウント/10端末まで閲覧でき、社内・部署内での情報共有が容易です。
配信開始日 2020年12月21日
フォーマットPDF
(WEBブラウザ上、または専用アプリケーション「bookend」より閲覧頂けます)
※このebookは印刷不可・コピー不可です。
体裁B5 約50頁
著者沖本 真也 沖為工作室合同会社 CEO 
価格(税込)
各種割引特典
16,500円 ( S&T会員価格 15,675円 ) S&T会員登録について
定価:本体15,000円+税1,500円
会員:本体14,250円+税1,425円
早割価格(発刊日まで):14,520円 ( S&T会員価格 13,794円 )
定価:本体13,200円+税1,320円
会員:本体12,540円+税1,254円

アカデミー割引価格 11,550円(10,500円+税)

アカウント数 アカウント数 :5アカウント  【アカウントの追加方法】
 ※購入者以外に最大4アカウントまで追加可能(無料)
閲覧可能端末数 :2台/1アカウント(同一アカウントに限る)
閲覧期間無期限
オフライン閲覧bookendアプリ使用の場合は可能
WEBブラウザ使用の場合はオンラインが必要です。
対応OS・デバイスWin・Macの両OS、スマートフォン・読書端末(iPhone,iPadなど)
注意事項ebookのダウンロードは、S&T会員「マイページ」内で行いますので、S&T会員登録(無料)が必須です。
ISBNコード978-4-86428-238-3
CコードC3058
■本書の特徴■
 情報収集に手間のかかる中国内の調査機関・メディア・関連イベントでの発表など現地情報を元に解説していま
 す。グラフ・データ等、掲載情報の多くはソース元URLを記載していますので、そこからより詳細な情報、周辺
 情報を得られ調査時間の短縮にお役立て頂けます。

 

■内容一部紹介■
 ▼引き続きEV・電動車普及を推進する中国のバッテリー技術トレンド
  〇「Battery Day」で斬新なアイデアを発表したtesla社、同社のリユース・リサイクルに対する姿勢とは
  〇2021年6月の製品投入予定を発表したSVOLT社のコバルトフリー正極バッテリーの技術戦略概要
  〇非燃焼化に向けた“NP技術”、エネルギー密度の向上を達成した“CTP技術”を擁するCATL社はリサイクル
   でも存在感を高める


 ▼リサイクルに関わる政策の現状と企業動向
  〇2020年の段階でも1000億円を超える車載LiBリサイクル市場。政策での詳細ルールが固まりつつある
   もののまだ法的拘束力は高められず。政府の求める要件を満たさないリサイクルも横行。
  〇2016年以降の政策検討の変遷と現状、また中国が参考とする欧州・日本のリサイクル工程・技術とは
  〇企業の取り組みでは、tesla社、CATL社、格林美(GEM)社、华友社、赣州市豪鵬科技(XTC)社、广东
   芳源环保社、中天鸿锂社などの事例を解説。
  〇トレーサビリティの観点からも注目されるNIO社のBaaS(Battery as a service)。

 ▼電力貯蔵や5G通信基地局用電源でLiBリユースは進むか
  〇電力供給システムを大きく変える可能性を有するエネルギーストレージシステム。バッテリーのリユース
   カスケード利用にはリコンディショニング技術、BMSが重要に。
  〇自動車メーカと連携する電力会社・State Grid社や中天鸿锂社、基地局用電池としての再利用スキーム構築
   を進める中国鉄塔社、リユースバッテリー採用ESSを販売するGMDE社などの事例を解説。