セミナー 印刷

<本音で語る断熱材:基礎知識・性能評価>
ナノ断熱材とナノ多孔質材料
~これからの熱マネジメントに欠かせない材料の基礎~

■グラスウール、発泡ポリマー、真空断熱材■ ■真空を使わずに断熱性能が出るのはなぜか?■
■シリカエアロゲル系断熱材、微細発泡ポリマー■ ■開発動向と熱マネジメントへの応用■

受講可能な形式:【Live配信】のみ
 

★ 真空を用いないナノサイズの多孔質構造に基づく断熱材について徹底解説!
日時 【Live配信】 2024年6月28日(金)  13:00~16:30
会場 【Live配信】 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-mail案内登録価格 35,640円 )

 定価:本体34,000円+税3,400円
 E-mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円
1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可・編集不可)
 ※開催2日前を目安に、弊社HPのマイページよりダウンロード可となります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 依田 智 氏
<経歴・研究内容・専門・活動など>
・現職にて長年断熱材の開発に従事し、企業との共同研究でシリカエアロゲル系断熱材を上市
・JIS1412Aの改訂や国交省/経産省の住宅断熱の補助事業など、断熱材に関する各種委員を歴任。
・技術士(化学、統合技術監理)資格を持ち、多数の企業との共同研究、コンサルティングを実施。

セミナー趣旨

 断熱材はこれまで住宅建材が主な用途でしたが、近年は自動車、電子機器、各種製造装置、デバイスなど、小さなスケールで、断熱、放熱などを制御する熱マネジメントのニーズが高まっています。このような用途では、高性能で、柔軟性や清浄性に優れた新規断熱材が求められています。
 本セミナーでは最近製品が増えてきたエアロゲル系断熱材など、真空を用いない、ナノサイズの多孔質構造に基づく断熱材について、その基本や特徴、作成法、性能評価(良否の見分け方)などについてわかりやすく解説します。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
 ・断熱材に関する基礎知識全般
 ・エアロゲル系など、ナノ断熱材の特徴と、既存断熱材との断熱材との比較、違い
 ・ナノ断熱材を含む高性能断熱材の性能評価(性能の怪しいものの見分け方)
 ・ナノ断熱材を含む高性能断熱材の開発動向
 ・各分野における熱マネジメントの状況

<プログラム>
1.断熱材の基礎知識

2.汎用断熱材の種類とその特徴

 2.1 グラスウールなど
 2.2 発泡ポリマー
 2.3 真空断熱材

3.ナノ断熱材の原理
 3.1 真空を使わずに断熱性能が出るのはなぜか

4.ナノ断熱材の特徴と製造法
 4.1 シリカエアロゲル系断熱材
 4.2 他のエアロゲル系断熱材
 4.3 微細発泡ポリマー

5.断熱材の性能評価

6.開発動向と熱マネジメントへの応用

  □質疑応答□