セミナー 印刷

【発刊記念講演会(Live配信対応)】
リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法
-各データベースの選択と組み合わせ-

~活用事例:HTA/製造販売後調査/臨床開発/意思決定/承認申請/機械学習/マーケティング~

このセミナーは【会場での受講】の他に、【Live配信】でのご受講が可能です。
※Live配信セミナーは、自宅やオフィスからWebにて受講いただけます。またテキストは事前に郵送いたします。
~新刊書籍「リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法
-各データベースの選択と組み合わせ-」発刊記念特別セミナー~


リアルワールドデータを活用するために各データベースがどのような特徴を持っているか?
組み合わせるための選択と構築方法、データベースの特性の理解、活用されている領域、実際の事例についてを解説

また、GPSP省令改正の内容と製造販売後データベース調査(PMS)の背景について詳しくご紹介!

★書籍購入者様 特別割引★

※本年3月末発刊書籍「リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法-各データベースの選択と組み合わせ-」
執筆に携わられた著者様により、書籍の理解を助ける内容として解説をいただく場を設けさせていただきました。
書籍ご購入者は
特別価格にて参加頂けます(※詳細は本ページ「特典」欄をご覧ください)
 

◎リアルワールドデータを実務活用できるように生かせるべく、2日間にわたり解説!
 
 ≪受講により得られる知識≫
 ◆1日目:
 ・リアルワールドデータの概要、リアルワールドデータの種別と特性
 ・リアルワールドデータの現状とその意義、NDB研究の意義と留意点、NDBオープンデータ活用研究のポイント、
  海外動向、わが国におけるNDBと介護データベースの連結、科学的介護のデータベース(VISIT,CHASE)についての
​      動向など
 ・データ特性に関する知識、データの前処理に関する知識、データガバナンスに関する知識、データベースの
  組み合わせから活用するまでのプロセスに関する知識


 ◆2日目:
 ・最新のマーケティング戦略、経営戦略立案におけるデータ分析とシナリオプランニングの考え方
 ・医薬品の処方と処方後に発生するイベントについての因果推論の考え方をおさらい
 ・上記を踏まえ、何故にGPSP省令は改正する必要があったのかまたどのようにしてこの省令に準拠しながら
  医薬品の副作用発現の同定や、他の治療と比べたリスクの増加現象を確認する研究デザインを策定したらよいのか、
  そのヒント
 ・費用対効果評価への活用が可能なRWDの種類、費用対効果評価(日本版HTA)の概要
 ・日本版HTAにおけるRWDの使いどころ、日本版HTAにおけるRWDの利用可能性
 ・リアルワールドデータの種類と活用可能性についての俯瞰的な知識および活用事例を知ることができる

 

【スケジュール】
 
【1日目】:10月14日(水)  

 セッション1 「リアルワールドデータの概要と利用可能性
                                                                   ~各データベースの特性~」

 セッション2 「リアルワールドデータの活用事例
           -ナショナルデータベース研究活用における事例解説- 」

 セッション3 「複数のデータベースの組み合わせによる
                  データ構築と統合/抽出 ~解析手順~」

 セッション4 「リアルワールドデータを使った予測モデル
                                                  ~機械学習との組み合わせによる活用~」

 
【2日目】:10月15日(木)  

 セッション1 「医薬品の開発、販売活動のための
                                     リアルワールドデータの利活用<マーケティング>」

 セッション2 「 製造販売後データベース調査(PMS)
                  ~改正GPSP省令との関わり~」

 セッション3 「リアルワールドデータの活用事例
                                         -リアルワールドデータの医療経済評価への活用-


 セッション4 「リアルワールドデータの活用事例
                                     -製薬会社におけるRWD活用の取り組みとその課題-」

 
日時 【1日目】 2020年10月14日(水)  10:30~17:45
【2日目】 2020年10月15日(木)  10:30~17:45
会場 【1日目】 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
【2日目】 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
77,000円 ( S&T会員受講料 73,150円 ) S&T会員登録について
定価:本体70,000円+税7,000円
会員:本体66,500円+税6,650円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:55,000円/S&T会員 52,250円 )


※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 ※上記は2日間両日申し込みの受講料となります。
 
【2名同時申込みで割引キャンペーン】 

2名で定価:77,000円 (70,000円+税)(2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり実質38,500円

<1日のみ受講をご希望の場合>
   ■会場:受講料(税込):55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 )   
 ■Live:受講料(税込):35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 ※下記申し込み画面からお申込み頂き、通信欄に必ず参加日を記載して下さい。弊社で確認後、改めて連絡します
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
特典【2020年3月発刊書籍「リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法
                                                              -各データベースの選択と組み合わせ-」購入者優待特典】​


