セミナー番号:B170740(キチンナノファイバー)
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

キチンナノファイバーの特性・機能、製造技術、製品開発

~セルロースとはひと味違う「キチン」の産業応用~

注目の新素材「キチンナノファイバー」。
その特性・機能、製造方法、実用化の例などを網羅的に解説するセミナーです。
研究が先行するセルロースナノファイバーとの、「違い」や「優位性」とは?

このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2017年7月20日(木)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
受講料(税込)
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について

定価:本体45,000円+税3,600円

会員:本体42,750円+税3,420円

【キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識キチンナノファイバーの製造方法とその物性、生理機能、そしてその様な特徴を活用した実用化の実例に至るまで網羅的に紹介します。
対象セルロースナノファイバー、機能性新素材に興味のある方、食品、健康食品、医薬品、化粧品、ペット、繊維、化学・高分子産業に関連した業界の方。
予備知識は不要です。
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、林先生が驚く初耳学(毎日放送)、にっぽん真発見(BSジャパン) 、ビートたけしのにっぽんのミカタ(テレビ東京)、日経産業新聞(トップ記事)、週刊東洋経済、日経トレンディなど、メディアで多数紹介されています(合計63件)
このセミナーの再リクエストはこちらから

講師

鳥取大学 工学研究科 化学・生物応用工学専攻 准教授 博士(農学) ​伊福 伸介 氏
【講師詳細】

趣旨

 鳥取はカニが特産で全国の半分は県内で水揚げされる。食品残渣として大量に発生するカニ殻を活用して、その主成分であるキチンをナノファイバー(NF)として製造することに成功した。キチンNFは幅が10ナノの極細繊維であり、均一なジェル状の水分散液として得られ、従来のキチンより加工し易い。キチンNFは、①高強度、高弾性、低熱膨張、高粘度、チキソトロピー性等の特徴的な物性を備えており、「素材を強化する補強材」や「食品の物性改良剤」として利用できる。また、多様な生理機能を備えており、②服用に伴うダイエット、腸管の炎症緩和、成人病予防、腸内細菌叢の改善効果のある「機能性食品」として、或いは、③肌への塗布に伴う創傷治癒の促進、皮膚炎の緩和、アンチエージング、保湿効果を活かし、「機能性化粧品」として、更に、④植物に対する「成長促進剤」、動物の免疫の活性化など「動物医薬品」等、農業や動物分野での利用も考えている。現在、大学や民間企業と連携し、キチンNFの改良、生理機能の探索、特徴を活かした機能性製品を開発している。
 本セミナーではキチンナノファイバーの製造とその機能、そして特徴を活かした製品開発について網羅的に紹介する。

プログラム

1.キチンナノファイバーについて
 1.1 キチンとは
 1.2 木材由来のセルロースナノファイバー
 1.3 カニ殻由来のキチンナノファイバー
 1.4 効率的なキチンナノファイバーの製造方法
 1.5 スーパーエンプラのナノファイバー化
 1.6 キチンとセルロースナノファイバーの比較

2.キチンナノファイバーの化学修飾による改質と機能化
 2.1 キチンナノクリスタル
 2.2 表面キトサン化キチンナノファイバー
 2.3 キトサンナノファイバー
 2.4 アセチル化キチンナノファイバー
 2.5 表面グラフト化キチンナノファイバー
 2.6 イミド化による表面改質
 2.7 両イオン性キチンナノファイバー
 2.8 N-塩素化ナノファイバー

3.機能性材料としてのキチンナノファイバー
 3.1 キチンナノファイバーゲルの製造
 3.2 銀ナノ粒子の基材としてのナノファイバー
 3.3 キチンナノファイバーを複合した透明なフィルム
  3.3.1 プラスチックとの複合
  3.3.2 シルセスキオキサンとの複合
  3.3.3 キトサンとの複合
  3.3.4 グリセロールによる物性制御
 3.4 タンパク質と複合したキチンナノファイバー
 3.5 ハイブリッドキチンナノファイバー糸の触媒活性
 3.6 乳化重合によるキチンナノファイバー/ポリスチレンの複合化

4.キチンナノファイバーの生体機能
 4.1 キチンの生体機能
 4.2 キチンナノファイバーの肌に対する効果
  4.2.1 肌の美容の促進
  4.2.2 創傷の治癒
  4.2.3 アトピー性皮膚炎の緩和
 4.3 服用に伴うキチンナノファイバーの効果
  4.3.1 腸管の炎症の緩和
  4.3.2 ダイエット効果
  4.3.3 腸内環境の改善
  4.3.4 小麦製品の生地の強化
 4.4 植物に対するキチンナノファイバーの効果
  4.4.1 植物病原菌の抗菌
  4.4.2 免疫機能の活性化
  4.4.3 成長促進効果

5.おわりに

 □ 質疑応答・名刺交換□
 

関連する書籍・セミナー・通信講座・カテゴリー・特集

このセミナーの再リクエストはこちらから
▲このページのTOPに戻る