セミナー 印刷

【オンデマンド配信】
高分子技術者のためのレオロジー入門

~材料設計から成形加工まで、トラブルシューティングに役立つレオロジー知識~

視聴期間:申込日から10営業日後まで(期間中は何度でも視聴可)
デボラ数、このパラメータをしっかり理解できていますか? 安易にMFRで樹脂を選んでいませんか? 
メルトフラクチャー、目ヤニ、フィッシュアイ、、、、etc.
高分子ならではのトラブルをレオロジーで考えよう!
日時 2023年2月27日(月)  23:59まで申込み受付中/【収録日:2022年9月26日(月)】※映像時間:3時間20分
会場 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)

テレワーク応援キャンペーン(【Live配信/WEBセミナー1名受講限定】

1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 
定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
  ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
  ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
  ※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可):マイページよりダウンロード
講師メールアドレスの掲載:有
オンライン配信オンデマンド配信 ►受講方法・視聴環境確認 (申込み前に必ずご確認ください)
備考※WEBセミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
得られる知識
・レオロジーに関する基礎知識
・レオロジー評価により加工特性、材料特性を予想・把握する方法
・MFRなど加工現場で用いるレオロジー指標の意味とその使い方
・押出成形・射出成形における加工不良対策
・材料面からレオロジー特性を制御する最新の技術
 
受講対象
・現場で製造、加工などの業務に携わっている方
・樹脂開発を行っている方
・新しい業務のため新たにレオロジー、高分子成形加工について学びたい方

セミナー講師

北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術専攻科 マテリアルサイエンス系 物質化学フロンティア研究領域 
教授 工学博士 山口 政之 氏

【専門】高分子レオロジー、成形加工 【講師紹介
 

セミナー趣旨

 高分子最大の特徴は分子が著しく長いことであり、その特徴を上手く利用して材料設計や成形加工を行わねばなりません。そのためには高分子レオロジーの知見が必要不可欠です。本講座は、数式をほとんど使わずにレオロジーの本質を理解していただき、それを高分子材料の設計や構造解析、さらにはトラブルシューティングを含めた成形加工技術の構築に応用してもらうことを目的としています。

セミナー講演内容

1.レオロジーの概念
 1.1 弾性と粘性の本質 -粘弾性の基本法則を理解する-
 1.2 緩和時間 -緩和現象を定性的に理解する-
 1.3 デボラ数 -成形加工で最も重要なパラメータ、トラブルシューティングの基礎-
 
2.線形粘弾性の基礎 
 2.1 ボルツマンの重ね合わせの原理 -レオロジーは足し算だけで大丈夫-
 2.2 動的粘弾性 -難しい数式を使わずに動的弾性率を理解する-
 2.3 緩和スペクトル -線形粘弾性測定の目的を理解する-
 2.4 周波数依存性と温度依存性 -材料特性の評価方法-
 2.5 合成曲線 -構造変化の確認手法、測定できない領域の情報を得る方法-
 
3.成形加工に必要なレオロジー特性
 3.1 牽引流と圧力流 -せん断流動の与え方-
 3.2 高分子溶融体のせん断粘度 -フローカーブの読み方-
 3.3 高分子溶融体が示す弾性 -スウェル比の決定因子、成形法に適した粘弾性特性とは?-
 3.4 圧力差によるせん断流動 -ダイでのせん断速度を計算する、スリップ速度を評価する-
 3.5 MFRの落とし穴 -MFRでは予測できない流動性-
 3.6 伸長流動下のレオロジー特性 -伸長粘度の重要性と評価法およびその解釈-
 3.7 伸長粘度・溶融張力の制御方法 -成形加工性を向上する手法、張力の評価法-
 
4.トラブルシューティングとレオロジー
 4.1 せん断粘度と伸長粘度 -成形法と流動モード-
 4.2 メルトフラクチャー -発生機構とその対策-
 4.3 Tダイ成形 -ネックイン、レゾナンスの対処法-
 4.4 インフレーション成形 -外部ヘイズ、バブルの安定性向上-
 4.5 目ヤニ、フィッシュアイ -発生機構と解析方法、対策-
 4.6 射出成形 -固体構造の決定因子、流動長の増加法-

キーワード:レオロジー、成形加工、樹脂材料設計、トラブルシューティング