セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 割 引 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信限定】~特別セミナー~
海外データ(試験施設)/海外導入品の信頼性基準適用と
効率的なデータ利用・CTD申請

~非GLP試験の信頼性確保及び海外導入品のスムーズな国内申請・CTD作成対応を解説~

本セミナーは、【Live配信】のみの開催になります。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
~新刊書籍「海外データ(試験施設)/海外導入品の信頼性基準適用と
効率的なデータ利用・CTD申請」発刊記念特別セミナー~


日本独自の「信頼性の基準」を海外ではどのように展開すれば適切に実施して貰えるのか?
本邦特有の非GLP試験における信頼性確保の考え方、海外CROへの試験委託する場合の対応や、
海外導入品の日本国内申請における効率的なデータ利用、CTD作成、導入元/導入先での管理体制等、
製薬各社のグローバル展開における苦慮する事項について解説!


★書籍購入者様 特別割引★
※本年2月末発刊書籍「海外データ(試験施設)/海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請」
執筆に携わられた著者様により、書籍の理解を助ける内容として解説をいただく場を設けさせていただきました。
書籍ご購入者は
特別価格にて参加頂けます(※詳細は本ページ「特典」欄をご覧ください)
 

◎本邦特有である申請資料の「信頼性の基準」や海外導入品の国内申請への対応等、
実務で生かせるべく、2日間にわたり解説!

 
 ≪受講により得られる知識≫
 ◆1日目:
 ・本邦特有の非GLP試験における信頼性確保の考え方
 ・薬理試験、薬物動態試験及びCMCそれぞれ特有の考え方や違い
 ・海外CROへの試験委託する場合や、海外からの導入時のデータ信頼性の確認ポイント
 ・欧米での既承認薬を導入する場合のCMC申請資料の活用法における実務的なノウハウ
 ・CMC特有の留意事項をふまえたCTD申請資料の作成法・導入品の効率的な照会事項回答手順


 ◆2日目:
 ・海外導入品の国内申請における申請・審査対応・管理体制等(導入元,導入先)
 ・開発品を海外から導入する場合の、日本用のCTD・申請書作成対応のポイント
 ・海外導入品の非GLP試験資料を日本国内申請で使用する場合の効率的な利用の考え方
 ・海外導入品のライフサイクルマネジメント及びCMC申請・審査対応における留意事項


【スケジュール】
 
【1日目】:7月13日(月)  
 非GLP試験(CMC)における信頼性確保の考え方・問題事例
~海外CROへの試験委託・海外からの導入時のデータの信頼性確保等~

 セッション1 「本邦特有の非GLP試験における信頼性確保及び
         実経験に基づく海外試験施設の実際・利用時の考え方」

 セッション2 「CMC試験における信頼性基準適用の考え方と問題事例」

 セッション3 「海外導入品CTD申請のCMC分野における留意点」



 
2日目】:7月14日(火) 
海外導入品の国内申請対応:
効率的かつスムーズなデータ利用・CTD作成に向けて
~導入元・導入先における対応及びCTD-Q作成の留意事項~

 セッション1 「海外導入品の国内申請対応(導入元・導入先)及び
                          CTD-Q作成の留意事項」

 セッション2 「海外導入品の国内申請における効率的なデータ利用と課題【非臨床】」

 セッション3 「海外導入品のライフサイクルマネジメント及び
                          CMC申請・審査対応における留意事項」

 
日時 【1日目】 2020年7月13日(月)  10:30~16:25
【2日目】 2020年7月14日(火)  10:30~16:30
会場 【1日目】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
【2日目】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:55,000円/S&T会員 52,250円 )


※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 ※上記は2日間両日申し込みの受講料となります。
 
【2名同時申込みで割引キャンペーン】 

2名で定価:77,000円 (70,000円+税)(2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり実質38,500円

<1日のみ受講をご希望の場合>
 受講料(税込):41,250円 ( S&T会員受講料 39,160円 ) 
   定価:本体37,500円+税3750円
   会員:本体35,600円+税3560円


 ※【2名同時申込みで割引キャンペーン】 の場合:
  2名で定価:61,600円(56,000円+税)(2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり実質30,800円
 
