セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信対応セミナー(Zoom使用)】対応  ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】

<2日間セミナー>
ASEAN/BRICsにおける
薬事規制・薬価/保険制度の特徴と最新市場動向

~販売先/提携先検討にあたっての必須情報と各国独特の規制把握と薬事戦略~

【1日目】 ASEAN:インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア
【2日目】 BRICs:中国、ブラジル、ロシア、インド

本セミナーについては、都合により中止になしました。
(2022年7月11日更新)


【Live配信受講者 特典のご案内】

Live配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。

このセミナーは、【Live配信(Zoom使用)受講】もしくは【アーカイブ配信受講】が選べます。
※アーカイブ配信は、Live配信(Zoom使用)で収録した当日の講演動画を編集し、後日視聴いただく形式になります。
【1日目:ASEAN】、【2日目:BRICs】のみのご参加も可能です。
各セミナーページ(下記)よりお申込みください

【1日目:ASEAN】詳細・申込はこちら  【2日目:BRICs】詳細・申込はこちら

 
2日間かけて、じっくりとASEAN/BRICsの薬事制度/市場動向と
薬価の値ごろ感と算定方法を分かりやすく解説いただきます!
【セミナーで解説予定の国名】
<AESAN>
・インドネシア
・フィリピン
・タイ
・ベトナム
・マレーシア
<BRICs>

・中国
・ブラジル
・ロシア
・インド
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【1日目:ASEAN】 2022年7月25日(月)  10:30~16:30 (アーカイブ配信:8月3日(水)ごろ配信予定)
【2日目:BRICs】 2022年7月26日(火)  10:30~16:30 (アーカイブ配信:8月4日(木)ごろ配信予定)
会場 【1日目:ASEAN】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【2日目:BRICs】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
99,000円 ( E-Mail案内登録価格 94,050円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体90,000円+税9,000円
E-Mail案内登録価格:本体85,500円+税8,550円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(2日間受講:1名あたり定価半額の49,500円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  2日間受講:1名申込みの場合:受講料( 定価:71,500円/S&T会員 67,925円 )

 2日間受講:71,500円 ( S&T会員受講料 67,925円 ) 
    定価:本体65,000円+税6,500円
    会員:本体61,750円+税6,175円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。(10営業日視聴可能)
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料①Zoom配信受講:製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
   Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
   印刷物は後日お手元に届くことになります。
②アーカイブ配信受講:製本テキスト(開催日を目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師


 

セミナー講演内容

【1日目:ASEAN主要国の医療・薬価制度の概要と薬価戦略のポイント】

1.インドネシア
 ・医療保険制度~様々な公的医療保険 (ASKES,JAMSOSTEK,JAMKESMASなど) と
  BPJS Health設置による統一医療保険制度 (SJSN) の開始
 ・保険給付システム
 ・医療提供体制
 ・医薬品市場規模と市場構造
 ・薬価制度と保険償還システム~国家医薬品リストFORNAS、政府のOGBリスト、価格規制、薬価水準など
 ・輸入薬の承認・登録等に関する規定、海外からの直接投資枠の制限
 ・最近の動向~社会保障制度改革への政府の対応など~
 
2.フィリピン
 ・医療保険制度~公的医療保険フィルヘルス~
 ・保険給付システム・医療提供体制
 ・医薬品市場規模と市場構造
 ・薬価制度と保険償還システム~国家必須医薬品リスト、価格規制、薬価水準など
 ・政府による医薬品の並行輸入実施
 ・最近の動向~2019年2月成立のユニバーサルヘルスケア法、2020年2月の新たな薬価規制に関する大統領令の発行など
 
3.タイ
 ・医療保険制度~3つの公的医療保険「 公務員医療給付制度」「社会保険制度」「国民医療保障制度」
 ・保険給付システム
 ・医療提供体制
 ・医薬品市場規模と市場構造
 ・薬価制度と保険償還システム~国家必須医薬品リスト、HITAPによる薬剤経済評価、価格規制、薬価水準など
 ・特許薬に対する強制実施権の発動
 ・最近の動向 ~2019年10月施行の薬事法改正など~
 
