セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

全コース【Live配信(リアルタイム配信)】に対応 

磁性材料の徹底理解と活用 
全4コースセミナー

【磁性:入門】 【硬磁性:磁石】 
【磁性:モータ応用】 【軟磁性評価:デバイス応用】

このページは、下記4コースを組み合わせ、セットでお申込みいただけるページです。
各セミナー詳細は以下リンクからご確認ください

磁性:入門コース【2月18日(木)10:30~16:30】
 
これだけは押さえておきたい磁性応用のための入門講座
磁石コース・モータ応用コース・デバイス応用コースをすんなり理解するために。
磁性の知識に不安がある・復習しておきたい方はまずはここから
 アーカイブ(見逃し)配信付き  資料:製本テキスト郵送
硬磁性:磁石コース【2月19日(金)10:30~16:30】
 
磁石/永久磁石材料の上手な活用に向けた実用特性理解と材料技術の最新動向

 アーカイブ(見逃し)配信付き  資料:製本テキスト郵送
磁性:モータ応用コース【3月8日(月)10:30~16:30】
 
モータ駆動システムにおける磁性材料の要求特性と活用技術

資料:書籍郵送
軟磁性評価:デバイス応用コース【3月15日(月)10:30~16:30】
 
デバイス応用に向けた軟磁性材料の磁気特性評価法

アーカイブ(見逃し)配信付き 資料:PDFダウンロード

 ※其々のコースで別の方(代理の方)のご出席も可能です。
 

日時 [磁性:入門コース] 2021年2月18日(木)  10:30~16:30
[硬磁性:磁石コース] 2021年2月19日(金)  10:30~16:30
[磁性:モータ応用コース] 2021年3月8日(月)  10:30~16:30
[軟磁性評価:デバイス応用コース] 2021年3月15日(月)  10:30~16:30
会場 [磁性:入門コース] Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
[硬磁性:磁石コース] Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
[磁性:モータ応用コース] Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
[軟磁性評価:デバイス応用コース] Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
159,500円 ( E-Mail案内登録価格 151,470円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体145,000円+税14,500円
E-Mail案内登録価格:本体137,700円+税13,770円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で159,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額79,750円
※上記は全4コースをお申込み時の価格です。
※コースの選択数によって価格が異なります、下記の価格表をご参照ください。
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:
全4コースで 140,800円 ( E-Mail案内登録価格 133,760円 )
定価:本体128,000円+税12,800円
E-Mail案内登録価格:本体121,600円+税12,160円 
1コースにつき 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。

【価格表(税込)】 ※4コースから選択受講した際の価格表です。
価格一覧 定価
(E-Mail案内登録価格)
2名同時申込みで1名無料価格
 (1名あたり受講料)
テレワーク応援キャンペーン価格
(E-Mail案内登録価格)
1コース
選択受講
49,500円
(46,970円)
2名で49,500円 
(1名あたり24,750円)
35,200円
(33,440円)
2コース
選択受講
82,500円
(78,320円)
2名で82,500円 
(1名
あたり41,250円)
70,400円
(66,880円)
3コース
選択受講
121,000円
(114,950円)
2名で121,000円
 (1名あたり60,500円)​
105,600円
(100,320円)
全4コース
受講
159,500円
(151,470円)
2名で159,500円 
(1名あたり79,750円)
140,800円
(133,760円)
配布資料[磁性:入門コース]製本テキスト
[硬磁性:磁石コース]製本テキスト
[磁性:モータ応用コース]書籍「モータ駆動システムのための磁性材料活用技術」
[軟磁性評価:デバイス応用コース]PDFテキスト(印刷可)
製本テキスト書籍はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます(開催日の4,5日前に発送予定)
 開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本特集のセミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして
   接続できるか等ご確認下さい。 
  ・マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」で
   お申込み頂いたセミナーの視聴用リンクをご案内しております。
  ・セミナー開催日時に、ログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※セミナーの録音・撮影はご遠慮申し上げます。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
↑↑↑↑ 「このセミナーに申込む」ボタン からセミナー申込み画面に進み、ご希望のコースをご選択ください ↑↑↑↑

 

セミナー講演内容

2021年2月18日(木)  10:30~16:30 磁性:入門コース
 
これだけは押さえておきたい磁性応用のための入門講座
~ 強磁性・硬磁性・軟磁性の基礎 ~
 
工学院大学 先進工学部 応用物理学科 教授 赤城 文子 氏
[趣旨]
 磁気記憶装置、モーター、センサー、ヨークなどには、鉄に代表されるような磁性材料が用いられています。
本講義では、磁性材料の基本的な性質について以下の内容で説明します。
①磁性の用途、歴史、専門用語について、
②磁性の種類とその特徴について、
③磁性の種類の1つである強磁性について、
④強磁性を更に分類した硬磁性と軟磁性の材料と特徴について

