セミナー 印刷

【オンデマンド配信】
R&D技術者向け『光学顕微鏡』活用のススメ

塗膜や金属表面の分析・評価、品質向上から欠陥対策まで、
金属顕微鏡/簡易デジタル顕微鏡の活用術とコツ・テクニック

【本セミナーの注目Point!】


「光学顕微鏡の種類・特徴・基本的な操作手順とは?顕微鏡による表面観察で何がわかる?」
「分析・評価、品質向上、欠陥対策など、R&D部門でどのように顕微鏡を活用するべきか?」
「観察方法による見え方の違いと、観察画像の質の向上に向けた工夫とは?」…などなど、
 他人任せでなく、研究者・技術者自身が自分で観察することで見えてくる、
 より良い製品づくりに向けた光学顕微鏡の活用術を、経験豊富な講師がポイントを押さえて解説します。


【受講対象】
 ・光学顕微鏡の基礎や操作手法を一通り学びたい技術者の方
 ・日々の顕微鏡観察や、より良い観察画像を得るために課題を抱えている方
 ・自社で眠っている光学顕微鏡の活用を模索されている方
 

【セミナーキーワード】
 金属顕微鏡、デジタル顕微鏡、表面観察、断面観察、塗膜観察


このセミナーは、講師と直接メールでQ&Aできる、セミナーの映像収録(2022年4月21日収録)です。
※テキストに講師メールアドレスを記載しています。お申込み日から10日間(営業日)ご視聴いただけます。
視聴期間中は、何度でも・繰り返し視聴可能です。在宅勤務のスキマ時間の有効活用などに、ぜひご検討ください。
 

日時 2022年8月30日(火)  23:59まで申込み受付中/【収録日:2022年4月21日】※映像時間:約1時間15分
会場 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  【視聴期間:お申込み日から10日間(営業日)】
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
27,500円 ( E-Mail案内登録価格 26,070円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体25,000円+税2,500円
E-Mail案内登録価格:本体23,700円+税2,370円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で27,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額13,750円) 
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト【印刷可・編集不可】のみ
※お申込み後すぐに「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」よりダウンロード可能です。
オンライン配信オンデマンド配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講演収録の録音・撮影、複製は固くお断りいたします。

セミナー講師

平山技術士事務所 所長 技術士(化学部門) 平山 中 氏 【講師詳細】
【専門】フッ素樹脂、シリコーン、電子写真用表面材料

セミナー趣旨

 近年、デジタル顕微鏡の普及もあり、光学顕微鏡が利用される機会が増えているようです。しかし、顕微鏡の機能や基本的な操作を理解していないと、目的とした画像が得られず、折角購入した顕微鏡が使われないようなこともあります。
 本セミナーでは、顕微鏡観察の基本と金属顕微鏡の観察方法について、具体的な画像を示しながら解説致します。また、安価な簡易デジタル顕微鏡の観察方法を工夫することで、より高度な画像が得られる方法についても解説致します。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.光学顕微鏡の基礎
 2-1表面観察の目的と表面観察方法
 2-2光学顕微鏡と他の観察方法の比較
 2-3光学顕微鏡の種類と特徴
 2-4光学顕微鏡観察でできること

3.光学顕微鏡観察の基礎と観察事例
 3-1金属顕微鏡観察の手順
 3-2金属顕微鏡の観察方法
 3-3観察方法による見え方の違い
  ・明視野観察
  ・暗視野観察
  ・微分干渉観察
  ・簡易偏光観
 3-4断面観察

4.簡易デジタル顕微鏡の使いこなしと観察事例
 4-1デジタル顕微鏡の特徴
 4-2簡易デジタル顕微鏡と金属顕微鏡による画像の比較
 4-3簡易デジタル顕微鏡の工夫による観察画像の向上
 4-4簡易デジタル顕微鏡の工夫による偏光観察