セミナー

意思決定の脳科学
~最新の研究成果と応用~
【Live配信(リアルタイム配信)】

日時 2020年9月10日(木)  13:00~17:00
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  ☆本セミナーは、Zoomを使用して行います☆
会場地図
講師 茨木 拓也 氏

 (株)NTTデータ経営研究所 ニューロイノベーションユニット アソシエイトパートナー
受講料(税込)
各種割引特典
47,300円 ( S&T会員受講料 47,300円 ) S&T会員登録について
定価:本体43,000円+税4,300円
会員:本体43,000円+税4,300円
お1人様受講の場合 47,300円 (43,000円+税4,300円)
1口でお申込の場合 61,600円 (56,000円+税5,600円/1口(3名まで受講可能)
 
※S&T会員価格 S&T複数同時申込み割引対象外
※開催5日前までに、当日必要なURLとパスワードをメールにてお知らせします。
※開催7日前に主催会社(株)トリケップスから請求書を発送します。
※開催日から9日前以降のキャンセルは受講料全額を申受けます。但し、セミナー終了後テキストを郵送します。
※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格・キャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)トリケップス

セミナー趣旨

 コロナ禍を経験し、人類はかつてないほど自身の意思決定能力を見つめ直すことが迫られている。我々の脳自身はアルゴリズムで合理的に物事を判断したり、行動したりするようにはできていない。勿論、進化のプロセスのなかで有利な点があったからこそ、非合理な意思決定プロセスは生き残ってきたのであろう。が、時に脳のそうした特性は個人と集団、経営者や政策立案者たちと会社・社会を誤った方向に導くことがある。つまり、誤った経営判断・非効率な組織運営・無効な政策実施である。
 本講義では、アフターコロナの時代に需要が高まるであろう「意思決定」に注目し、経営者やリーダーが直面しがちな意思決定の各種バイアスを俯瞰し、脳科学・データサイエンス・テクノロジーがその解決に貢献できるかを考える。

セミナー講演内容

0.人間の持つ意思決定のバイアス ~4つのイドラ
 ・あなたの意思決定器官の致命的欠陥
  Idola イドラ
 ・バイアスは損をする実体験によって克服できるか

1.種族のイドラ ~人の脳にこびりついた幻想への固執
 ・錯覚
 ・自身への錯覚 ~自信過剰
 ・知識への錯覚 ~分かっているつもりの危険
 ・Information Avoidance ~知りたいことしか知らない
 ・感情
 ・無意識のプライミング
 ・意思決定は頭だけではない 身体化された認知
 ・時間への錯覚 ~時間割引

2.洞窟のイドラ ~生きてきた分だけ垢がこびりついて世界をゆがめる
 ・能動的なバイアスの獲得~確証バイアス
 ・なぜ銀行のシステム更改はうまくいかないのか ~サンクコスト
 ・個人差と意思決定パフォーマンス

3.市場のイドラ 言葉~恐ろしく便利で あいまいな 凶器
 ・フレーミング
 ・なぜM&Aはうまくいかないのか
 ・なぜ結婚式の引き出物はあまりうれしくないのか
  ~ユーザー・顧客視点になることの難しさ
 ・なぜ人はネットでたたくのか ~不安や恐怖はウイルスより早く伝染する

4.劇場のイドラ ~権威があなたの目を曇らせる
 ・権威によるバイアス
 ・専門家の作るモデルを妄信していいのか
 ・人は他人が真偽判断していると思うとフェイクニュースでも信じる

5.よりよい意思決定のための処方箋
 ・脳科学の観点から見たリーダーシップとは
 ・データドリブンな意思決定モデルの利用
 ・専門知識をつける
 ・バイアスの補正
 ・アナロジカル推論
 ・客観視する~自分の中の他人を使う
 ・テクノロジーを使う 
 ・毒を持って毒を制す ~行動を変えるためにバイアスを利用して行動を変える