書籍

自動車用48V電源システム
欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性

~48Vシステムで変わる世界市場・技術規格・各社戦略~

著者島根大学 大学院 総合理工学研究科 准教授 博士 (工学)  山本 真義 氏
【著者経歴紹介】 (講師情報は、発刊当時のものを掲載しております)
発刊日 2016年9月28日
体裁B5判並製本  145頁
価格(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員価格 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
送料は当社負担
アカデミー割引価格30,240円
ISBNコード978-4-86428-143-0
CコードC3058
≪国内外の市場・製品動向+要求される技術解説+市場戦略指南を盛り込んだ一冊≫

欧州がおこす新たな技術潮流に、日本の自動車産業はどう立ち向かっていくべきか
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、本当に貢献するのか

48Vシステムではどのくらいの燃費改善効果があるかを具体的に検証しながら
日本企業は市場参入するべきか、また、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊

 
★9/13に 発刊記念セミナー(おおむね本書と同様の内容)を開催いたしました★
「規制と電動化の関係がわかりやすかった」 「国内外の市場背景がよく調べられていた」 他、
大変ご好評をいただきました!多数のお申込み、誠にありがとうございました。