特典【2020年2月発刊書籍「海外データ(試験施設)/海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請」購入者優待特典】​
優待価格:32,000円(税抜)

当セミナー開催の元となる『海外データ(試験施設)/海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請』書籍(2020年2月発刊)ご購入者様は、お一人様より上記優待価格にてセミナーにご参加いただけます。
お申込みの際、該当の申込み形態を選択いただき、通信欄に「海外導入品 書籍購入優待」とご記入ください。

※会員価格の適用はございません
※1冊の書籍につき、同一法人内であれば何名様でもご利用いただけます。
※2名同時申し込みとの併用はできません。
<1日のみ受講希望の場合> 
下記金額にてご受講いただけます。


 定価:26,400(24,000円+税)
ライブ配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より連日での受講でなく、どちらか片方のみのご参加希望の場合は弊社までお問合せください。

セミナー講師

【1日目】
■セッション1 『 本邦特有の非GLP試験における信頼性確保及び実経験に基づく海外試験施設の実際・利用時の考え方 』
 (株)大塚製薬工場 薬制部 試験監査課 専任課長 松永 秀光 氏
 【講師紹介】

■セッション2 『 CMC試験における信頼性基準適用の考え方と問題事例 』
 (株)東レリサーチセンター  医薬信頼性保証室 元室長 川口 謙 氏​
  【講師紹介】

■セッション3 『 海外導入品CTD申請のCMC分野における留意点 』
 ルートT技術士事務所 代表 根木 茂人 氏
 【講師紹介】


【2日目】
■セッション1 『 海外導入品の国内申請対応(導入元・導入先)及びCTD-Q作成の留意事項 』
 武州製薬(株) 川越工場 川越品質保証部 副部長 津布久 悟 氏

 【講師紹介】

■セッション2 『 海外導入品の国内申請における効率的なデータ利用と課題【非臨床】』
 大塚メディカルデバイス(株) 大塚EVTプロジェクト 顧問 内藤 真策  氏​

 【講師紹介】

■セッション3 『  海外導入品のライフサイクルマネジメント及びCMC申請・審査対応における留意事項  』
 神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 特命教授 李 仁義 氏

 
【講師紹介】
 

セミナー講演内容

【1日目】2020年6月18日(木)
□10:30〜12:20  セッション1
本邦特有の非GLP試験における信頼性確保及び実経験に基づく海外試験施設の実際・利用時の考え方​』

  (株)大塚製薬工場 薬制部 試験監査課 専任課長 松永 秀光  氏

講演のねらい:
日本において、医薬品・医療機器等を承認申請する場合は、GCP、GLP、信頼性の基準及びGMPなど、様々なレギュレーションが関係してくる。その中でも、信頼性の基準については、各社に試験実施システムの構築を任されているが、信頼性の基準発足当時の各社のメンバーは定年退職、昇進または部署異動等で、実務者は世代交代の時期に来ていると感じる。

・前半では、製薬会社や試験受託機関に就職した方々に対しては、どのような考え方や視点で試験を実施し試験の信頼性を表現すれば「信頼性の基準」に合致するのか、信頼性の基準の変遷とともに。また、部署異動等によって新たに「信頼性の基準」に携わることになった方々には、今までご自分が経験したレギュレーション(GLP、GMP又はGCP等)を起点に、「信頼性の基準」との比較・応用が容易になるように。更に「信頼性の基準」の中でも、薬理試験、薬物動態試験及びCMCそれぞれ特有の考え方や違いについても解説したい。

・後半では、海外では認知されていない日本独自の「信頼性の基準」を、海外(特に米国)ではどのように展開すれば適切に実施して貰えるのか、海外CROに試験委託する場合や海外からの導入時のデータの信頼性等をイメージしてチェックポイントを列挙すると伴に、語学があまり得意ではない方の対応方法についても自らの経験から解説したい。

【1】 日本特有の非GLP試験における信頼性確保の考え方・留意事項
   ~GLP/GMPとの比較・相違と試験効率化に向けて~
はじめに
1. 信頼性の基準の発足理由
2. 社内の信頼性の基準のシステム構築
 
