書籍

二軸押出機
~スクリュ設計・混練・分散・品質予測と応用技術~

○±1~2%の精度で分散品質が予測できるスケールアップ技術
○各種エレメントの性能と選び方・スクリュ設計の考え方
○脱気技術・伸長流動分散・ナノ分散・反応押出等の応用技術と不具合対策まで解説!

三菱ガス化学(株) 林勝茂様より推薦文を頂きました。

「豊富なデータと実例、理論と実験の両面からの解析に基づいて解説されている名著です」

詳細は以下をご覧ご覧ください
発刊日 2016年11月29日
体裁B5判上製本  385頁
価格(税込)
各種割引特典
64,800円 ( S&T会員価格 61,560円 ) S&T会員登録について
定価:本体60,000円+税4,800円
会員:本体57,000円+税4,560円
送料は当社負担
アカデミー割引価格45,360円(税込)
ISBNコード978-4-86428-147-8
CコードC3058
二軸押出機の技術をとことん追求・理解できる!
ユーザ技術者の皆様に贈るバイブルがここに誕生!
 
≪あなたのこんな「知りたい!」への答えがこの一冊に!≫
   ■二軸押出機はどのような装置で、構成する各機構・部品はどのような役割を持っているのか?    
  ■各種ミキシングエレメントはそれぞれどのような特徴、混練・分散性能を持っているのか?
  ■スクリュの設計はどのように検討したら良いのか?各目的ゾーンの役割とは?
  ■押出機内の材料はどのような挙動を示すのか?その解析のための理論・手法とは?
  ■材料にどのような作用を施すことが、良い分散に繋がるのか?
  ■従来のスケールアップ理論は使えない?!高い精度で分散品質を予測する方法とは?
  ■二軸押出機の応用・活用領域を広げる
   ナノコンポジット、ポリマーナノアロイ・伸長流動分散・反応押出・脱気技術等の先端応用技術とは?

  ■サージング・ベントアップ・フィードネック・樹脂劣化…各種の不具合にはどう対策したらよいのか?