「熱伝導組成物設計の全てを学ぶ技術者に、最適な一冊です!」
富士高分子工業(株) 取締役 藤本 満弘 様 より

 「たかが伝熱! されど伝熱!」と言われるほど、熱伝導性組成物の配合設計においては、見えない技術障壁が数多く存在しています。提唱されている熱伝導に関する理論を、現実の組成物に当てはめてみると、目の前で起きている挙動を説明できないことがほとんどであり、それら理論の脆弱さを痛感することは珍しいことではありません。

 このような配合設計者の悩みをそのまま受け止め、現在の疑問の解決ばかりでなく、今後に出会うであろう技術的な障壁までもが先回りして解説されている本書は、熱伝導組成物技術者にとってバイブルのような存在であるといえるでしょう。

 本書の特筆すべき点を挙げるとしたら、語られている事柄の全ては、著者が実際に経験されているという点であると思います。それゆえ、書かれている内容が、実際に熱伝導組成物の開発製造経験がなければ絶対に気付かない細かな事柄まで、丁寧に説明されています。このような内容の書籍は今までに類がなく、正に説得力が光ります。

 本書は熱伝導組成物設計の初心者の入門書として優れているのはもちろんですが、熟練の技術者にとっても、目の前に立ちはだかる難解な技術課題を解決させるヒントが、あらゆる頁に示されており、原点回帰のための良書であることは論を待ちません。
 「論より、実証!」です。全ての熱伝導技術者は是非一読され、新たな技術力を養成する考え方とアイデアを本書の中から探し、自分の下に手繰り寄せて下さい。


<藤本様のご経歴>
 富士高分子工業入社後、製品の研究開発に携わり、主に異方導電性シリコーン組成物とその応用製品、熱伝導性シリコーン組成物とその応用製品の開発と販促に従事。
 その後同社海外販促・戦略部門に移った後、同EU会社の社長を経て現在に至る。

<富士高分子工業(株)の主な特徴>
 ローカル性を重要視し、その市場でのニッチ用途開拓をスピーディーに行う。
 「他者に最善を尽くす」を信条に、コア技術の「材料配合」「複合化」「精密化」を用いて顧客への提案活動をグローバルに展開する。


 
書籍「目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南~組成物設計講演録シリーズ 【熱伝導性設計】~」
⇒ http://www.science-t.com/st/cont/id/20611