書籍

非無菌医薬品の製造、品質管理/微生物管理の必要レベルと
環境モニタリング測定・基準値設定

~3極局方をふまえた微生物限度試験法(剤型ごとの実施事例)と微生物迅速試験法の実施~

発刊日 2019年5月29日
体裁B5判並製本  204頁
価格(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員価格 47,025円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,275円

(送料は当社負担)


アカデミー割引価格:34,650円(31,500円+税)
ISBNコード978-4-86428-194-2
CコードC3047
非無菌医薬品の製造・品質管理に対する明確な規制は少ない、、、
どの程度対応する必要があるのか?そのグレーゾーンに迫る!!

✔モニタリングの頻度,逸脱処理の事例
✔非無菌医薬品の製造における汚染管理をリスクベースのアプローチ
  ~USP<1115>6)と非無菌製造区域の環境モニタリングの管理(頻度,許容基準)
✔逸脱の取り扱い
  ~ECA Pharmaceutical Microbiology Working Group のガイダンス
✔製薬用水の微生物モニタリング ~製薬用水の微生物の規格・試験方法
✔非無菌医薬品の微生物管理の必要レベルと微生物限度試験法の分析法バリデーション・実施上の留意点
✔非無菌製品(製剤、医薬品原料)の微生物限度試験の運用例と実施事例
  ~剤形ごと(紛体・液体・軟膏剤・錠剤・カプセル剤・エアゾール剤・経皮吸収パッチ)の注意点
✔製造環境における微生物迅速試験法の実施方法と適用事例(空中浮遊菌)(製薬用水)
✔非無菌製剤の製造区域における異物・昆虫管理プログラム開発・再構築方法と教育訓練事例