[プログラム]1.磁性(磁気)とは何か
 1.1 磁性材料の用途
 1.2 磁性材料の歴史
 1.3 磁性に関する専門用語
  1) 磁極と磁荷
  2) 磁場と磁界
  3) 磁気モーメント
  4) 磁化
  5) 磁束密度
  6) 磁化率、比磁化率
  7) 透磁率、比透磁率
 1.4 単位系
 1.5 磁性の発現 

2.磁性の種類
 2.1 強磁性(フェロ磁性)
 2.2 反磁性
 2.3 常磁性
 2.4 反強磁性
 2.5 フェリ磁性
 2.6 らせん磁性,人体の磁性

3.強磁性
 3.1 磁化曲線
  1) 初磁化曲線
  2) 磁化率
  3) B-H曲線
  4) 透磁率
  5) メジャーループとマイナーループ
  6) 交流消磁と熱消磁
 3.2 熱磁気曲線
  1) Tcを実験から求める方法の例
  2) 飽和磁化とキュリー温度の例
 3.3 反磁界
  1) 反磁界とは
  2) 磁性体の形状の違いによる反磁界の違い
  (球、無限に長い長さをもつ円柱、無限に広い面をもつ薄膜)
  3) 磁化曲線と反磁界の関係
 3.4 磁気異方性
  1) 磁気異方性とは(磁気異方性の種類)
  2) 結晶磁気異方性
  3) Fe、Ni、Coの磁気異方性
  4) 磁気異方性エネルギー
  5) 立方晶と六方晶の磁気異方性エネルギー
  6) 異方性磁界
  7) 形状磁気異方性
 3.5 磁区構造
  1) 磁区とは
  2) 還流磁区
  3) 磁壁(ブロッホ磁壁, ネール磁壁)
  4) 磁界を印加した場合の磁区構造
 3.6 交換相互作用
  1) 現象論的考え方
  2) 量子力学的考え方

4.硬磁性材料の特徴
 4.1 硬磁性材料とは
 4.2 永久磁石の種類
 4.3 減磁曲線
 4.4 最大エネルギー積
 4.5 アルニコ磁石
 4.6 フェライト磁石
 4.7 希土類磁石(サマリウムコバルト磁石、ネオジム磁石)
 4.8 永久磁石の特性まとめ
 4.9 磁気ディスク、磁気テープに使われる材料

5.軟磁性材料の特徴
 5.1 軟磁性材料とは
 5.2 ヒステリシス損
 5.3 渦電流損
 5.4 透磁率の周波数特性
 5.5 鉄
 5.6 電磁鋼板
  1) 無方向性電磁鋼板と方向性電磁鋼板
  2) ケイ素4%以上の電磁鋼板
 5.7 パーマロイ(鉄-ニッケル合金)
 5.8 センダスト(Fe-Si-Al合金)
 5.9 ソフトフェライト
 5.10 アモルファス磁性合金
 5.11 軟磁性材料の特性まとめ
 5.12 磁気ディスク装置の磁気ヘッドに使われる材料

6.磁気ディスク装置の記録のしくみ
 6.1 磁気ディスク, 磁気ヘッドに使われる材料
 6.2 磁気ディスク装置の動くしくみ
 6.3 記録のしくみ

  □質疑応答□
 

2021年2月19日(金)  10:30~16:30 硬磁性:磁石コース
 
磁石/永久磁石材料の上手な活用に向けた実用特性理解と材料技術の最新動向
~着磁・減磁などの磁気変化と磁石実装時のトラブル対策~

(公財)応用科学研究所 特別研究員 工学博士 松浦 裕 氏

[趣旨]    
 永久磁石は自動車用モータや家庭用電子機器用モータの高効率化の要となる材料として注目されています。特に電気自動車やハイブリッド自動車の駆動モータや自動車用補機モータおよびエアコン用小プレッサーモータには多くの磁石が使われており、今後更にこれら磁石材料の重要性が増していくと考えられています。本講座では、これら多くの用途に使われている磁石材料の種類と特徴およびその磁石特性について詳しく説明します。また、これら磁石材料の使用する上での注意点およびトラブル対策について詳しく説明します。

[プログラム]
1.はじめに
 1.1 世界の電力事情と磁石の役割
 1.2 永久磁石の市場動向
   Eco-Car(HEV,PHEV,EV、電動パワーステアリング(EPS),
   コンプレッサーモーター
  1.3 磁石基本特性
  1.4 磁石特性の見方と動作点について
  1.5 永久磁石に使われる元素(希土類と遷移金属)の物性
    ・希土類、遷移金属の磁化および異方性磁界
  1.6 良い磁石とは

