特集
【特集】自動車関連技術・材料
サイエンス&テクノロジーが贈る自動車関連技術・材料セミナー・書籍の特集です!
内燃機関の高効率化、蓄電池などの駆動電源の開発、車体軽量化に向けた樹脂・複合材料の適用など、多岐に渡る技術が結集される自動車産業! 本特集ページでは日本の基幹産業である自動車関連技術に関するセミナー・書籍をご案内しております。 情報収集・技術開発の指針・最新動向の把握にぜひご活用下さい!
[名古屋]自動車の構造用・異種材料接着
【セミナー】
クルマ、車両の軽量化に向けて、従来の金属材料の一部が、アルミニウムや複合材料のような軽くて、強靭な材料への採用が進んでいる。 接合の手段も従来の溶接に替わり、異種材料の接合が可能な接着の採用に拍車がかかっている。 このセミナーは、 以下のキーワードを主眼にしている。 1.異種材料の構造接着 2.最新の構造用接着剤 3.接合部の設計 4.接着接合部の評価
[名古屋] 自動車における“遮音・吸音/断熱材料”技術
【セミナー】
自動車の制振・遮音・吸音、断熱性能の基礎理論をわかりやすく紹介する。次に、その事例として、エンジンから発生した音が床下で音響増幅、さらに一重壁・内装材を透過し車室内に侵入し、吸音特性を経て車内音となるメカニズムと対策例をわかりやすく紹介する。さらに、ヒートブリッジ、ウレタンフォーム断熱性能経時劣化等の調査を行い、自動車用断熱材に必要な性能と技術動向を明らかにする。
自動車の自動運転・自律走行の車両運動制御
【セミナー】
 本講演を受講していただくことで、高度運転支援システムの制御系設計に必要な理論の概要全般について理解していただくことが可能です。また、制御理論、自動車の運動力学の基礎知識を通じて、各制御系の働きとメカニズム、設計指針の物理的な意味を理解していただくことで、現場に使える車両制御技術が身に付きます。
自動車分野における高分子材料の”これから”
【セミナー】
 自動車における高分子材料の活用は進んでいくのか?進んでいくとしたらどのような材料なのだろうか?
 自動車高分子材料の"2018年以降"について、自動車メーカーで研究開発を担った経験を持つ専門家、大庭塾塾長の大庭敏之氏(元 日産自動車)、金沢工業大学教授の影山裕史氏(元 トヨタ自動車)の2人が考え、語ります。
自動車ヒューマンインターフェースと運転行動評価
【セミナー】
本セミナーでは、人間中心設計をするためのヒューマンインタフェースの考え方や情報提供マネジメントの考え方を解説し、運転行動の計測・モデル化技術について事例を交えて紹介します。また、加齢による心身機能低下と運転へ及ぼす影響についても概説します。最後に、自動運転中のドライバー状態の評価に関しても触れたいと思います。
車載機器・部品の放熱・耐熱技術と将来動向
【セミナー】
 自動車の電子化に伴い、電子製品の放熱設計が重要になっています。電子製品は、車両燃費向上のために、小型軽量化が求められています。小型軽量化を実現し熱設計において信頼性を考慮した設計はますます難しくなっています。本講座では、信頼性と放熱性のバランスを取った設計の重要性を、具体的事例を交え説明いたします。また、機電一体製品の増加に伴い、熱回路網が複雑化しており、シミュレーションのための対応方法についても触れます。
自動車エンジンの低燃費化・クリーン化と将来展望
【セミナー】
始めに自動車を取り巻く環境、エンジンの基本構造・サイクル理論から理解して頂きます。その上でエンジン改良における技術課題をエネルギーの損失という観点で整理し、ガソリンエンジンでは希薄燃焼/高圧縮比化、ディーゼルエンジンでは低圧縮比化/低スワール化をKey技術として、これまで開発されてきた技術と燃費改善効果、さらには将来の熱効率50%Overに向けたエンジンの最新技術動向、および将来の動力源の棲み分けについて解説します。
自動運転・支援システム・情報提示の最適化/HMI・ドライバモニタリング
【セミナー】
その時々の状況やドライバ―の特性に合わせて、最適なサポートをしてくれる「賢い」自動運転/支援システム・情報提示の仕組みを実現するために!必要なHMI設計の考え方からドライバーモニタリング技術の開発事例まで、4名の講師が解説します。
自動車パワートレーン電動化、省燃費技術と展望
【セミナー】
このセミナーでは、自動車関連会社の方々が今後の事業性や製品展開シナリオを立案時に、大いに参考にして頂けるような、今後の地球環境規制の動向や主要国のEV化の方針や主要カーメーカーの今後の電動化戦略の最新情報や50年を見据えた今後の自動車のパワートレーン分野の動力源別ロードマップや、省燃費技術の今後の動向等について分かりやすく解説します。
車載用ディスプレイ・操作インターフェース
【書籍】
運転支援システム・自動運転技術の進展で増える自動車からドライバーへの情報伝達に対して、表示機器・操作システムはどのようにあるべきか?HUD、インストルメント・クラスタ/CID、タッチパネルなど、各ディスプレイの要素技術開発例・課題・今後の検討項目を27名の執筆陣が解説致します!
ディーゼルエンジン排気触媒材料・システム
【書籍】
ディーゼルエンジン排気規制の動向から、触媒システムの技術的な変遷、
DOC、DPF、NOx還元触媒など、触媒材料・システム開発の要素技術を解説致します。
48Vシステム 欧州勢の思惑と日本の技術開発の方向性
【書籍】
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、どのくらい貢献するのか?
具体的な燃費改善効果を検証し、日本企業は市場参入するべきか、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊
 
自動車排熱回生技術 デバイス開発・システム化技術
【書籍】
●自動車メーカが考える「開発を推進すべき技術」とは?●実用化の兆しが見えてきたランキンサイクルシステムの設計コンセプト●欧州も含めた熱電デバイス開発動向と車載用システム設計の要点●ケミカルヒートポンプシステムによる排熱利用の設計コンセプト●排気熱回収器、燃料改質システム、蒸気液体ピストンエンジンの開発事例と燃費改善効果を解説。
五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
【書籍】
「触る、見る、匂う、聞く、感じる」人間を科学した喜ばれる自動車づくりの必読書!
居住空間としての自動車室内。市場に求められるのは消費者の感覚を刺激する【快適性】。
日本人が世界で一番こだわる内装・室内空間への快適化技術を網羅!
▲このページのTOPに戻る