4.ベトナム
 ・医療保険制度~強制加入型の社会医療保険SHIと民間保険~
 ・保険給付システム
 ・医療提供体制
 ・医薬品市場規模と市場構造
 ・薬価制度と保険償還システム
  ~SHIのポジティブリスト(National Drug List)、必須医薬品リスト、価格規制、薬価水準など~
 ・医薬品の国内での流通制限について
 ・最近の動向~政府の「医薬品国内生産重視」政策、2017年1月施行の薬事法改正など~
 
5.マレーシア
 ・医療保険制度 ~ユニバーサル・ヘルスケア~
 ・保険給付システム
 ・医薬品市場規模と市場構造~市場規模、GEの市場シェア、 薬価水準など
 ・薬価制度と薬剤給付システム~MOH Drugフォーミュラリ、
  特別承認制度、国家必須医薬品リストNEDL、政府の薬剤調達、価格規制など
 ・最近の動向 ~PAS (Patient Access Scheme) 制度の導入など~
 
6.まとめ
 ・ASEAN諸国の市場特性と留意点
 ・薬価戦略のポイント


【2日目:BRICs諸国の医療・薬価制度の概要と薬価戦略のポイント】

 1.中国
 ・医療保険制度~都市従業員基本医療保険制度と都市・農村部基本医療保険制度
 ・保険給付システム
 ・医療提供体制
 ・医薬品市場規模と市場構造
 ・薬剤の保険償還制度
  ~保険償還薬甲リスト・乙リストと収載プロセス、国家基本薬物目録~
 ・薬価制度と薬価設定の実際
  ~新薬・GEの薬価算定方法、自由価格制度と国家価格交渉、薬価水準など~
 ・医薬品集中入札制度
 ・最新の動向
  ~医薬品流通の両票制の導入、政府と製薬企業による価格交渉の動向、
  「帯量採購」制度の導入とその後の動向、最新版の国家医療保険薬品リスト公表など~
 
2.ブラジル
 ・医薬品市場規模とその特性
 ・医療保険制度~「SUS統一公的医療保険制度」と民間保険~
 ・3種類の公的薬剤給付プログラムとブラジル国民薬局~必須医薬品リスト「RENAME」~
 ・薬価制度~新薬・GEの薬価算定方法、価格調整係数CAP、上限政府販売価格PMVG、薬価水準など~
 ・最近の動向(ANVISAによる医薬品特許の事前承認制度を巡る動向など)
 
3.ロシア
 ・医薬品市場規模とその特性
 ・医療保険制度~強制医療保険OMSと任意医療保険DMS~
 ・薬剤給付プログラム~特定高額疾患患者に対する薬剤給付プログラムVZNと公的薬剤給付制度ONLS~
 ・薬価制度~必須医薬品リストZhNVLS、価格規制と上限出荷価格登録、卸・薬局の公定マージン~
 ・薬剤の公的調達(病院調達、政府による薬剤購入)
 ・最近の動向(薬剤償還制度導入に向けた動きなど)
 
4.インド
 ・医薬品市場規模とその特性
 ・医療保険制度~公的医療保険制度と民間保険~
 ・保険給付システム
 ・薬価制度
  ~医薬品価格規制令DPCO、価格規制の対象となる薬剤リスト、薬価設定の具体的なプロセス、
   NPPAによる薬価監視システム、薬価水準など~
 ・知的財産権保護の問題
 
5.まとめ
 ・BRICsの市場特性と留意点
 ・薬価戦略のポイント

 □質疑応答□
<ご参加の皆さまへ>
このセミナーでは、より有意義なセミナーにさせていただくため、皆さまから、①現場でのお困りの事例や、②判断がつかずお悩みの事例、または、③社内で判断に困っておられる事例などを募集いたします。

■事前リクエスト・質問はこちらから■