優待価格:会場 38,500円(35,000+税) /  Live   35,200円(32,000+税)

当講演の開催元となる『リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法-各データベースの選択と組み合わせ-』
書籍(2020年3月発刊)ご購入者様は、お一人様より上記優待価格にてセミナーにご参加いただけます。
通信欄に「RWD書籍購入優待」とご記入ください。

※会員価格の適用はございません
※1冊の書籍につき、同一法人内であれば何名様でもご利用いただけます。
※2名同時申し込みとの併用はできません。
<1日のみ受講希望の場合> 
■会場 :27,500(25,000円+税) / ■Live 26,400(24,000円+税)
※下記申し込み画面からお申込み頂き、通信欄に必ず参加日を記載して下さい。弊社で確認後、改めて連絡します
 
オンライン配信■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■
映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。
  詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【テキスト】
  紙媒体にて、事前にご郵送いたしております。
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
 
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、もしくは、2名同時1名無料キャンペーンを適用する場合は、
    会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  必ず、以下の視聴テストおよび視聴環境を事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  なお、目安として10~20Mbps程度の回線速度が必要となります。 

■視聴テスト■ ≫ 視聴環境
備考※資料・会場受講は昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮頂く場合があります(会場)

セミナー講師

【1日目】
■セッション1 『 リアルワールドデータの概要と利用可能性  ~各データベースの特性~ 』
 リアルワールドデータ株式会社 RWD事業部 営業・ソリューション部 服部 雅優 氏
 【講師紹介】

■セッション2 『 リアルワールドデータの活用事例  -ナショナルデータベース研究活用における事例解説-  』
 日本医療伝道会衣笠病院グループ相談役 武藤正樹 氏​
  【講師紹介】

■セッション3 『 複数のデータベースの組み合わせによるデータ構築と統合/抽出 ~解析手順~ 』
 塩野義製薬株式会社 ヘルスケア戦略本部 データサイエンス室 木口 亮 

 【講師紹介】

■セッション4 『 リアルワールドデータを使った予測モデル ~機械学習との組み合わせによる活用~ 』
 IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社    Real World Evidence Solutions シニアプリンシパル 松井 信智 氏
 【講師紹介】

 

【2日目】
■セッション1 『 医薬品の開発、販売活動のためのリアルワールドデータの利活用<マーケティング> 』
 日医工株式会社 ONCO-BS部 瀧川 雅行 氏

 【講師紹介】

■セッション2 『 製造販売後データベース調査(PMS) ~改正GPSP省令との関わり~ 』
 中外製薬株式会社 安全性リアルワールドデータサイエンス部 部長 青木 事成 氏

 【講師紹介】

■セッション3 『  リアルワールドデータの活用事例 リアルワールドデータの医療経済評価への活用  』
 クレコンメディカルアセスメント株式会社    シニアマネージャー 村田 達教 氏

 
【講師紹介】

■セッション4 『  リアルワールドデータの活用事例  製薬会社におけるRWD活用の取り組みとその課題 』
 大塚製薬株式会社 メディカル・アフェアーズ HEOR/RWEグループマネジャー 兼
          新薬開発本部クリニカルサイエンス中枢領域グループ1 マネジャー 小串 健太郎 氏

 
【講師紹介】
 

セミナー講演内容

【1日目】2020年10月14日(水)   ※項目名・構成について変更の可能性ございます。
□10:30〜12:00  セッション1
『リアルワールドデータの概要と利用可能性  ~各データベースの特性~​』

  リアルワールドデータ(株) RWD事業部 営業・ソリューション部 服部 雅優 氏

講演趣旨:
   近年、リアルワールドデータの利活用が活発化している。リアルワールドデータ構築に医療されている
  データの仕組み、およびデータベースの特性について、民間データベースを中心に国の動向も踏まえて解説する。

1.リアルワールドデータの概念

2.診療情報・医事会計情報等データベース
 A) 公的保険の仕組みとデータの成り立ち
 B) レセプトデータ
 C) DPCデータ
 D) 電子カルテ(Electronic Medical Record; EMR)

3.国の取り組み
 A) Medical Information Database Network (MID-NET)
 B) クリニカル・イノベーション・ネットワーク(Clinical Innovation Network; CIN)
 C) レセプト情報・特定健診等情報データベース(National Database; NDB)
 D) DPCデータ
 E) 介護データ

4.民間データベース
 A) 被雇用者保険者由来レセプトデータベース
 B) 調剤薬局レセプトデータベース
 C) DPCデータベース
 D) 電子カルテ統合データベース
 E)次世代医療基盤法のもとの認定事業者が提供する匿名加工医療情報

