セミナー

【期間限定:講演収録でも講師とQ&Aもできる!】
【WEBセミナー:オンデマンド配信】

<豊富な経験をもとに徹底解説!>

機能性コーティング塗膜の基礎と応用
~ハードコート、自己修復型塗料、ポリウレタン塗料まで~

~基礎的なレベルから最新の応用分野(自動車・フィルム)などにも言及します~
~塗膜性能だけでなく、その生成過程での動向や環境対応型コーティングにも言及!~

このセミナーは、講師と直接Q&Aもできる、セミナーの映像収録(2020年6月24日収録)です。​
※お申込み日から14日間ご視聴いただけます。テキストは印刷・送付いたします。
※このセミナーに関する質問に限り、講師と直接メールにてQ&Aをすることができます。
★ 高機能コーティングを基礎から全体像まで把握したい方に最適!
★ 講演には定評があり、経験を基にご解説いただけます。ご質問もたくさんウエルカムです。
日時 2020年11月27日(金)  23:59まで受付中/【収録日:2020年6月24日(水)10:30~16:30】※視聴時間:4時間20分
会場 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です※  【視聴期間はお申込み日から14日間です。】
会場地図
講師 技術コンサルタント 桐原 修 氏 【元・バイエル】
【経歴・専門】
住友バイエルウレタン、住友化学、 バイエルマテリアルサイエンス(中国・日本)を経て、その後フリーランス。
ポリウレタン塗料原料の開発と自動車用途への適用、ポリカーボネートの自動車グレージングへの適用・ハードコート剤の開発などに詳しい。
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(3営業日以内に印刷・発送します)
備考※資料付
※Webセミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
【期間限定:講師とQ&Aもできる、講演収録済みWEBセミナー(オンデマンド配信)とは?】
以下の流れ・受講内容となります。

 ・録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・申込み後すぐに視聴可能です(事前に「会員ログイン」または「新規会員登録」し、申込みされた場合のみ)。
  S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
   ※会員ログインまたは新規会員登録せずに申込みされた場合は、
    営業日3日後までに弊社にてマイページに設定し、閲覧通知のE-Mailをお送りいたします。
 ・視聴期間は申込日より14日間です。
  ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料は印刷・送付(データ配布禁止)いたしますので、視聴開始後に届きます。
  (申込み日から営業日3日までにすぐに発送いたします。)
 ・このセミナーに関する質問に限り、講師とメールにて個別Q&Aをすることができます。
  具体的には、セミナー資料に講師のメールアドレスを掲載していますので、セミナーに関する質問がございましたら
  直接メールでご質問ください。
  (ご質問の内容や時期によっては、ご回答できない場合がございますのでご了承下さい。)
下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または >>こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 
■サンプル動画■

>> 視聴環境   >> テスト視聴サイト
(3)申込み後、すぐに視聴可能なため、Webセミナーのキャンセルはできません。予めご了承ください。

セミナー趣旨

 各種の高機能性コーティングが注目されて久しい。高機能といっても、各種あり物理特性、化学特性、光学特性、電気特性などが最近多く取り上げられている。
 演者は物理特性と化学特性に焦点を充てた仕事に長年従事していたので、その経験を基に、ハードコート、自己修復性などの特性を中心にポリウレタン塗料とその原料の観点から説明する。基礎的なレベルから最新の応用分野(自動車・フィルム)などにも言及する。また塗膜性能だけでなく、その生成過程での動向や環境対応型コーティングにも言及する。

セミナー講演内容

1.ポリウレタン(PUR)塗料と ポリカーボネート(PC)素材へのかかわりからハードコート(HC)へ

2.ハードとソフトの概念、ハードコートって何?

3.ハードコートの歴史とプラスチック素材への適用
 3.1 プラスチック製品への塗装・塗料の歴史
 3.2 プラスチック塗料の種類と分類
 3.3 塗装工程
 3.4 ハードコートの歴史

4.ハードコートの現状
 4.1 ハードコートの概略
 4.2 シリコーン系ハードコート
 4.3 2液ウレタン系
 4.4 UV硬化系
 4.5 ハイブリッド型
 4.6 ハードコートの設計・材料・配合など

5.ハードコート材料の技術動向
 5.1 ウレタン系
 5.2 シリコーン系
 5.3 UV硬化系
 5.4 ハイブリッド系

6.自己修復型塗料の歴史と現状
 6.1 歴史と自動車塗装への適用
 6.2 ウレタン系塗料での開発
 6.3 塗料原料と自己修復の実現・メカニズムなど
 6.4 今後の方向性と課題

7.ポリウレタン塗料の今後の可能性と課題

8.その他の硬化系の開発と将来性(まとめに代えて)


■Q&A■
 このセミナーに関する質問に限り、講師とメールにて個別Q&Aをすることができます。
 具体的には、セミナー資料に講師のメールアドレスを掲載していますので、セミナーに関する質問がございましたら
 直接メールでご質問ください。
 (ご質問の内容や時期によっては、ご回答できない場合がございますのでご了承下さい。)