セミナー 印刷

研究開発テーマの費用対効果と算出・評価の見える化

~イノベーション時代の投資回収を含めた実践的評価の考え方~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

イノベーションにおける成果に対する評価の考え方理解できていますか?

新規事業・研究開発テーマを進めていく中で、どのように評価していくのか・・・
今後取り組む事業における未来の費用対効果をどのように選定・評価するのか・・・

新規事業・研究開発テーマの費用対効果を算出することで今後の取り組む事業選定
そして、経営者に説明する際に納得感のある投資判断の一助となります

イノベーション部門に携わる方だけでなく、技術者・研究者の方にもオススメのセミナーです!
日時 2022年12月13日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )
   定価:本体36,000円+税3,600円
   E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典講師共著でございます「増補改訂版 図解 研究開発テーマの価値評価」を特典として1冊配布いたします。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・イノベーションを伴うテーマの開発や事業化ステージにおいての選定/評価の考え方
・経営側の投資ニーズに対する事業化への費用対効果の検証ツール
・進捗評価としての各種評価法と投資の優先判断のための実践的活用
対象イノベーション担当部署各位、イノベーションに興味・関心をもつすべての人々、研究開発マネージャー、
研究開発者、技術関連企画部署管理職・担当者、CTO、新規事業にかかわる経理・財務の関係者など

セミナー講師

(株)テクノ・インテグレーション  代表取締役 出川 通 氏 
【専門】イノベーションのマネジメント、MOT(技術経営)、研究開発マネジメント、材料加工プロセス
 現在の会社では、MOT(技術経営)やイノベーションのマネジメント手法を用いて開発・事業化のコンサルティングを実践している。その内容は新時代の社内起業やベンチャーのありかた、共同開発プロジェクトマネジメント、ローテクとハイテクの融合・統合、技術ロードマップの作成と実践、技術者のためのビジネスプランの作成などである。併任として早稲田大学・東北大学・島根大学・大分大学などの客員教授などを歴任、学生、社会人、中小企業・ベンチャー経営者に実践MOTを講義すると共にNEDO、JST各種評価委員、中小企業関係や技術者教育関係団体の理事など多くの役職に就任。

セミナー趣旨

 イノベーションの必要性・重要性に対応して企業の開発部門の事業貢献に対する期待はますます大きくなっている。しかし特に不確実性の高い,イノベーションを伴うテーマの開発や事業化ステージにおいての選定・評価の考え方はまだまだ大きな課題として残っている。
 そのためには、新事業・新商品を目的とする研究開発テーマの選定から経営側の投資ニーズに対する事業化への費用対効果の検証ツール、進捗評価としての各種評価法と投資の優先判断のための実践的活用のポイントを広く解説します。

 本講演では,新規事業のテーマの選定と評価を「目的」と「時間軸」に区分して,選定と評価と投資判断の考え方を整理し,経営者と技術者双方がWin-Winになる実践的な考え方を示す。

セミナー講演内容

はじめに:自己紹介
1.研究開発の事業化へのポジショニング
 1.1 会社のライフサイクルと同期したR&Dマネジメント
 1.2 研究開発から事業化にいたるステージの理解
 1.3 経営側から見たR&Dへの期待変化と対応

2.研究開発成果の費用対効果の考え方と算出法
 2.1 研究開発・事業化テーマ評価の基本と既存・新規事業範囲
 2.2 投資対効果の考え方:投資回収期間、累積投資収益、資金の種類
 2.3 NPV(正味現在価値)、IRR(内部収益率)などの考え方と活用
 2.4 イノベーション時代の未来の不確定さの考え方と定性評価

3.未来の費用対効果の選定・評価、検証ツールと有効性
 3.1 未来シナリオによるロードマップの作成と統合
 3.2 市場による顧客価値仮設の設定(MOTマーケテング)
 3.3 テーマを顧客価値視点で絞り込む(検証)
 3.4 不確定ななかの定量的評価法と限界

4.テーマの事業性評価の可視化と実践方法の考え方
 4.1 投資判断の基本を改めて振り返る
 4.2 空間軸評価(ポートフォリオ型評価、SWOT,PPM、アンゾフ図など)

5.ステージ(ゲート)法の概要とその関連評価法
 5.1 時系列的評価と空間的テーマ評価法
 5.2 ステージゲート法の基本的考え方
 5.3 ステージゲート法の特徴、効果と各種評価法
 5.4 アジャイル開発とステージゲート評価

6.事業戦略マップ(TIG法)によるテーマの事業性評価
 6.1 経営者と技術者、営業関係者への可視化方法としての簡易マップ
 6.2 事業戦略マップ(TIG法)の基本
 6.3 事業を目指したテーマへの投資優先判断の事例

まとめ:答えがない未来の価値をどう算出するか・・
(付録:フェルミ推定)

  □ 質疑応答 □