トピックス
「車載用ディスプレイ・操作インターフェース」予約販売開始

 
発刊:2017年9月28日
体裁:B5判並製本  約200頁
価格(税込):54,000円 ( S&T会員価格 51,300円 )

⇒早割価格(発刊日まで):47,520 ( S&T会員価格 45,144 )
 

運転支援システム・自動運転機能の発達で増える自動車→ドライバーへの情報伝達に対して
表示機器・操作システムはどのようにあるべきか?
各要素技術の開発事例・課題・今後の検討項目を27名の執筆陣が解説致します!


■著者 (順不同)―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
  今泉 智和 パナソニック(株) 坂本 浩隆 三菱電機(株)
  桜井 幸広 (株)テクノ・システム・リサーチ 中原 彰太 三菱電機(株)
  岡林 繁 名城大学 服部 寿 分析工房(株)
  新澤 滋 MicroVision,Inc. 羽田 成宏 (株)デンソー
  木下 順一 大阪大学 小宮 宏文 パナソニック(株)
  高木 康博 東京農工大学 志村 昌則 (株)東洋レーベル
  掛谷 英紀 筑波大学 迫 康浩 バンドー化学(株)
  桜井 宏巳 (株)IBLC 奥野 雄三 バンドー化学(株)
  大石 正樹 シチズンファインデバイス(株) 中根 聡一郎 バンドー化学(株)
  蒲原 正広 GEE(株) 佐伯 和幸 (株)SCREEN ラミナテック
  鵜飼 育弘 Ukai Display Device Institute 蜂巣 健一 トビーテクノロジー(株)
  奥村 貴典 三菱電機(株) 宮崎 大介 大阪市立大学
  岡垣 覚 三菱電機(株) 星 貴之 東京大学
  近藤 潤 三菱電機(株)  

















■目次(抜粋):――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第1章 車載ディスプレイ・操作インターフェースの動向
 第1節 次世代のクルマに求められるHMI―情報提示の最適化と実現機能―
 第2節 車載用ディスプレイ・操作インターフェースの市場・技術動向

第2章 ヘッドアップディスプレイ(HUD)の開発動向と要素技術
 第1節 HUDの情報表示機器としての特長とAR表示の重要性
 第2節 レーザー走査型HUD技術
 第3節 レーザースペックルノイズの低減技術
 第4節 超多眼立体ディスプレイ技術を用いた3D AR HUDの開発
 第5節 高解像度裸眼立体ディスプレイのHUD応用
 第6節 ホログラムを用いたHUD技術
 第7節 強誘電マイクロ液晶表示素子と車載ディスプレイへの応用可能性
 第8節 光学解析・視覚レンダリングとHUDの課題解決

第3章 インストルメント・クラスタ/CID用ディスプレイの開発動向と要素技術
 第1節 インストルメント・クラスタ/CID用ディスプレイの要求仕様と開発動向
 第2節 曲面対応マルチボンディングディスプレイ
 第3節 曲面対応リアプロジェクションディスプレイ
 第4節 有機ELディスプレイの市場・技術動向と車載用パネル適用への動き

第4章 光学迷彩ディスプレイを用いた車載視覚支援システムの開発と評価

第5章 車載用タッチパネルディスプレイの開発動向と要素技術
 第1節 車載用タッチパネルの要求仕様・特性と開発動向
 第2節 静電容量式タッチパネルの曲面形状対応・内装成形品とのモジュール化技術
 第3節 貼合材料技術:光学粘着フィルム
 第4節 車載向けの平面・曲面貼り合わせ技術~光学粘着材と貼り合わせプロセスの最新技術動向~

第6章 新しい操作インターフェース構築に向けた要素技術
 第1節 アイトラッキング技術を活用した視線入力インターフェース
 第2節 3次元空中表示と操作技術
 第3節 車載分野における空中超音波触覚インタフェース

※目次は一部変更となる場合がございます。予めご了承ください。


詳細はこちらをご覧ください
▲このページのTOPに戻る