2.1 各社のシステム構築の流れ
 2.2 施設をマネジメントする者
 2.3 試験の責任者
 2.4 QC/QA
3. 信頼性の基準とGLP/GMPとの相違
 3.1 施設をマネジメントする者
 3.2 試験責任者
 3.3 QA
 3.4  手順書(SOP)
 3.5 試験計画書と最終報告書
 3.6 機器
 3.7 試験の一部委託
 3.8 被験物質(標準物質)
 3.9 その他
4.    過去の適合性調査から今へ ~調査形式の移行~
 4.1.    信頼性の基準発足当初
 4.2.    その後
 4.3.    現在
5.    データインテグリティー(DI)~信頼性の基準への影響を考える~
 
5.1 DIとは
 5.2 DIの影響
  5.2.1 経営層の関与
  5.2.2 生データの定義
  5.2.3 ブランクフォームの管理
  5.2.4 アクセス制限と監査証跡
 5.3 信頼性の基準とDI
6.    試験の委託(国内CRO・大学施設・海外CRO)
 
6.1 国内CROの現状と監査
 6.2 海外CRO:委託時に苦慮する点と対応
 6.3 大学施設での実施・委託
7.    記録の取り方:苦慮したケースと学んだこと
8.    データのねつ造、隠匿、隠蔽と内部告発

 8.1 不都合試験の隠匿
 8.2 バックデート
9.    SOP
 9.1 SOPに記載されていないこと~CMC分野と薬理試験・薬物動態試験での考え方の違い~
10. チェックリストの効果的な利用
11. QCとQA 

 11.1 CとQAの関係性
 11.2 QCとQAの実施タイミング
12.    CMC分野とGMP
 12.1 DIの導入の可能性
 12.2 ICH Q9とQ10
13.    科学性と信頼性
おわりに

【2】海外CROへの試験委託時の効果的な施設調査のコツ
  ~実経験に基づく海外施設の実際と海外データ利用時の考え方~

はじめに
1.    海外のCROを利用するケース

 1.1 プロジェクト導入のケース
 1.2 外資系企業のケース
2.    海外の大学
 2.1 大学施設のGLPと信頼性の基準
 2.2 Non-GLP大学施設とのコミュニケーション
3.    FDA申請について~FDA-GLP観点の重要性~
 3.1 FDA Form 483
 3.2 EIR
 3.3 Warning Letter
4.    海外からの導入プロジェクト~海外で既に実施した非GLP試験を日本申請する場合~
5.    海外CRO調査のチェックポイント

 5.1 チェック項目~各項目の留意事項とポイント~
6.    海外データと適合性書面調査
 
6.1.    以前の調査
 6.2.    最近の調査傾向
7.    海外CRO施設調査
 
7.1.    事前の質問
 7.2.    訪問調査
8.    海外施設の注意点
 
8.1.    M&Aによる資料紛失・廃棄
 8.2.    M&Aによる試験責任者の不在
9.    データインテグリティー(DI)~信頼性の基準への影響と海外施設の現状~
10.    CMC分野について
おわりに

   □質疑応答・名刺交換□

 
□13:10〜15:00  セッション2
『 CMC試験における信頼性基準適用の考え方と問題事例 

   (株)東レリサーチセンター  医薬信頼性保証室 元室長 川口 謙 氏​ 

◆講習のねらい:
CMC試験における我が国の信頼性の基準適用試験について、【入門編、国内編】として、問題事例などを紹介しながら、信頼性基準適用の考え方を分かりやすく解説する。医薬品申請のための試験では、生データの取扱いと、それに基づく試験報告書作成、さらには、再分析に付随する不採用データや逸脱への対応と品質システムのあり方が信頼性確保の基本になる。
ここでは定量試験から定性試験、さらには構造決定試験におけるQC/QA実施のチェックポイントを踏まえて、見落としやすい例も交えて紹介する。

