特集
【特集】市場・顧客志向の『価値づくり』研究開発マネジメントセミナー
≪Pick UP≫
 
~時代は「ものづくり」から「価値づくり」へ~

自社の「ものづくり」の発想から、市場・顧客が大きな価値を享受できる製品の実現
「価値づくり」への発想への転換が、今日本の製造業に求められています。
技術力が各企業間で均衡し、コスト競争では海外との勝負にさらされるなか、機能的に他社よりも優位性を持った商品を
出し続けることは至難の技に近い状況です。
弊社では、各企業の技術・研究開発力を製品の質の向上ではなく、市場・顧客が対価を払えるような
価値をつくるためにマネジメントしていくために、主に下記の4つの視点でセミナーを展開してまいります。


また、一人でも多くの御社の方が「価値づくり」のためのマネジメント・戦略の重要性・指針を共有し、継続的に複数視点からの知識を積み重ね、着実な成果を上げていくためにご利用頂ける 「価値づくりセミナー専用クーポン」 の発行や、
講師によっては別途「
アフターフォローサービス」もございますので、どうぞこの機会にご利用ください。
※価値づくりセミナー専用クーポンやアフターフォローサービスについては本ページ下段をご参照ください。 
 
    
 
【講師の声】 日本の製造業の失われた20年の原因は、誤解を恐れずに言えば、偏狭なモノづくりにあります。偏狭なモノづくりとは、日本企業のQCDの内のQualityにおける強みを金科玉条の如く取扱つかってきたことを意味します。顧客はモノやそれこそQualityにお金を払う訳ではありません。顧客は享受する価値に対してお金を払うのです。したがって、企業の全ての活動は、いかに大きな顧客価値を生み出すかを中心に展開すべきであり、その中でも大きな顧客価値の創出において、研究開発部門の役割と責任には、極めて大きなものがあります。
「価値づくり」を目指した研究開発を実行するには、組織内で様々な改革を行わなければなりません。今回、サイエンス&テクノロジー社は、「価値づくり」を目的としたセミナー群を企画しています。是非ご参加を検討いただければと思います。 
(ベクター・コンサルティング 浪江一公 氏)

↓↓ 随時更新中!現在参加受付中セミナーの紹介はこちら ↓↓
1月 マクロ環境分析
日程: 2018年1月15日(月)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏
 


研究開発テーマ創出に結び付く
マクロ環境分析の実行とそのプロセス

★将来を想定する思考拡大法の
習得と新事業・新製品への結び付け方★

[プログラム抜粋]1.マクロ環境分析とは
2.なぜ今マクロ環境分析なのか?
3.マクロ環境分析のその他の5つの効果
4.日本企業のマクロ環境分析の問題点とその対処法
5.顧客価値拡大モデル(VACES)
6.思考拡大の枠組み(PEST)
7.発想法(MECE)
8.隣接可能性に基づく専門家意見の聴取 (AP)
9.マクロ環境分析の全体プロセス
10.ステップ1:視野の拡大と初期発想
11.ステップ2:ピラミッドの叩き台の作成
12.ステップ3:情報の収集とピラミッドの進化
13.ステップ4:第三者・専門家意見の聴取
14.ステップ5:ピラミッドの完成
15.ステップ6:新事業、ビジネスモデル、コア技術発想等
16.演習
 
1月 ベンチマーキング
日程: 2018年1月18日(木)

時間: 10:30~16:30

開催地: 愛知・名古屋


講師:  (株)ニューチャーネットワークス
   取締役 シニアコンサルタント
   福島 彰一郎 氏



【名古屋開催】
これからはじめる競合他社ベンチマーキング手法と
成功に導く市場分析・情報収集のすすめ方

★「技術」で勝って「事業」でも勝つために
 どのように情報収集し、戦略を発想するか ★

[プログラム抜粋]
1.これからの製造業に必要な思考とは
~「技術」で勝って「事業」でも勝つ~
2.事業で勝つための戦略企画とは
3.戦略企画のための市場環境分析
4.競合他社ベンチマーキング分析とは
5.市場調査ポイント:2次情報
6.市場ポイント:1次情報
 
1月 マーケティング【基本理論編】
日程: 2018年1月23日(火)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏


