セミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】
次世代アクチュエータの原理・開発動向とIoT展開

日時 2021年6月24日(木)  13:00~16:00
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
講師 名古屋大学 大学院情報学研究科 教授 工学博士 大岡 昌博 氏
【ご専門】
 センサ&アクチュエータ,ロボット工学,触覚の心理学

【ご略歴】
 1986年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程修了
 1986年 株式会社富士電機総合研究所
 1991年 名古屋大学講師
 1992年 静岡理工科大学助教授
 2003年 名古屋大学情報科学研究科助教授
 2009年 同教授
 2013年 第91期日本機械学会機素潤滑設計部門長
 2014年 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会副会長.
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 35,200円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体32,000円+税3,200円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,750円)】
  ※2名様とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※上記以外の割引は適用・併用できません。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格対象外のセミナーです。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているキャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)R&D支援センター
配布資料セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
オンライン配信無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。
  ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  
Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。
  当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
備考資料付
得られる知識・種々のアクチュエータの仕組みを理解できる。
・新しいアクチュエータの活用法を習得できる。
対象製造業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方

セミナー趣旨

 アクチュエータとは、エネルギを力に変換する装置のことであり、磁気、静電気、油空圧、圧電、形状記憶、化学変化など様々な現象を活用して開発されている。原理によって特性が変化するために、様々な個性的なアクチュエータが考案されていて、装置開発はアクチュエータの選択の成否に依存していると言っても過言ではない。
 本講習では、種々のアクチュエータの仕組みを理解して、聴講者がもつ設計開発の個々の案件に役立ててもらうことを目的としている。このため、種々のアクチュエータについて原理と使い方について網羅的に講習する。さらに、アクチュエータが情報処理に貢献する潜在能力を持っていることを示すために、アクチュエータがつながってネットワークを構成した場合に何ができるか聴講者にも考えてもらうための講習も行う。本講習により、アクチュエータをモーションコントロールだけにとどまらず、IoTを代表とする情報処理にも活用されていくこと期待している。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.アクチュエータの基礎としての電動モータ
 2.1 直流モータ
 2.2 誘導モータ
 2.3 ステッピングモータ
 2.4 同期モータ

3.新原理のアクチュエータ
 3.1 静電アクチュエータ
 3.2 球面モータ
 3.3 圧電アクチュエータと超音波モータ 
 3.4 液体圧アクチュエータとゴム人工筋
 3.5 機能性流体アクチュエータ
 3.6 形状記憶合金アクチュエータ
 3.7 化学アクチュエータと人工筋
 3.8 アクチュエータの加工法とマイクロアクチュエータ

4.アクチュエータの新しい応用
  4.1 IoT
 4.2 新しい概念-インフォモーション
 4.3 インフォモーションが拓く新しい社会
 4.4 触覚と錯覚
 4.5 運動錯覚
 4.6 ベルベットハンドイリュージョンが生み出す材質感

5.おわりに