5.疾患レジストリデータベース
 A) 法律に基づくレジストリ
  ① がん登録
  ② 脳卒中・循環器病領域
 B) 学会主導のレジストリ

6.その他のデータベース
 A) 有害事象データベース(JADER)
 B) 子どもの健診に関するデータベース
 C) 患者由来データ・モバイル端末由来データ

   □質疑応答・名刺交換□

 
□12:45〜14:15  セッション2
『 リアルワールドデータの活用事例 -ナショナルデータベース研究活用における事例解説-  

   日本医療伝道会衣笠病院グループ相談役 武藤正樹 氏​ 

◆講演趣旨:
   我が国におけるリアルワールドデータ研究の経緯を振り返り、その研究の事例としてナショナルデータベース(NDB)を
       活用した研究事例を、2019年8月に行われた第2回NDBユーザー会における発表事例から解説する。またNDBオープン
       データに関する研究事例も合わせて紹介する。
       さらに海外の研究事例特に韓国のHIRAの事例についても紹介する。また現在進行中のNDBと介護データベースの連結や
  科学的介護データベースの現状と今後の展望についても紹介する。

 
1.我が国のリアルワールドデータ研究の経緯
2.わが国のNDB形成の経緯、NDB活用研究事例の10例の紹介
3.NDBオープンデータを用いた研究、海外とくに韓国のHIRAの事例の紹介
4.NDBと介護データベースの連結や科学的介護データベースであるVISIT,CHASEの現状と今後の展望について

   □質疑応答・名刺交換□
 
□14:30〜16:00  セッション3
『 複数のデータベースの組み合わせによるデータ構築と統合/抽出 ~解析手順~ ​』

   塩野義製薬株式会社 ヘルスケア戦略本部 データサイエンス室 木口 亮 氏​ 

◆講演趣旨:
   「データドリブンで新たな知見を見出したい」「データベースを一元管理して効率的な活用をしたい」「顧客のニーズを
  探索しサービスの質を向上したい」目的は種々あるだろうが、複数のデータベースを組み合わせたいというモチベーションは
  多くの方が持っていることだろう。
    一方で、その目的は達成するために最も重要なのがデータベースの特性を知りデータドリブンな前処理をすることである
  ことを理解している方は少ないのではないだろうか。
   本講演では、事例を交えながらデータドリブンな前処理から複数のデータベースの組み合わせ方法までを解説する。

1.なぜデータを組み合わせるのか

2.組み合わせるデータベースを検討する際の留意点

  2.1 データ構造について
  2.2 データ特性について
   2.2.1 データの質および量
   2.2.2 データの鮮度

3.組み合わせるデータベースの準備(前処理)
 
3.1 組み合わせるデータベースの準備方法 ~「一次データ」・「二次データ」・「三次データ」とは~
  3.2 データハンドリング~データドリブンなプログラミング言語選択~
  3.3 データの標準化

4.データベースの組み合わせ方法
 
4.1 データガバナンス
  4.2 データベースの結合方法

5.事例紹介

□質疑応答・名刺交換□


 
□16:15〜17:45  セッション4
『 リアルワールドデータを使った予測モデル ~機械学習との組み合わせによる活用~ ​』

   IQVIAソリューションズ ジャパン(株)   Real World Evidence Solutions シニアプリンシパル 松井 信智 氏

◆講演趣旨:
   リアルワールドデータ(RWD)は、製薬企業におけるエビデンス創出や安全性解析、マーケティング戦略立案等で
      活用が進んできた。最近では、機械学習や深層学習の普及に伴い、RWDで予測モデルを開発して社会実装したい
      という声が製薬企業以外からも増えている。
       本講座では「予測モデル構築/モバイルヘルス(mHealth)搭載による社会実装」について、国内外の実例を
      交えながら紹介していく。

  1. 予測モデルへの多様なニーズ
  2. 予測モデルの事例 (海外)
  3. 予測モデルの事例 (国内)
  4. 予測モデルの社会実装方法と事例


 □質疑応答・名刺交換□

 
【2日目】2020年10月15日(木)

□10:30〜12:00  セッション1
『 医薬品の開発、販売活動のためのリアルワールドデータの利活用<マーケティング> 』​

   日医工株式会社 ONCO-BS部 瀧川 雅行 氏

◆講演趣旨:
   医療ビッグデータである患者レジストリー、保険データベース、電子カルテ、その他についてまとめる。
   また、マーケティングの利活用について最新のマーケティングの考え方からみたデータの解釈、扱い方、マーケティングに
   おけるデータの役割と今後の展開を解説。