 
研究開発部門が担うべき
マーケティングの機能・役割と
実現・実行するための知識と活動
【基本理論編】

★研究開発・技術部門しか創出できない
『顧客』価値を実現するためのはじめの一歩★

[プログラム抜粋]
1.はじめに 
2.研究開発部門が置かれている環境
3.研究開発部門のあるべき姿
4.研究開発部門の課題とマーケティングの関係
5.研究者・技術者が押さえておくべきマーケティングの重要概念
6.良いテーマの創出力強化のために
7.事業推進力の強化のために
8.最後に
 
1月 【特別企画】 第3回イノベーション

日程: 2018年1月25日(木)

時間: 10:00~17:15

開催地: 愛知・名古屋




第3回は待望の名古屋開催★



イノベーションを阻む見えない壁を崩す力
━ 常識に囚われない心理と思考力 ━ 


実際に産業界でイノベーションを起こしてきた
3名のイノベーターを演者に迎えた特別講演会。
厄介な常識の壁を崩そう!

Session1
ゼオンナノテクノロジー(株) 代表取締役社長
兼 日本ゼオン(株) 特別経営技監
荒川 公平 氏


BtoB分野・生産技術の分野でイノベーションを起こしてきた演者が新たに挑むのは
実際の大企業を舞台にした、イノベーターの
育成・イノベーション創出という正に常識を超えた実験だった

Session2  
大同特殊鋼(株) 顧問
佐川 眞人 氏

イノベーションの発端となった研究・開発テーマは最初から評価されていたのだろうか。
世界を変えた材料開発者が訴える研究テーマの評価のしかたとは?
社会のニーズと材料開発を結びつける研究テーマの探しかたとは?

Session3
(株)コーセー 常勤監査役 荒金 久美 氏

アイディアが成就するまでには、時に技術の壁よりさらに高い壁が立ちはだかる。
そんな時、研究開発者が持つべきリーダーシップとは何なのか。
いち研究者から経営層にまで通ずる「共感をもたらすリーダーシップ」とは?

 

1月 情報収集
日程: 2018年1月29日(月)

時間: 10:30~16:30


開催地: 東京・港区

講師:  (株)日本能率協会総合研究所
   MDB事業部コンサルティングサービス部
   部長 菊池 健司 氏


研究開発・技術部門が行う
情報収集とそのセオリー、ノウハウ

★市場を見る場合にどういう視点の置き方をすべきか、
そもそも何から調べたらよいのか… 正直戸惑ってませんか ★

[プログラム抜粋]1.今最も注目されているビジネステーマとは
2.意外に知られていない情報収集手法
3.注目ビジネスを自社の将来・事業に結びつけていくための考え方
4.情報収集ケーススタディ
5.10年先を見据える視点の育て方
6.研究開発担当者必見!ビジネスに直結する必須情報源リストのご紹介
 
2月 テーマ創出
日程: 2018年2月13日(火)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏
 


革新的テーマ・アイデアを
『継続的』に生み出す
『体系的』『組織的』な仕組みづくり

★競合に先んじて新規テーマを
創出するための様々な方策・活動とその運用★

[プログラム抜粋]
1.なぜ革新的テーマの創出が必要なのか?
2.革新的アイデアを継続的に創出するメカニズム
3.顧客価値の提供機会を見つける視点
4.革新的テーマ創出に向けてのスパークのための3つの原料
5.スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件
6.アイデア創出の演習(グループワーク)

 
2月 エコシステム
日程: 2018年2月15日(木)

時間: 10:30~16:30


開催地: 京都市内

講師:  (株)ニューチャーネットワークス
   取締役 シニアコンサルタント
   福島 彰一郎 氏


【京都開催】
エコシステム×アライアンス×M&A戦略の
発想・策定と自社の強みを活かした
戦略・ビジネスモデルの構想と実行

★圧倒的な競争力を得る
アライアンス・M&Aを複数活用した事業レバレッジ ★

[プログラム抜粋]
1.生産財メーカーの戦略の基本的考え方の確認
2.アライアンス・M&Aとは
3.アライアンス・M&Aを成功させる3つのコンピタンス
4.アライアンスの実践ステップ
5.クロスボーダーM&Aのポイント
6.エコシステム戦略とは
7.エコシステム戦略の策定の流れ
 
2月 ビジネスモデル
日程: 2018年2月19日(月)