2.各種永久磁石の磁気特性とその特徴について
 2.1  Nd-Fe-B焼結磁石
   1) Nd-Fe-B焼結磁石の製造プロセス
   2) Nd-Fe-B磁石の磁石特性
   3) 希土類資源の現状と今後の展望
   4) Nd-Fe-B焼結磁石の保磁力について
    ・Nd-Fe-B焼結磁石の微細組織と磁石特性
    ・結晶配向度と残留磁束密度および配向度と保磁力の関係について
    ・Nd-Fe-B磁石の高保磁力化の方法(従来と最近の方法)
    ・Nd-Fe-B焼結磁石のBr、HcJ、異方性磁界のDy量依存性
    ・R2Fe14B 化合物の飽和磁化と異方性
    ・Nd-Fe-B磁石の保磁力メカニズム
    ・重希土類拡散材の概念と方法
   5) 重希土類(Dy, Tb)拡散技術と保磁力傾斜磁石
    ・Nd-Fe-B焼結磁石の製造プロセスについて
    ・重希土類拡散工程の概要
    ・重希土類拡散による高保磁力化
    ・重希土類拡散材の磁石特性
    ・重希土類拡散による傾斜保磁力磁石
    ・重希土類拡散磁石の保磁力分布
    ・重希土類拡散による傾斜磁石の減磁特性
    ・重希土類拡散磁石を使ったモータ減磁解析
   6) Nd-Fe-B焼結磁石の各種表面処理と寿命推定方法
    ・表面処理とその特徴
    ・表面処理の特性
 2.2 フェライト磁石
   1) フェライト磁石の結晶構造と磁気モーメント
   2) フェライト磁石の特長
   3) フェライト磁石の製造プロセスについて
    ・フェライトの磁気特性
    ・フェライト磁石高性能化のポイント
    ・フェライト磁石の従来材料および新規材料の磁気特性
    ・従来フェライト磁石のミクロ構造の改質による磁気特性改良
    ・新規組成によるフェライト磁気特性の向上
    ・フェライトの残留磁束密度およびの磁力の温度特性
    ・フェライト磁石を用いたDCモータ設計比較
 2.3 鋳造磁石(アルニコ磁石、Fe-Cr-Co磁石)
   1) 鋳造磁石製造プロセス
   2) アルニコ磁石の特徴(長所・短所・用途)
   3) アルニコ磁石の微細組織(スピノーダル分解)、組織写真
   4) Fe-Cr-Co磁石の特徴(長所・短所・用途)
   5) Fe-Cr-Co系磁石の組織(状態図と熱処理条件)
 2.4 新規磁石材料研究開発の動向
    ・ポストNd-Fe-B焼結磁石の開発の動向
 2.5 Nd-Fe-B焼結磁石,フェライト磁石の保磁力のメカニズム
   1) これまでの保磁力のメカニズム(磁化の一斉回転と磁壁移動)
   2) Nd-Fe-B焼結磁石、ファライト磁石の保磁力の配向依存性
   3) 保磁力の配向度依存性から考えられる保磁力メカニズム
   4) Nd-Fe-B焼結磁石の保磁力の配向度依存性と保磁力の角度依存性
 2.6 その他の磁石
   1) 各種軟磁性材料の特性概要

3.永久磁石の物理特性および磁気的性質を利用する上での注意点
 3.1 Nd-Fe-B焼結磁石の熱膨張と応力について
   1) 接着材使用上の注意
   2) Nd-Fe-B焼結磁石とフェライト磁石の熱膨張の違いとと応力
     ラジアルリングについて
 3.2 設計する上での着目すべき磁気的性質と注意点
   1) ヒステリシス曲線と減磁曲線の見方
   2) 磁石単体の動作点(パーミアンス)の考え方
   3) 磁気回路の動作点(パーミアンス)の考え方
   4) アンペールの法則、ガウスの法則から得られる情報
   5) 磁石動作点(パーミアンス係数)決定因子は何か
   6) 最大エネルギー積はなぜ重要か
   7) 永久磁石の安定性について
   8) 磁気回路設計上の注意点
 3.3 減磁への対応方法・注意点
   1) 自己減磁界と外部(コイル)からの減磁界(電機子反作用)
   2) フェライト磁石、Nd-Fe-B焼結磁石使用上の注意点
     フェライト磁石の低温減磁とNd-Fe-B磁石の高温減磁について
   3) 経時変化(可逆減磁、不可逆減磁)について
   4) 錆による減磁 
 3.4 各種磁石の磁石特性測定方法および着磁方法に関する注意点
   1) 磁石特性想定方法と着磁の具体的方法
   2) 着磁に必要な磁界の目安
   3) 各種磁石の着磁特性
   4) 着磁パターンと着磁ヨークについて

