セミナー 印刷

e-NOSE(人口電子鼻)システムの
キーテクノロジーと最新開発動向

受講可能な形式:【Live配信】のみ

 人間の嗅覚に相当する「匂いセンサ(エレクトロニックノーズ)システム」を開発するためのキーテクノロジー、およびエレクトロニックノーズ(Electronic-Nose :略してe-NOSE)システムの中で最も重要な各種「ケモセンサ」の動作原理および開発現状について、詳細に解説して頂くことにより、関連業界の方々の今後の事業に役立てていただくことを目的とします。
日時 2023年1月23日(月)  9:55~16:00
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
講師 金沢工業大学 高信頼理工学研究センター 教授 工学博士
南戸 秀仁 氏
     *講師略歴*
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 49,500円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体45,000円+税4,500円
※S&T E-Mail案内登録価格 S&T複数同時申込み割引対象外
 申し込み受領後、主催会社(株)ジャパンマーケティングサーベイから請求書を郵送致します。
 またWebセミナーの視聴方法について詳細をご案内いたします。
※お支払い
 請求書に記載されている(株)ジャパンマーケティングサーベイ指定口座に、請求日の1ヶ月以内にお振込みお願い申し上げます。
 ■キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
 開催日の10日以内のキャンセルにつきましては、全額申し受けさせて頂きます。
※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格・キャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)ジャパンマーケティングサーベイ
オンライン配信★Webセミナー(Zoomウェビナーを利用)として開催いたします。
備考※特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。
 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 写真撮影、録音、録画を禁止いたします。
得られる知識・e-NOSEシステムに使われている各種ケモセンサの原理が理解・習得できる。
・e-NOSEシステムのキーテクノロジーについて理解・習得できる。
・e-NOSEシステムの応用分野について理解できるとともに。いくつかの応用の取り組み
 および今後の応用の展開について習得できる。

セミナー趣旨

 本セミナーでは、人間の嗅覚に相当する「匂いセンサ(エレクトロニックノーズ)システム」を開発するためのキーテクノロジーについて紹介するとともに、エレクトロニックノーズ(Electronic-Nose :略してe-NOSE)システムの中で最も重要な各種「ケモセンサ」の動作原理および開発現状について解説する。そのうえで、e-NOSEシステムの応用分野について概観するとともに、応用のターゲットに適合したe-NOSEシステム開発のストラテジーについて、受講者からの要望等を踏まえた形での議論を行いたいと考えています。

セミナー講演内容

1 人間の五感について 
 1.1 物理量を受容する視覚、聴覚および触覚 
 1.2 化学量を受容する味覚および嗅覚 
 1.3 嗅覚のメカニズム 

2 エレクトロニックノーズシステム 
 2.1 エレクトロニックノーズ(人工電子鼻)とは 
 2.2 エレクトロニックノーズシステムの構成 
 2.3 エレクトロニックノーズシステムのキーテクノロジー 
  2.3.1 匂い物質の供給(吸引・濃縮)
  2.3.2 ケモセンサアレイ 
  2.3.3 センサの信号処理
  2.3.4 AIによる信号認識 
 2.4 e-NOSEシステム用ケモセンサ 
  2.4.1 コンダクトメトリックケモセンサ 
  2.4.2 グラビメトリックケモセンサ 
  2.4.3 オプティカルケモセンサ 
  2.4.4 その他のケモセンサ 
 2.5 各種ケモセンサの比較と開発動向 

3 e-NOSEシステムの応用分野 
 3.1 ロボット分野への応用 
 3.2 福祉・医療分野への応用 
 3.3 食品分野への応用 
 3.4 環境分野への応用 
 3.5 その他の分野への応用
 
4 ISOEN (International Symposium on Olfaction and Electronic Nose) における
  ホットテーマおよびトピックスなどの紹介 


5 e-NOSEシステム開発の将来展望 
 5.1 エレクトロニックノーズシステム開発のためのストラテジー 
 5.2 将来展望 

6 質疑応答ほか

※講演時間に5分程度の質疑応答時間を含みます。

 10:00~16:00 (12:00~13:00 休憩時間)