セミナー 印刷

【オンデマンド配信】
静電気の基礎と化学工場の静電気事故防止講座

実験を通して理解を深め、静電気事故ゼロの組織をつくる


化学工場において、静電気爆発・静電気着火など、出火・火災の原因となる静電気
具体的な対策や現場作業者への教育などに明確なガイドラインがなく、毎年同様の事故が発生しています。

本セミナーでは、化学工場における静電気事故をゼロにするための
静電気の基礎知識、事故事例の解析と原因究明、実際の除電方法やハード対策、未然防止の組織作りについて、
複数の新規化学プラント立ち上げを指揮し、数々の静電気対策・事故の未然防止に取り組んできた
経験豊富な講師が、静電気の性質を学ぶ実験や実際の事故事例を交えて、丁寧に解説します。
 
このセミナーは、講師と直接Q&Aもできる、セミナーの映像収録(2021年10月20日収録)です。
※テキストに講師メールアドレスを記載しています。お申込み日から14日間(営業日)ご視聴いただけます。
日時 2022年3月30日(水)  23:59まで申込み受付中/【収録日:2021年10月20日】※映像時間:約4時間19分
会場 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  【視聴期間:お申込み日から14日間(営業日)】
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※他の割引は併用できません。
 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円 E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト【印刷可・編集不可】のみ ※マイページよりダウンロード可能です。
オンライン配信オンデマンド配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
※申込み後、すぐに視聴可能なため、Webセミナーのキャンセルはできません。予めご了承ください。
備考※Webセミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
得られる知識・静電気事故防止法を学ぶことができる
・いくつかの事例をもとに問題解決ができるようになる
・静電気の測定方法、導通の確認方法、作業床の抵抗の測定方法を習得できる
・事故原因を解明のための工学的手法が活用できるようになる
・社内で事故が確実に減る
対象・化成品製造に関わる技術者、技術チームリーダー、工場長
・工場の労働安全担当者
・化学設備メーカーの方

セミナー講師

一代技術士事務所 代表 技術士(化学部門) 鈴木 孝 氏 【講師詳細】
【略歴】
 ・化学会社勤務時、2011年の東日本大震災を経験し、工場移転に伴う4つのプラントの新規立ち上げに関わる。
  完全復興までのプロセス(工場建設、対外折衝、技術移管)の過程で数多くの異物トラブルの解決に取り組む。
 ・設計時、据付時、稼働性能、稼働時の適格性評価の経験が豊富。
 ・品質管理、生産管理、労務管理、労働安全衛生、公害防止活動、コスト改善等、工場運営全般を得意とする。
  特に廃棄物の有効活用の指導には働き方改革の切り札であると定評がある。
 ・現在個人技術士事務所を開設し、自身が工場長時代に不安だった、企業と企業をつなぐサプライチェーンマネジメント、
  工場の安全診断、市場調査を精力的に行い、化学工場の社長、工場長の不安を取り除く業務を行っている。
【資格】
  技術士(化学部門)、エネルギー管理士(熱)、公害防止管理者(水質1、大気1)
  第一種衛生管理者、高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)

セミナー趣旨

 静電気事故は冬季特有のものではありません。夏季であっても冬季と頻度は変わりません。化学工場の事故の大半は静電気爆発・静電気着火によるものです。各社静電気事故防止細則を定め、対策を行っているのにもかかわらず毎年同様の事故が発生しています。
 学校教育でカリキュラムにない静電気について我々は、現場で正しい対策をとれるでしょうか。静電気は目に見えない、匂いがしないなど五感で検知ができないため、場当たり的な対策をしさらに再発を繰り返すというシナリオが予想されます。どんなにCSR活動に力を入れても、現代のネット社会では一つの事故が風評をあおり、その社会的影響は計り知れないものがあります。
 本講座は体感型のセミナーで、「実験を通して静電気の見える化」、「導通の確認方法」、「作業床の抵抗測定方法」など様々な静電気事故防止対策を習得できます。
 また本講座では、静電気の基礎知識から始まり、いくつかの事故事例の紹介、ハード対策を解説することで、事故の未然防止など、実務上の重要管理ポイントを網羅的・具体的に解説しますので、実務ですぐに使える知識を手に入れることができます。静電気事故対策でお困りの方に大変おすすめです。

セミナー講演内容

1.静電気の基礎知識
 1.1 静電気発生のメカニズム
 1.2 静電気の極性と帯電列
 1.3 浮遊導体からの火花放電
 1.4 誘導体電の概要
 1.5 放電の種類(火花放電、ブラシ放電、コロナ放電、沿面放電他)
 1.6 人体除電は靴と床
 1.7 作業床の条件

2.静電気事故例と可燃性物質の特性
 2.1 静電気事故例とそれぞれの事故解析
 2.2 特性要因図から読み解く事故の本当の原因
 2.3 放電による着火の仕組み
 2.4 ガス、蒸気、粉体の着火の危険性
 2.5 不導体の帯電性の指標
 2.6 物質の最小着火エネルギー
 2.7 粉体の帯電特性

3.除電方法、静電気事故対策(ハード対策)
 3.1 接地・ボンディング
 3.2 浮遊導体・不導体の排除
 3.3 不導体の静電気対策
 3.4 作業者の帯電防止・接地
 3.5 爆発性雰囲気の防止

4.未然防止の組織作り
 4.1 危険物施設の着火原因別火災事故発生件数
 4.2 静電気事故に特化したリスクアセスメント
 4.3 化学会社の静電気事故リスクの高い工程
 4.4 不適合・事故・不祥事 ゼロに向けての教育
 4.5 静電気事故防止のためのチーム作り
 4.6 静電気事故防止のためのリスクコミュニケーション
 4.7 【ワーク】危険箇所の洗い出し

 □質疑・応答□