1.医療ビッグデータ
 1.1 患者レジストリー
 1.2 保険データベース
 1.3 電子カルテ
 1.4 その他

2.マーケティングの利活用

3.まとめ
 
   □質疑応答・名刺交換□

 
12:45〜14:15  セッション2
『 製造販売後データベース調査(PMS) ~改正GPSP省令との関わり~ 』

   中外製薬株式会社 安全性リアルワールドデータサイエンス部  部長  青木 事成  氏

◆講座趣旨:
  
 「要するに、結論は何ですか。」クックブック(Cook book、料理の手順書)信奉の常とう句である。
       という書き出しで始まる本テーマは28ページという、本書籍の中でも最も長いパートとなった。
   GPSP省令の改正の前後比較表だけに興味がある人にはこれはあまりに冗長といえるだろう。
   一方、より詳しくその背景事情等を知りたいという方には自信をもってお薦めしたい。
       今回はその内容紹介に関する講座である。
 
1. 仮説の生成とは
 1.1 サリドマイドによる催奇形性
 1.2 仮説生成の社会システムを考える

2. 仮説の検証とは
 2.1 レンツ博士が行った仮説検証とは
 2.2 現代日本における仮説検証の工程
 2.3 現代の欧米での仮説検証の工程

3. 省令改正のトリガーとなった薬害再発防止策
 3.1 薬害再発防止のための医薬品行政等への提言
 3.2 医薬品リスク管理計画(RMP)の義務化と公開
 3.3 医療データ活用の促進

4. 改正GPSP省令の中身とは
 4.1 旧来のGPSP省令が抱えていた課題
 4.2 改正されたGPSP省令
 4.3 GPSP関連文書群

   □質疑応答・名刺交換□
  
14:30〜16:00  セッション3
『 リアルワールドデータの活用事例 -リアルワールドデータの医療経済評価への活用- 』

   クレコンメディカルアセスメント株式会社    シニアマネージャー 村田 達教  氏​

◆講座趣旨:
   2019年4月より日本の薬価制度に費用対効果評価制度が導入されました。この制度は、主に有用性系加算が認められた
  新規技術のうち、特に市場規模の大きい品目について、その費用対効果を評価しその結果を価格調整に用いるというものです。
  この評価には対象品目の有効性情報だけでなく、既存技術の治療実態やアウトカム、費用に関する情報が必要になりますが、 
  RWDの利用が有用な場面も多くあります。
   本講座では、費用対効果評価制度の概要とRWDの活用可能性をお話しいたします。

1. 費用対効果評価への活用が可能なRWDの種類
2. 費用対効果評価(日本版HTA)の概要
3. 日本版HTAにおけるRWDの使いどころ
4. 日本版HTAにおけるRWDの利用可能性

 4.1 治療実態を明らかにする研究
 4.2 イベント発生率の比較研究
 4.3 費用効果分析におけるイベント単価の推計
 4.4リアルワールドにおける医療資源消費量の解析

 
   □質疑応答・名刺交換□
 

□16:15〜17:45  セッション4
『 リアルワールドデータの活用事例 -製薬会社におけるRWD活用の取り組みとその課題- ​』

   大塚製薬株式会社 メディカル・アフェアーズ部 小串 健太郎 氏 

◆講座趣旨:
   製薬会社におけるリアルワールドデータの活用状況について、現在活用可能なデータの種類と目的に応じた
  活用事例について紹介する。現在はレセプトなどの医療データベースが主に用いられているが、市販後安全性調査データ,
    電子カルテの医療記録や患者レジストリなども活用可能でありこれらの傾向,活用事例および今後の展望について触れたい。
   
1.  製薬会社におけるリアルワールドデータ活用の潮流
 1.1
リアルワールドデータ活用事例のトレンドについて
           1.2 製薬会社におけるリアルワールドデータの関連部署について

          2. リアルワールドデータの活用事例
           2.1エビデンス(論文化)としてのリアルワールドデータ
            2.1.1 製造販売後の安全性に関する調査
            2.1.2 治療の処方実態およびアウトカム調査
            2.1.3 処方実態・パターン調査
            2.1.4 アドヒアランス(服薬遵守)や継続率・入院率の推定
            2.1.5 リアルワールドデータを用いた疾病費用の負担調査
            2.1.6 新規データベース構築によるアウトカム調査
            2.1.7 システマティックレビューによるリアルワールドデータからのリスク評価
            2.1.8 Patient Reported Outcome (PRO)

          3.論文公表を伴わないリアルワールドデータの活用事例
           3.1 新薬の薬事承認申請におけるサポートデータ
           3.2 医療技術評価(Health Technology Assessment,HTA)
           3.3 マーケットリサーチとしての活用
            3.4 治験/臨床試験の実施可能性調査

          4.今後の展望と課題


   □質疑応答・名刺交換□