セミナー 印刷

【オンデマンド配信】
二軸スクリュ押出機を用いた
リアクティブプロセシング技術の基礎から応用へ

ポリマーアロイ構造制御、高機能ポリマーブレンド創製、反応押出し、化学改質、、、etc.

視聴期間:申込日から10営業日後まで(期間中は何度でも視聴可)
押出機の構造・スクリュ構成・ ミキシングエレメントの使い方から、
新規ポリマーアロイの開発、構造制御、化学的改質などなど、
コンパウンドだけに留まらず二軸スクリュ押出機を化学反応装置、後処理装置として使いこなすための技術情報を提供!
 
【キーワード】リアクティブプロセシング、反応押出し、二軸スクリュ押出機、ミキシングエレメント、スクリュ形状設計、
分散混合、分配混合、伸長混合、分子切断、ポリマーブレンド、動的加硫、モルフォロジー制御、
グラフト共重合反応、バルク重合、相溶化、界面反応、ナノ分散、滞留時間分布、後処理操作
日時 2024年3月28日(木)  23:59まで申込み受付中/【収録日:2023年11月9日(木) 】※映像時間:4時間33分
会場 オンライン配信セミナー  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の27,500円)

テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】

1名申込みの場合:受講料40,150円 ( E-Mail案内登録価格 38,170円 )
 定価:本体36,500円+税3,650円
 E-Mail案内登録価格:本体34,700円+税3,470円
  ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
  ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
  ※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト
 ※セミナー資料はお申込み時にご指定の住所へ発送させていただきます。
 ※申込み日から営業日3日までに発送いたします。
講師メールアドレスの掲載:有
オンライン配信オンデマンド配信 ►受講方法・視聴環境確認 (申込み前に必ずご確認ください)
備考※WEBセミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
※講師の所属などは、収録当時のものをご案内しております。
※本オンデマンドセミナーは7月に価格改定を予定しております

セミナー講師

静岡大学 イノベーション社会連携推進機構 客員教授 工学博士 酒井 忠基 
【専門】各種の高分子成形加工プロセスと装置およびシステム 【講師紹介

セミナー趣旨

 本講演では二軸スクリュ押出機を反応装置として活用した新規ポリマーアロイの開発、構造制御、ポリマーに対する化学的な改質技術などについて、その基本から適用例に至る総合的な説明を行う。二軸スクリュ押出機を高機能な化学反応装置、さらに後処理装置として活用するためには、スクリュ構成などの装置面からのアプローチばかりでなく、材料面との相乗作用をよく理解することが不可欠となる。ここでは二軸スクリュ押出機を用いたリアクティブプロセシング技術に関する基本的な知識の解説に加えて、研究開発および生産現場における具体的な活用事例を取り上げ、それらを効率的に行うための各種の手法について解説する。 

セミナー講演内容

1.リアクティブプロセシング技術の優位点とその適用分野

2.リアクティブプロセシングに用いられる反応/混練装置

3.反応/混練装置として用いられる二軸スクリュ押出機の概要

4.二軸スクリュの混合/混練の基本概念およびモルフォロジーの形成機構の基礎

5.二軸スクリュの溶融挙動および滞留時間分布とリアクティブプロセシングとの関連

6.リアクティブプロセシングに適用する二軸スクリュの構成とその展開

7.二軸スクリュ押出機におけるモルフォロジーの形成過程の実際

8.リアクティブポリマーブレンドとその適用例

9.熱可塑性を付与する動的加硫プロセスの実際と適用例

10.ナノレベルのモルフォロジーを有するポリマーアロイの形成プロセス

11.ポリマーの重合プロセスと後処理操作への適用例

12.グラフト共重合などのポリマーに対する化学修飾プロセスと関連する操作

13.各種ポリマーに対するケミカルリサイクル操作への適用例