書籍

2014年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第3巻

- ジェネリック薬39社の全貌 -

発刊日 2014年6月16日
体裁A4  503頁
価格(税込)
各種割引特典
118,800円 ( S&T会員価格 118,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体110,000円+税8,800円
会員:本体110,000円+税8,800円
送料は当社負担 【アカデミー割引、クーリングオフ対象外】   ※本書は他社発行のため、書店様経由で当社への注文はできません。
発行(株)シード・プランニング

ジェネリック薬売上高(38社)合計は6,478億円、5年で2倍になりました。日医工、沢井製薬などGE薬企業24社とMeijiSeikaファルマ、日本化薬など新薬系企業15社の39社を独自の切り口で調査しました。3年ぶりの改訂となります。

GE薬業界はM&Aとグループ再編が急激に進みました。日医工はグループ企業を再編、サノフィと提携。ファイザーはマイラン製薬と提携。インドLupinはアイロム製薬を買収。イスラエルTEVAは興和と提携解消し大洋薬品工業を買収してテバ製薬に。第一三共は第一三共エスファを設立しましたが、インドRanbaxyは売却。インドZydusは日本市場から撤退etc.