講師紹介

氏名
室井 髙城 氏
会社・団体
アイシーラボ
役職
代表
略歴
1968年
 福島工業高等専門学校 工業化学科 卒業
 住友金属鉱山株式会社 入社
 住友金属鉱山中央研究所配属
1969年
 日本エンゲルハルド株式会社(現エヌ・イーケムキャット(株))
 市川研究所 出向
1970年
 日本エンゲルハルド株式会社 本社営業第一部
 化学触媒の販売、自動車触媒の販売に従事
1972年
 日本エンゲルハルド株式会社 大阪支店
 カスタム触媒の開発に従事
 公害防止VOC除去触媒の開発
1982年
 日本エンゲルハルド株式会社 本社営業第一部
 カスタム触媒の開発
 Engelhard社のProcessの ライセンシング
 カスタム触媒開発グループリーダー
1998年
 エヌ・イーケムキャット株式会社(旧日本エンゲルハルド株式会社)
 化学触媒事業部 事業部長 
2000年
 理事・化学触媒事業部 事業部長
2002年
 事業開発部 燃料電池触媒&新規事業担当部長
 Engelhard社(現BASF Catalysts) ポリオレフィン触媒担当
2003年
 執行役員 化学触媒事業部
2005年
 触媒学会功績賞
2006年
 触媒学会副会長
 早稲田大学客員研究員
2007年
 エヌ・イーケムキャット株式会社 常勤顧問
 神奈川大学非常勤講師  
2008年
 エヌ・イーケムキャット株式会社退社
 アイシーラボ (工業触媒コンサルタント) 設立
 BASFジャパン主席顧問
2009年
 日本ガス合成執行役員
2012年
 フロンティアラボ顧問
2014年
 NEDO 戦略センター フェロー
その他 活動
神奈川大学 非常勤講師
主な著作
2003年「工業貴金属触媒」JITE社
2008年「工業触媒の劣化対策と再生、活用ノウハウ」S&T社
2010年「エネルギー触媒技術」監修 S&T社
2013年「新しいプロピレン製造プロセス」監修 S&T出版
2013年「工業触媒の最新動向」CMC出版
2013年「シェールガス・オイル革命の石油化学への影響」S&T出版
2014年「シェールガス革命 “第二の衝撃”」日刊工業新聞社
専門
工業触媒の開発がライフワーク