 □質疑応答□

2021年3月8日(月)  10:30~16:30 磁性:モータ応用コース
モータ駆動システムにおける磁性材料の要求特性と活用技術

豊田工業大学 大学院工学研究科 教授 工学博士 藤崎 敬介 氏

[趣旨]   
 電気自動車などにおけるモータ駆動システムおよびその関連技術に従事している技術者、研究者、特に大学でモータ、パワーエレクトロニクスや磁気について講義を受けていない方を対象に、それらの基礎から応用まで、最新の技術、研究状況を講義する。モータ駆動システムの高効率化小型化は、電気自動車の普及に伴い、僅々の課題となるが、これまであまり配慮されていない磁性材料、磁気特性を中心に、講義を行う。
[プログラム]
1.モータ駆動システムと磁性材料
 1.1 モータとパワーエレクトロニクスと磁性材料

Part I 総論(パワーエレクトロニクスによる磁性材料への改革要求の背景)
2.モータ駆動システムにおける磁性材料への技術要請

 2.1 これまでのモータとこれからのパワーエレクトロニクス励磁モータ
 2.2 移動とは
 2.3 電気エネルギーとパワーエレクトロニクス技術
 2.4 パワーエレクトロニクスにおける高周波化要求と磁性材料
 2.5 電気エネルギー応用における磁性材料
 2.6 モータ研究の今後

3.磁性材料
 3.1 磁性体マルチスケール 
 3.2 磁化過程
 3.3 鉄損
 3.4 高周波磁化
 3.5 応力の影響
 3.6 磁気異方性
 3.7 磁気計測
 3.8 情報系磁気と電力系磁気

4.電気モータ
 4.1 電気モータの原理と基本構造
 4.2 三相交流と移動磁界
 4.3 交流モータ
 4.4 永久磁石型同期モータ

5.パワーエレクトロニクス
 5.1 パワーエレクトロニクス技術の概要
 5.2 電力用半導体のスイッチング動作
 5.3 インバータ回路とその動作
 5.4 パワーエレクトロニクスの意義

Part II 活用技術(パワーエレクトロニクス励磁と磁性材料の活用)
6.PWMインバータ励磁による磁気特性と計測技術
 6.1 インバータ励磁による磁気特性の計測装置
 6.2 インバータ励磁によるマイナーループの発生
 6.3 インバータ励磁によるキャリヤ周波数特性
 6.4 電力用半導体のオン抵抗によるマイナーループの発生
 6.5 電力用半導体特性と鉄損
 6.6 インバータ励磁現象の計測技術
 6.7 磁性材料に要求される磁気特性

7.インバータ励磁時のモータコアの鉄損特性
 7.1 埋込み式永久磁石型同期モータ
 7.2 測定方法
 7.3 解析モデルおよび解析方法
 7.4 IPM-SMのコア損評価結果

8.材料特性を活かしたモータ
 7.1 方向性電磁鋼板を用いた異方性モータ
 7.2 アモルファスモータ
 7.3 ナノ結晶モータ

□質疑応答□

2021年3月15日(月)  10:30~16:30 軟磁性:デバイス応用コース
デバイス応用に向けた軟磁性材料の磁気特性評価法
~静的磁気特性・高周波磁気特性とその計測、軟磁性微粒子・薄帯材料とそのデバイス応用~

東北大学大学院工学研究科 電気エネルギーシステム専攻
准教授 工学博士 遠藤 恭 氏
[趣旨]
 微粒子・薄帯形状および薄膜形状からなる軟磁性材料に関する研究開発は、既存の磁気デバイス開発や新規デバイス創製を目指して行われている。これらのデバイスの開発・創製のためには、軟磁性材料の基本特性である磁化過程および磁気特性を詳細に理解することが重要である。そのためには,どのような特性計測法を利用すればよいかあらかじめ把握しておくことが鍵となる。
 本講演では、軟磁性材料における磁気特性とその評価法を紐づけしながら、デバイス応用に向けた軟磁性材料の基礎知識を習得する。

[プログラム]1.はじめに

2.軟磁性材料の静的磁気特性と計測法
 2.1 磁化過程および静的磁気特性
 2.2 静的磁気特性計測法
   -磁化曲線計測法、磁気異方性計測法、磁気ひずみ計測法他-

3.軟磁性材料の高周波磁気特性と計測法
 3.1 MHz帯域での磁気特性(損失など)
 3.2 MHz帯域での磁気特性計測法
 3.3 GHz帯域での磁気特性(磁気共鳴)
 3.4 GHz帯域での磁気特性計測法
 3.5 高周波磁気観察技術
 3.6 高周波磁気特性計測法の開発状況

4.軟磁性材料の種類とデイバス応用例
 4.1 軟磁性材料の種類
 4.2 軟磁性材料の磁気デバイス応用例
   1) 微粒子材料・薄帯材料のデバイス応用
   2) 薄膜材料のデバイス応用
 4.3 最近の開発状況

5.総括 

  □質疑応答□