書籍

リチウムイオン二次電池の長期信頼性と性能の確保

― 劣化メカニズム・劣化解析・寿命予測・安全性向上のために ―

監修エンネット(株) 小山 昇
発刊日 2016年10月27日
体裁B5判上製本  445頁
価格(税込)
各種割引特典
64,800円 ( S&T会員価格 61,560円 ) S&T会員登録について
定価:本体60,000円+税4,800円
会員:本体57,000円+税4,560円
 (送料は当社負担)
アカデミー割引価格 45,360円
ISBNコード978-4-86428-145-4
CコードC3058
◆ リチウムイオン二次電池の 「劣化解析」 「安全性評価」 を徹底解説した1冊 ◆
~リチウムイオン二次電池の性能を最大限に引き出し、且つ安全に使うための製造・各種評価・法規制・制御例を解説~

 *劣化・安全性確保のための基礎理解*
 └ 市場に出回る汎用電池の構成材料とその特性からみる長所・短所
   [正極:コバルト酸リチウム系 / 三元系 / ニッケル系 / マンガン酸系 / リン酸系リチウム系] 
   [負極:ソフトカーボン / ハードカーボン / チタン酸リチウム塩]


 └ 代表的な車載用・定置型電池の充放電特性を解説
   [車載用18650型 / 定置型26650型電池 / 角型20Ah級LIB / 車載用ラミネート形状セル] 

 └ 現在開発中の新たな構成材料による高容量化の可能性とその将来性
 
  [オリビン型リン酸金属リチウム(LiMPO4) / 三元系材料 / 五酸化バナジウム(V2O5)  他] 
 
 「劣化解析」 
 └ 電池内部では、何が起こっている?内部状態推定のための電池構成材料の劣化解析
 └ 劣化した電池はどんな挙動を示す?電池の寿命予測の信頼性を高めるための
   物理化学的視点、統計的データの活用による各種モデル・状態推定手法
    [ Newmanモデル / 交流インピーダンス法 / 充放電曲線の微分特性 / 1/2乗則(ルート則) / カルマンフィルタ ]

「安全性評価」
 └ 電池の異常発熱・発火のメカニズムとは?市場トラブル、リコール問題を例にその原因を読み解く
 └ 安全なセル設計のための安全性試験の目的と方法、安全性に関する規格を速習
 └ 電池の設計・製造工程で起こり得る、事故原因に繋がる注意どころを解説
 └ 輸出・貯蔵時に気にすべき法規制は?各専門家よりその概要を詳細