セミナー

においの分析・解析手法の実践講座【大阪開催】

~においを客観的に評価し、数値化・図示化する~

官能評価/GC分析/嗜好性解析
日時 2019年2月4日(月)  10:30~16:30
会場 大阪・大阪市中央区 大阪産業創造館(サンソウカン)  5F 研修室E
会場地図
講師 香川大学 農学部 応用生物科学科 教授 田村 啓敏 氏
受講料(税込)
各種割引特典
49,980円 ( S&T会員受講料 47,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体46,278円+税3,702円
会員:本体43,750円+税3,500円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,990円)】
  ※2名様とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※上記以外の割引は適用・併用できません。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているアカデミー価格対象外のセミナーです。
  ※サイエンス&テクノロジーが設定しているキャンセル規定対象外のセミナーです。
主催(株)R&D支援センター
備考資料・昼食付

セミナー趣旨

匂いの善し悪しは、人の経験に基づく主観的な評価であるが、匂い分子は客観的な解析法であるGC/MS等の機器分析データから集めつつ、官能評価とリンクさせる事で、数値解析を可能にし、人の判断する嗜好性を分析化学的に解析できる手法として紹介するものである。

セミナー講演内容


 1) はじめに:匂い解析の重要性

 2) 匂い成分の抽出法&濃縮法

 3) 匂いの機器分析法(選択的、非選択的)
  3-1) GC分析と保持指標
  3-2) GCによる定量分析

 4) 匂い強度解析法
  4-1) 匂い用語の選抜
  4-2) Odor Unit & AEDAからキー化合物を予測

 5)匂い質の解析法
  5-1) QDAやOdor Spectrum Valueの利用
  5-2) 官能評価との分析データの相関性理解
  5-3) 複合臭の分析のための閾値測定
  5-4) マスキング解析のための分析化学的アプローチ

 【質疑応答・名刺交換】