セミナー 印刷

【Live(リアルタイム)配信】
OODAループの基礎と
イノベーション・マネジメントへの適用

~イノベーションの成功確率を最大限に高めるために知っておきたいこと~

<価値づくり特集セミナー>

本セミナーは都合により中止となりました(更新:11/22 14:40)
不確実性の高いイノベーションの成功確率を高めるには?
本セミナーでは、イノベーション戦略とその主要な手法としてOODAループについて解説する
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年11月29日(月)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
特典【価値づくり】セミナー特典
1.本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。
2.本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。 

「価値づくりセミナー専用クーポン」について
 ※セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※「価値づくりセミナー」にのみご利用いただけます。「価値づくりセミナー」の一覧は⇒コチラ
 ※有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
配布資料・PDFテキスト(印刷可・編集不可)
 ※PDFデータは、マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
  (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・イノベーション・マネジメントの基本的枠組みの修得
・OODAループの基礎知識の修得
・OODAループをイノベーション開発現場で活用するための基本的な考え方・方向性の理解
対象イノベーションに関心のある実務家の方であれば、レベルは問いません。特定の予備知識を前提とすることはありません。

セミナー趣旨

 研究開発や企画業務など、不確実性の高いなかでは、PDCAサイクルを回すことはきわめて難しくなります。そもそも信頼性の高い計画を立てることが難しく、精度の高い計画を策定するよりも、試行錯誤を繰り返すことのほうが重要になります。しかしながら、日本企業ではPDCAサイクルを回すことがマネジメントであるという考え方が根強く、不確実性の高い非定型的業務でもPDCAが強引に押し付けられている企業が少なくありません。

 このような業務では、PDCAサイクルではなく、OODAループを効率的に運用していくことが鍵となります。このOODAループは、PDCAとは異なるマネジメント、リーダーシップ、仕組みが必要となります。組織でイノベーションを促進するためには、このようなマネジメントの要件を整備し、OODAループを高速で回していくことが求められます。

 本講義では、不確実性の高い非定型業務に適用されるべきOODAループという考え方を紹介し、イノベーション管理にどのように活用できるのかについて議論していきます。またOODAループの応用としてのデザイン思考、ポジティブデビアンスについても紹介し、それを応用していくためのポイントについて解説します。

セミナー講演内容

1.OODAループの概要
 1.1 OODAループの背景
  a.OODAループ発想のきっかけ
  b.ドイツ軍の電撃戦
  c.機動戦略
  d.OODAループの構造
  e.PDCAとの違い

2.OODAマネジメント
 2.1 マネジメントとコントロール
 2.2 観察(Observe)
  a.チャンスに気づく
  b.焦点化
  c.バーチャル化
 2.3 情勢判断(Orient)
  a.推論のはしご
  b.メンタルモデル
  c.直観的思考
  d.模倣

3.OODAマネジメントの応用
 3.1 エフェクチュエーション
 3.2 デザイン思考
  a.Empathy Map 
  b.ホンダのワイガヤ 
 3.3 発見力型リーダー vs. 実行力型リーダー
 3.4 ポジティブデビアンス
  a.PDとベストプラクティスの違い
  b.氷山モデルと組織変革
  c.OODAと組織変革プロセス
  d.技術的問題と適応課題

4.まとめ・質疑応答