セミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】
デジタル画像相関(DIC/DVC)法による
2次元および3次元変位・ひずみ測定

― 測定の原理と手順,ノウハウ,応用例 ―

このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年9月14日(火)  10:30~16:00
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
講師 米山 聡 氏
青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 教授
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 49,500円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体45,000円+税4,500円
お1人様受講の場合 49,500円 (45,000円+税4,500円)
1口でお申込の場合  62,700円 (57,000円+税5.700円/1口(3名まで受講可能))
※S&T E-Mail案内登録価格 S&T複数同時申込み割引対象外

※開催7日前に請求書を発送します。
※開催日から9日前以降のキャンセルは受講料全額を申受けます。但し、セミナー終了後テキストを郵送します。
  ​一旦、納入された受講料はご返金できません。当日ご都合のつかない場合は代理の方がご出席下さい。
※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格・キャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)トリケップス
オンライン配信★本セミナーは、Zoomウェビナーを使用して行います。
 受講者の通信回線にセキュリティなどの制限がある場合は参加できないことがあるため、
 事前に当日ご利用予定の通信回線にて、
 Zoom公式ページ(https://zoom.us)にアクセスできることをご確認していただくようお願いします。
 または、Zoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認ください。
 Zoomをダウンロードしている方はマイクとスピーカーのテストも可能です。
 ※こちらは接続テスト用のミーティングです。実際のセミナー参加者画面とは異なります。

★インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。
 講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

※開催5日前までに主催会社(株)トリケップスから参加者に当日必要なURLとパスワードをメールにてお知らせします。
備考★受講申込者が必要定員に満たないセミナーは中止・延期させていただく場合があります。
 その場合は開催1週間前にご連絡します。

★1口でお申込の場合
 代表受講者を定めて下さい。請求書発送等の連絡は代表受講者へ行います。
 申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、ご参加できない場合があります。

セミナー趣旨

 2次元デジタル画像相関法(2D-DIC),複数カメラを利用したステレオ画像相関法(Stereo DIC),3次元画像を用いたDVCなどの各種DICを用いた変位測定法の基本原理についてまずは説明する.
次に,データ収集(測定)やデータ解析の手順を示し,ノウハウやコツを説明する.
さらに,高速度カメラを使った衝撃問題の測定や超高温下での測定,実構造物の測定など,実際の測定例などを示す.

セミナー講演内容

1. デジタル画像相関法の概要

2. デジタル画像と画像処理

3. デジタル画像相関法の基本原理

 3.1サブセット
 3.2 評価関数

4. サブピクセル分解能での変位の決定
 4.1 輝度値の補間方法
 4.2 サブセットの変形
 4.3 反復計算を用いた変位の決定

5. ステレオ法
 5.1 3次元座標・変位算出の原理
 5.2 カメラキャリブレーション

6. DVC

7. ひずみの算出

 7.1 ひずみの種類
 7.2 各種ひずみ算出方法
 7.3 応力の算出

8. 測定方法
 8.1 試験片の準備・ランダムパターンの塗布
 8.2 撮影
 8.3 データの処理 
 8.4 光学系の分解能、デフォーカスの影響
 8.5 フィルタリング処理

9. 測定例 
 9.1 き裂
 9.2 破壊力学パラメータ(応力拡大係数,J積分)
 9.3 高強度鋼
 9.4 実構造物
 9.5 衝撃
 9.6 高温
 9.7 皮膚