 
はじめに
1. 申請資料の信頼性の基準について

 1.1 正確性
 1.2 完全性・網羅性
 1.3 保存
 1.4 データインテグリティとの関係
2. 申請資料の信頼性の基準が制定された背景
 2.1 ソリブジン事件
 2.2 申請資料の信頼性の基準の制定
3. 問題事例
 3.1 「正確性」に関する問題事例
  例1. 試験報告書では詳細に試験方法が記載されているが、生データには記載がない
  例2. 生データなどに試験番号の記載がない、あるいは試験番号の誤記
  例3. 試験結果に計算間違いがある
  例4. 分析機器の定期点検がなされていない(点検忘れ)
  例5. 標準品、試薬、試液などの有効期限切れ
  例6. 管理温度の逸脱
  例7. データや試験報告書の確認(チェック)や承認の不備
 3.2      「完全性・網羅性」に関する問題事例
  例8. 再測定や不採用データに関する問題事例
  例9. クロマトグラム番号に欠番がある
  例10. 合格するまで再測定している
  例11. クロマトグラムを再解析したが、初回の解析データがない
  例12. 生データに関する問題事例
  例13. 機器に付属したコンピュータ及び電子データの管理に関する問題事例
3.3 「保存」に関する問題事例
  例14. 資料保存施設で記録類を管理していない
  例15. 資料保存庫内の保存資料が探し出せない
  例16. 資料保存施設の環境
  例17. 記録の不備、資料保存責任者の機能不全
  例18. 電子データの保存の不備
おわりに

   □質疑応答・名刺交換□

 
□15:15〜16:25  セッション3
『 海外導入品CTD申請のCMC分野における留意点 ​』

   ルートT技術士事務所 代表 根木 茂人 氏​ 

◆講演のねらい:
1.    海外特に欧米で承認された薬剤を日本に導入する場合のCMC申請資料の活用法に関する実務的なノウハウをお伝えします。
2.    CMC特有の注意事項と、信頼性あるCTD申請資料の作成法について解説します。
3.    翻訳をする場合の留意点を紹介します。
4.    効率的な導入品の照会事項回答手順をお示しします。

 
1.    はじめに
2.    CTD日本申請におけるM3、M2.3とM1

 2.1.    モジュール2.3(M2.3)の違い
 2.2.    CTDの構造
 2.3.    M2.3とM1
3.    根拠資料の入手と保管管理
 3.1.    不足データの検証
 3.2.    M3の根拠資料
 3.3.    M3根拠資料の入手
 3.4.    根拠資料の保管
 3.5.    根拠資料とM3の紐付け
 3.6.    根拠資料を元にM3を読み込む
 3.7.    現地確認
4.    M2.3翻訳時の注意点
 4.1.    優先順位
 4.2.    M2.3に入れる項目
 4.3.    用語の統一
5.    承認申請書作成上の課題
6.    申請資料作成手順まとめ
7.    照会事項対応

 7.1.    回答基本方針
 7.2.    照会事項回答書の作成の実作業留意点
8.    まとめ

□質疑応答・名刺交換□
 

 
【2日目】2020年6月19日(金)

□10:30〜12:10  セッション1
『 海外導入品の国内申請対応(導入元・導入先)及びCTD-Q作成の留意事項 』​

   武州製薬(株) 川越工場 川越品質保証部 副部長 津布久 悟 氏

◆講習のねらい:
開発品を海外から導入する場合、CMC関連の情報を日本用のCTD及び申請書として作成を行う必要があります。また、本作業と併せ、承認及び上市に向けては多くのCMCに関連した対応業務があります。これらに対応するポイントなどをお示しできればと考えます。 

 
【1】海外導入品の国内申請:申請・審査対応・管理体制等 ~導入元,導入先での対応~
1. 申請資料作成上の一般的な留意点

  1.1 医薬品製造販売申請書(申請書)
  1.2 Master File (MF)
  1.3 CTD
    1.3.1    M2項
    1.3.2    M3項
    1.3.3    A項
2. 導入形態
3. 導入時期

