セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
設計モジュール化技法による設計工数削減と
出図遅れ解消の考え方および具体的な進め方・成功事例

設計モジュール化の推進手順・手法・体制・スケジュール・ITシステムなど事例を交えて詳述!

※本セミナーは都合により中止になりました。(2021/11/5 9:00 更新)
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年11月11日(木)  10:00~17:00
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 49,500円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体45,000円+税4,500円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,500円)】
  ※2名様とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※上記以外の割引は適用・併用できません。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格対象外のセミナーです。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているキャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)R&D支援センター
配布資料セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
オンライン配信本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。
  ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  
Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。
  当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
備考資料付
得られる知識・設計のモジュール化に関する基礎知識
・設計のモジュール化に関する推進手順・手法
・設計のモジュール化を実施した時の各部門の業務イメージと効果
・設計のモジュール化に関する推進体制・スケジュールの理解
・設計のモジュール化に関するITシステムの理解
・設計のモジュール化の各社の取り組み方の理解
対象本セミナーは、顧客の要求仕様に応じて、受注後に都度設計作業(特殊仕様対応を含む)が発生するカスタム設計部門の方を対象としています。製番(作番、工番)方式の製造業を対象にしています。
(量産型製造業は対象としておりません)

セミナー趣旨

 「働き方改革」の推進が叫ばれる中、従来、長時間残業の「聖域」であった設計・開発部門に対しても、抜本的な改革が迫られてきています。しかし、技術的なノウハウを持った人材を必要とする設計部門では、単純に派遣社員や新規採用の要員を追加しても、人件費の負担が増すだけで即戦力としての活用が難しい事は言うまでもありません。その為、経験年数が少ない要員でも戦力化する様な業務のしくみが必要となってきます。さらに、日本では企業の発展期を支えてきたベテラン技術者の定年退職が進行し、業務現場で明文化していないノウハウが緩やかに消失しており、業務品質の低下、手戻りの増加等が増大している企業も散見されます。このような状況の中、個別受注・都度設計を行う製造業では、設計のモジュール化技法を問題解決の1手段として、業務改革活動に取り組む企業が増えてきています。顧客要求により受注後に新規図面の発生がある個別受注型組立業では、いかにカスタム設計の効率化を図れるかが、企業の生産能力・売上規模を左右すると言っても過言ではありません。この為、多くの企業では長年、設計の標準化・ユニット化を推進していますが、成功している企業が少ないのが実態です。では、なぜ上手くいかないのでしょうか? それは、カスタム設計の効率化を設計部門だけの課題として考え、取り組んでいるからです。
 本セミナーでは、設計業務を核にして全社に展開する業務改革技法である設計モジュール化技法について、基本的な考え方・具体的な取り組み方・推進方法、さらにITツールの紹介をいたします。実際にモジュール化技法のコンサルティングを実施している業務改善コンサルタントの豊富な経験を基に、事例を交えて分かりやすく講義いたします。ぜひ、この機会に、カスタム設計業務の抜本的な改革を考えている方々の参加をお勧めいたします。

セミナー講演内容

1. 個別受注受注後設計型 製造業の現状
 1-1. 個別受注・受注後設計型企業で発生している問題
 1-2. SCMとECM
 1-3. エンジニアリングのV字カーブ
 1-4. 図面が発生すると、仕事が発生する
 
2. モジュール化技法とは
 2-1. モジュール化のコンセプト
 2-2. モジュール化による多様化対応
 2-3. 設計思想と標準化

3. モジュール化技法の進め方
 3-1. 図面構成の標準化
 3-2. 機能バリエーションの整備(設計対応範囲の可視化)
 3-3. マトリクス部品表の整備(部品の共通化)
 3-4. 顧客要求事項の標準化(製品仕様バリエーションの標準化)
 3-5. 設計ノウハウの見える化(影響範囲の可視化・図面の自動抽出)

4. モジュール化技法の導入後の新しい業務の姿
 4-1. 設計部門を中心とした新しい業務イメージ
 4-2. ビジネス・モデル変革のイメージ
 4-3. 設計の機能組織体制

5. モジュール化技法の推進活動体制
 5-1. プロジェクト体制
 5-2. 全体推進計画

6. 新しい業務を支援するITシステムの構築
 -モジュール化に対応したシステムの基本形
 6-1. システム全体図
 6-2. 各種画面イメージ

7. モジュール化技法の事例
 7-1. モジュール化の標準的な効果
 7-2. 各社事例