書籍

プリンテッドエレクトロニクス用
導電性(ナノ)インクの設計・開発とプロセス最適化

プリンテッドエレクトロニクス、および周辺技術に関連する方必読の1冊
キーマテリアルである導電ナノインク材料にフォーカスした初の書籍

発刊日 2014年7月31日
体裁B5判並製本  240頁
価格(税込)
各種割引特典
54,000円 ( S&T会員価格 51,300円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税4,000円
会員:本体47,500円+税3,800円

 (送料は当社負担)


アカデミー割引価格37,800円

ISBNコード978-4-86428-106-5
Cコード3058

< 本 書 の ポ イ ン ト>
【最新動向の把握】   金属系ナノ粒子、ナノカーボン(グラフェン・CNT)、有機高分子 酸化物インク、、、
 PEの技術展開成功のキーマテリアルの最新動向を把握!


【技術課題への対策 さまざまな領域での課題克服にむけた技術・ノウハウを紹介
 ナノ粒子の実用的な大量かつ安価な合成技術 / 低温・室温焼成、酸化抑制、マイグレーション、
 基材との密着性、低耐熱性基材での焼成  / 基材フィルムや印刷技術とのすり合わせ
 配線形成材料、透明導電材料の特性確保のプロセス条件最適化、評価方法の構築


【事業戦略・参入】 デファクト技術ができていない今が大きなチャンス
 今からでも間に合う 参入するために必要な技術情報を紹介


<下記の技術・ノウハウ・ヒントについて解説:一部抜粋>

○ナノ粒子の実用的かつ大量合成技術  ○100℃以下で低温融着する銀ナノ微粒子の合成

○ナノ粒子配線の低温化、保護、分散剤の除去  ○導電性の経時劣化対策と信頼性確保のための封止

○金属ナノワイヤ分散インクの調製・分散 ○デバイス性能を犠牲にしない低温プロセスの構築

○常温形成可能な焼成フリー金属ナノインクの合成 ○低耐熱基材に対応するパルス光・マイクロ波焼成

○互いの欠点を補う銅-銀ハイブリッドインク   ○基材との密着性を損なわない焼成、パターニング

○大気下で短時間で光焼結(フォトシンタリング)可能な導電性銅ナノインク