セミナー 印刷

メタバースの活用動向とビジネスチャンス

本セミナーは、都合により開催中止となりました。
(2022年11月18日 更新)
受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】or【Live配信(アーカイブ配信付)】


XR/メタバースの最新動向から想定される課題リスク、ビジネスを進める上でのポイントまで解説します!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信受講】 2022年11月28日(月)  13:00~16:00
【アーカイブ配信受講】 2022年12月1日(木)  配信開始予定(視聴期間:12/1~12/15)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 39,600円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体36,000円+税3,600円
※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格対象外のセミナーです。
※サイエンス&テクノロジーが設定しているキャンセル規定対象外のセミナーです。
※ E-mail案内登録価格で申し込まれた方は主催者のR&D支援センターからも無料でセミナー等の案内をお送り致します

ライブ配信とアーカイブ配信(見逃し配信)両方の視聴を希望される場合は、
案内登録価格で1名につき49,500円(税込)、2名同時申込で55,000円(税込)になります。
お申し込みフォームの【Live配信(リアルタイム配信)+アーカイブ配信】をご選択ください。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
主催(株)R&D支援センター
配布資料セミナー資料は事前にPDFでお送りします。
セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
オンライン配信本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。
  ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  
Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。
  当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。

【アーカイブ(録画)配信について】
配信開始日までに、セミナー資料はPDFでお送りします。
セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
動画のURLはメールでお送りします。
得られる知識・XR/メタバースの歴史
・XR/メタバースの最新動向
・XR/メタバースのユースケースや提供価値
・関連するキーテクノロジー
・想定される課題リスク
・ビジネスを進める上でのポイント
対象・XR及びメタバースの企画・利用・実装・開発等に携る方及びその担当責任者の方
・XR及びメタバースに関する業務・企画をしている方々全般と、その事業企画意思決定層の方
・新規事業に関わる方全般

セミナー趣旨

 メタバースという言葉が生まれたのは約30年前だがメタバースの活用や技術的進歩は、まだ初期段階にとどまる。演算能力、ヘッドセット、ネットワークキャパシティはまだ真に没入型であるとは言えず、共有型メタバースをサポートするまでには至っていないが、思い描く未来は着実に近付いている。革新的なテクノロジーによる没入型で永続性のあるメタバース空間が、近い将来に実現することが想定されるがコロナ感染症の影響や人々の価値観が変化する状況下、様々な企業がメタバースのビジネス活用に着目し始めている。
 今回はグローバルの動向や各ユースケースでの取組み状況を意識しながら事業環境が大きく変化する中で取るべきアプローチについて理解することを目的とする。

セミナー講演内容

1.メタバースの歴史・背景
 1-1.メタバースの歴史
 1-2.メタバースが注目される背景

2.国内外でのメタバースの活用動向と市場
 2-1.メタバースのユースケース
 2-2.市場動向
 2-3.技術要素と動向

3.想定される課題・リスクとその対応

4.ビジネスでの展開を進める上でキーとなるポイント


<キーワード>
XR、VR、AR、メタバース、市場、動向、ビジネス、事業、リスク