  3.1 Phase1(P1)以前
  3.2 P1以降~P3まで
  3.3 P3以降~申請まで
4. 作業分担
  4.1 導入元
  4.2 導入先
5. その他の対応事項
  5.1 導入先における第三者機関の利用
    5.1.1    製造,包装を委託する場合
    5.1.2    試験を委託する場合
  5.2 導入先における製造作業実施上の課題
  5.3 各種試験(受け入れ試験、出荷試験)実施上の課題
  5.4 カルタヘナ法への対応
  5.5 導入製品の輸送上の課題
    5.5.1    輸送中の温度、衝撃管理
    5.5.2    輸送にかかわる規制上の課題
6. 管理体制構築への対応
  6.1 導入先における体制構築上の留意点
  6.2 導入元
7. 開発スケジュール管理のポイント
8. 会議を開催する上でのポイント
9. 日常の通信の重要


【2】海外導入品のCMC申請資料作成:医薬品製造販売申請書、CTD、MF等
~各CMCパートでの製造販売承認申請書,CTDなど申請資料への対応~

 1. 原薬

  1.1 MF
  1.2 製造販売承認申請書(申請書)
  1.3 CTD
 2. 製剤
  2.1 申請書
  2.2 CTD
 3. 添加剤(原材料)
  3.1 申請書
  3.2 CTD
  3.3 日本薬局方(JP),日本の公定書適合性
  3.4 新規添加剤
 4. その他申請関連での対応
  4.1 ヒト又は動物起源への対応
  4.2 外国製造業者認定
  4.3 照会事項,適合性(書面)調査
  4.4 GMP適合性調査
おわりに

 

   □質疑応答・名刺交換□

 
12:55〜14:35  セッション2
『 海外導入品の国内申請における効率的なデータ利用と課題【非臨床】』

   大塚メディカルデバイス(株) 大塚EVTプロジェクト 顧問 内藤 真策 氏​

◆講習のねらい:
海外導入品の非GLP試験資料を日本国内申請で利用する場合の、効率的な利用の考え方を示したい。
ただし、効率的な利用のために、規制科学的に考えて、いかに無駄を省いて承認申請に対応する必要十分な信頼性の考え方が重要と考えている。

 
はじめに
1.国内試験と海外試験の課題

 1.1  欧米規制からみた信頼性基準の課題
 1.2  日本独自の規制
 1.3  海外試験を信頼性基準に対応
2.国内規制的な信頼性基準
 2.1  非臨床試験における基本的な試験の質
 2.2  企業の創薬体制と試験の質の保証
 2.3  非臨床試験での効率的な質の保証
3.新薬の価値の形成
 3.1  規制的観点からみた信頼性基準の理解
 3.2  新薬の価値の形成
 3.3  新薬の価値を支える信頼性基準
4.海外試験データの効率的な利用
 4.1  海外から新薬の導入
 4.2  海外の試験施設で「信頼性の基準」の理解
 4.3  効率的な海外試験データの利用
おわりに

   □質疑応答・名刺交換□
  
14:50〜16:30  セッション3
『 海外導入品のライフサイクルマネジメント及びCMC申請・審査対応における留意事項 』

   神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 特命教授 李 仁義 氏 

◆講演のねらい:
最近、バイオ医薬品の開発や申請に関わるICHガイドラインが盛んにアップデートされている。また、バイオ医薬品の原薬及び製剤の開発元や製造元が国内外へ散在している。
ここでは、このような環境下で効率的な開発戦略と申請戦略を先々に読み込んで対応するための、国内外のCMCのCTD申請資料の内容を検討する。

はじめに
1.    海外導入品のライフサイクルマネジメントとCMC申請
2.    海外導入品のCMC申請のポイント

 2.1    海外導入品のCMC申請準備
  2.1.1    資料(データ)に関する問題点の例
  2.1.2    海外・国内資料双方を使用する場合
 2.2    海外導入品のCMC申請資料作成
  2.2.1    海外導入品の国内申請にあたって(海外導入品の国内申請での特有事項)
  2.2.2    海外申請資料の品質パートにおける確認ポイント
  2.2.3    海外導入品の国内CMC申請資料の作成時の留意点
 2.3    海外導入品のCMC申請時のライフサイクルマネジメントの検討
3.    海外導入品のCMC審査対応のポイント
おわりに

 

   □質疑応答・名刺交換□