セミナー

5G、IOT用最新小形アンテナ技術の
設計・実装と各種測定法

※本セミナーは都合により中止になりました。(2020/8/5 13:05 更新)
日時 2020年9月4日(金)  10:30~16:30
会場 東京・江東区亀戸 商工情報センター(カメリアプラザ)  9F 第2研修室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 49,500円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体45,000円+税4,500円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,500円)】
  ※2名様とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※上記以外の割引は適用・併用できません。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格対象外のセミナーです。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているキャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)R&D支援センター
備考資料付
得られる知識・アンテナ理論
・アンテナの設計指標
・アンテナの評価項目
・アンテナの実装手法
・アンテナの測定法
対象最新の無線システムの設計・開発に技術に携わる方、今後新規に参入を目指す方を対象にした最新のアンテナ技術の習得を目的とした初級者・中級者向けセミナー。

セミナー趣旨

 本格的な導入が始まった5Gや全てのものを無線で繋ぐIoT等最新の無線システムが開発されつつある。無線装置の中で電波の出入り口となるアンテナは、従来から経験を積んだ技術者によるノウハウが凝縮されたものとしてのイメージが強い。しかし、近年のシミュレーション技術の発展や人工的な材料の開発によって、アンテナ設計の自由度が増している。本講座では最新の無線システムに適用可能なアンテナの設計開発のための理論と実例、また、その評価法としての測定技術について解説する。

セミナー講演内容

1.小形アンテナの理論
 1-1 電磁波の振る舞いと波源からの放射
 1-2 アンテナの評価指標
 1-3 アンテナの設計指標
 1-4 アレイアンテナ
 1-5 アンテナの基本測定法
 
2.小形アンテナの理論と実際
 2-1 アンテナ小型化の理論的限界値
 2-2 小形アンテナの分類法
 2-3 アンテナの小型化手法
 2-4 小形アンテナの実例
 2-5 アンテナ用材料

3.小形アンテナの実装法
 3-1 筐体への取り付け法とアンテナ特性
 3-2 筐体モードの理論
 3-3 筐体モードの抑制と利用法
 3-4 アンテナ周辺環境の取り込み手法
 3-5 マルチアンテナの実装と評価法

4.小形アンテナの評価と測定法
 4-1 入力インピーダンスと放射指向性の測定
 4-2 アンテナの放射効率とその評価法
 4-3 OTA(Over The Air)測定
 4-4 アンテナ間相互結合と相関係数の測定
 4-5 ファントムを用いた人体への影響の評価法

5.5G、IoT対応アンテナ技術

【質疑応答・名刺交換】