特集
【特集】自動車関連技術・材料
サイエンス&テクノロジーが贈る自動車関連技術・材料セミナー・書籍の特集です!
内燃機関の高効率化、蓄電池などの駆動電源の開発、車体軽量化に向けた樹脂・複合材料の適用など、多岐に渡る技術が結集される自動車産業! 本特集ページでは日本の基幹産業である自動車関連技術に関するセミナー・書籍をご案内しております。 情報収集・技術開発の指針・最新動向の把握にぜひご活用下さい!
車載カメラ・LiDARによる車両・人物・物体認識技術
【セミナー】
 先ずは、技術の理解が比較的容易な、カメラから得られる画像による物体認識技術について、体系的に講義します。また、それらの技術について、車載化に向けた計算量の削減、ハードウェア指向アルゴリズムについても確認します。その後、画像認識技術と対比しながら、LiDARから得られる三次元点群情報による物体認識についても整理します。最後に、センサフュージョンについて紹介し、車載センサおよび認識技術の今後の動向についても議論します。
自動車センサフュージョンの最新動向と自動運転
【セミナー】
 本講座ではセンサフュージョン技術の1つとしてカルマンフィルタを取り上げ、移動物体の状態を推定しながら追跡を行う技術について解説します。また、金沢大学が国内の大学で初の試みとして実施中の自動運転自動車の市街地における公道走行試験の現状課題についても紹介します。
自動車におけるレーザ加工技術の現状と展望
【セミナー】
 自動車産業は、環境との調和への取組みが最も顕著に現れている産業領域の一つであり、燃費向上、排出ガス、材料リサイクル性等環境負荷低減の実現に向けて、車体及び部品の高性能・高機能化、軽量化への取組の一つとして、レーザ加工技術の応用検討が積極的に行われてきた。これまでのレーザ加工技術応用の取組を振り返りつつ、今後の応用展開を展望する。
次世代自動車の空調システム・熱マネジメント
【セミナー】
 地球環境保護や資源枯渇のため,自動車の燃費改善がさらに要求されている。自動車用ガソリンエンジンの熱効率は せいぜい40%で,大半が熱などとして捨てられている(冷却損失と排気損失)。エンジン単体の改良が限界を迎えつつある 状況では,これらの損失を回収したり,損失そのものを低減する技術が求められている。 本セミナーでは,自動車の駆動源変遷を説明するとともに,今後,ますます重要になる熱マネジメントについても解説する。
電子デバイスの 最新 "熱対策" 材料・技術動向
【セミナー】
1部では封止材料・パッケージング 
2部では高放熱基板 
3部では熱界面材料
4部ではヒートパイプ・ヒートシンク
について扱います。
電気自動車での冷却技術動向など自動車用部品の熱対策も学習できます。
48Vシステム 欧州勢の思惑と日本の技術開発の方向性
【書籍】
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、どのくらい貢献するのか?
具体的な燃費改善効果を検証し、日本企業は市場参入するべきか、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊
 
自動車排熱回生技術 デバイス開発・システム化技術
【書籍】
●自動車メーカが考える「開発を推進すべき技術」とは?●実用化の兆しが見えてきたランキンサイクルシステムの設計コンセプト●欧州も含めた熱電デバイス開発動向と車載用システム設計の要点●ケミカルヒートポンプシステムによる排熱利用の設計コンセプト●排気熱回収器、燃料改質システム、蒸気液体ピストンエンジンの開発事例と燃費改善効果を解説。
リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
 【書籍】
LiBの高性能化に向けた新たな正極・負極活物質開発のヒントがこの一冊に!5V級Mnスピネル、リン酸バナジウム、層状酸化物、硫黄正極、シリコン・スズ系合金酸化チタン負極など次世代材料の検討例を豊富に掲載。素材選定・合成プロセス・組成調整例や、得られた特性データなどを研究者自身が解説しています。
五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
【書籍】
「触る、見る、匂う、聞く、感じる」人間を科学した喜ばれる自動車づくりの必読書!
居住空間としての自動車室内。市場に求められるのは消費者の感覚を刺激する【快適性】。
日本人が世界で一番こだわる内装・室内空間への快適化技術を網羅!
▲このページのTOPに戻る