セミナー 印刷

細胞培養品質管理 2日間コース

Aコース:細胞特性評価/ゲノム安定性
Bコース:浮遊細胞品質管理

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
- - - - -◆ 細胞培養における品質管理を学ぶ◆- - - - -
 細胞培養において、細胞に合わせた様々な品質管理が必要となります。本コースでは、培養細胞の細胞特性/ゲノム安定性/浮遊細胞の品質管理について学べます。
 
※本ページ申込みの場合、Aコース+Bコース​受講となります。
【Aコース】2023年1月27日(金)開催

『培養細胞における細胞特性とゲノム安定性及び特性測定・評価の基礎と実践』
 アッセイに用いられる接着細胞の細胞特性、ゲノム安定性の品質管理について、iPS/ES細胞培養に長年携わってきた講師が解説します。
【Bコース】2023年3月28日(火)開催

『浮遊細胞培養における品質管理~ICH Q5A改定(R2)/NGSを中心に~』
 産生物を安定して回収するためには、浮遊細胞の品質管理が重要となります。今回はガイドラインも含めて、次世代シーケンシング(NGS)技術を使った品質管理方法について解説します。
【Live配信受講者特典のご案内】
 Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
 オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 Aコース【Live配信(Zoom使用)受講】 2023年1月27日(金)  14:00~16:30
Bコース【Live配信(Zoom使用)受講】 2023年3月28日(火)  14:00~16:30
Aコース【アーカイブ配信受講】 2023年2月7日(火)  配信開始予定(視聴期間:2/7~2/21)
Bコース【アーカイブ配信受講】 2023年4月6日(木)  配信開始予定(視聴期間:4/6~4/19)
会場 Aコース【Live配信(Zoom使用)受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
Bコース【Live配信(Zoom使用)受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
Aコース【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
Bコース【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )

 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円

1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Live配信(Zoom使用)受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただきす。
   (開催2日前を目安にダウンロード可)

アーカイブ配信受講PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信
 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

【Aコース】株式会社セルミミック 代表 古江 美保 氏  ≫講師紹介

◆主な研究・業務
・無血清培地開発・製品化(神経幹細胞、肝幹細胞、ヒト多能性幹細胞、マウスES細胞)
・事業企画コンサルタント
・細胞培養指導

【Bコース】株式会社日本バイオデータ   代表取締役 緒方 法親 氏  ≫講師紹介

◆主な研究・業務
・細胞の分化/脱分化を定量する研究
・高等動物のゲノムを解読
・世界初の浮遊培養細胞の1細胞トランスクリプトーム研究
・世界初の新型コロナウイルス変異株発見報告

セミナー講演内容

 Aコース 
培養細胞における細胞特性とゲノム安定性及び特性測定・評価の基礎と実践

 培養細胞には、元の組織由来の特性があります。しかし、in vitroで培養することによる様々なストレスにより、その特性が変化してしまうことがよくあります。そのため、細胞特性が変化していないことを確認して、実験を行う必要があります。また、培養中のゲノムの不安定性についても注目されています。特に、iPS/ES細胞のゲノム不安定性については課題となっています。
 そこで、本ウェビナーでは、培養細胞における細胞特性の評価方法、ゲノム安定性についての評価方法について、その基本と実作業について、ご説明します。

◆講演項目:
(1)    培養細胞の品質とは
(2)    細胞の特性とは
(3)    細胞特性維持と品質管理方法
(4)    細胞特性:細胞増殖能の測定方法
(5)    細胞特性:細胞接着能の評価方法
(6)    細胞特性:未分化性と分化能の評価方法
(7)    各種細胞の実際

    ①間葉系幹細胞
    ②多能性幹細胞
    ③肝細胞
    ④神経系細胞 
    ⑤唾液腺由来幹細胞
    ⑥ケラチノサイト
(8)    ゲノム不安定性とは
(9)    各種細胞のゲノム不安定性

    ①マウス線維芽細胞
    ②多能性幹細胞
    ③ヒト上皮系細胞
(10)    ゲノム安定性の検査方法
(11)    現場でできる染色体検査


□質疑応答□
 
 Bコース 
浮遊細胞培養における品質管理~ICH Q5A改定(R2)/NGSを中心に~

 バイオ医薬品の大量生産のために浮遊細胞の培養が普及しています。これらの品質管理においては安全性の観点からガイドラインが整備・運用されてきました。近年発展してきた新しい生物分析手法を品質管理に適用することでより安全性を高めることができるため、それらを含めたガイドラインの改定が始まっています。
 本講座では特に難易度の高いNGS技術に焦点を当て、実装方法を議論します。

◆講演項目:
1.    トラディショナルな浮遊細胞分析手法
 1-1 安全性管理のための分析手法
 1-2 生産性管理のための分析手法
2.    ICH Guideline Q5A(R2) Final Concept Paper
 2-1 ICH Q5A(R2) FCPの概要
 2-2 新しいモダリティ
 2-3 新しい製造技術
 2-4 新しい分析技術
3.    ICH Guideline Q5A(R2) step2b
 3-1 ICH Q5A(R2) step2bの概要
 3-2 ICH Q5A(R2) step2bの論点
 3-3 NGSに代替されるトラディショナルな分析手法
4.    Next Generation Sequencing (NGS)
 4-1    塩基配列の長さと本数
 4-2    NGS技術の費用と期間
 4-3    公共データベース
5.    NGSを用いたウイルス管理
 5-1    塩基配列に基づくウイルスの分析手法
 5-2    NGSを用いたウイルス管理の概要
 5-3    ウイルス解析の障害
 5-4    NGSを用いたウイルス分析手法
6.    NGSを用いた細胞品質管理
 6-1 生産物モノクローナリティの分析手法
 6-2 細胞Liberality の利用
 6-3 浮遊細胞の細胞不均一性分析手法
 6-4 細胞モノクローナリティの検証方法
7.    どこから手をつけるか

□質疑応答□