時間:  10:00~17:00

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏

 
研究開発部門が主導すべき
高収益ビジネスモデルの構築とその実現

~新事業の成功の要諦~

[プログラム抜粋]
1.なぜ研究開発部門が高収益事業を主導するのか?
2.高収益を生み出すメカニズム
3.顧客価値の拡大
4.競争の回避
5.コストの低減
6.高収益ビジネスモデルのフレームワークと実現法
7.キーエンスの高収益ビジネスモデル
8.最後に
 
2月 市場情報活用
日程: 2018年2月20日(火)

時間: 10:30~16:30


開催地: 東京・太田区

講師:神戸学院大学
   経営学部 教授
   今野 勤 氏
 

新製品開発のための市場情報の収集・解析ノウハウ
~市場情報からヒット商品を予測する方法~

★商品企画・開発・マーケティング担当者から、
 これから学び始める方、専門外の方にも
 ご受講いただる内容です★

[プログラム抜粋]
0.オリエンテーション
1.マーケティングの基礎
2.マーケティング戦略とマーケティング計画の立案
3.市場セグメントとターゲットの明確化
4.製品開発戦略
5.まとめ
 
2月 マーケティング【実践編】
日程: 2018年2月22日(木)

時間: 10:30~16:30

開催地: 東京・品川区


講師:  ベクター・コンサルティング(株)
     代表取締役 
     浪江 一公 氏

 

研究開発部門が担うべき
マーケティング活動の全体像
(マーケティング・サイクル)とその具体的活動
【実践編】

研究開発部門・技術者
だからこその顧客価値の生み出し方~

[プログラム抜粋]
1.はじめに 
2. 研究開発におけるマーケティングの必要性
3.研究開発におけるマーケティング活動の全体像:
研究開発のマーケティング・サイクル
4.市場情報まとめ
5.製品・事業アイデア創出・定義/修正
6.製品・事業アイデア評価資料
7.評価
8.仮想カタログ/提案書/サンプル
9.その他発信情報
10. 情報発信
11. 顧客との面会アポイントメント
12. 顧客との面会と情報入手
13. 面会個票
14. その他情報の収集
15. 最後に:マーケティングサイクルの効果
 
2月 事業設計図
日程: 2018年2月20日(火)

時間: 10:00~17:00

開催地: 東京・品川区


講師: (株)BtoBマーケティング 
    代表取締役 藤井 昌樹 氏


 


企画開発に取り組むために
知っておくべき事業設計図の成り立ち

 虫 / 鳥 / 魚 の目・・・
  事業戦略策定プロセスに必要な数多の目

[プログラム抜粋]
1.混迷の時代を生き抜く、ビジネスの基本認識
2.企画・開発、現場の実態
3.新規企画・事業テーマスクリーニングの事態、
  あるべき考察の核心
4.事業査定/予実管理/事業戦略/中長期計画は
  一貫すべきもの
5.まとめ
 
2月 未来洞察
日程: 2018年2月27日(月)

時間: 13:00~16:30

開催地: 東京・大田区


講師:  一橋大学
     大学院商学研究科 教授
     鷲田 祐一 氏

起き得る将来を洞察し、事業創発、製品開発にいかすために
体験を通じて不確実な未来を予測する手法を身に付ける

[プログラム]
【解説】
1.はじめに
2.様々な未来予測の方法
3.未来洞察の論理構造
4.スキャニング手法 ※1
5.インパクトダイナミクスによるアイデア作成
 
【体験ワークショップ ※ 2時間程度を予定しております】
1.スキャニング手法の体験
2.インパクトダイナミクス体験
3月 社内イノベータ
日程: 2018年3月6日(火)

時間: 10:30~16:30


開催地: 愛知・名古屋

講師:  (株)ニューチャーネットワークス
   取締役 シニアコンサルタント
   福島 彰一郎 氏


【名古屋開催】
新たな事業成果を生み出す
「社内イノベータ」に「なる」「ならせる」
ための技術者としてのマインドセット

★いち技術者から製品・事業化をリードできるイノベータ人材に変わるためには ★

[プログラム抜粋]
1.事業とは、戦略とは
2.技術マーケティングとは
3.技術者としてもつべきマインドセットとは
(演習)社内イノベータになるための成長シナリオの企画
▲このページのTOPに戻る