セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
新規事業創出に向けた進め方とイノベーションへの公式

~保有技術の活用、市場・顧客のニーズ探索~

​◆既存事業だけではダメなのか・・・
◆経営陣からの厳しい要求にどのようにして応えるのか・・・
◆イノベーションを生み出すために注意すべき点とは・・・
◆自社技術の顧客ニーズ、市場でのニーズを考慮した保有技術のいい出口の探り方とは・・・

新規事業の創出に関する様々な悩み・ポイントを経験豊富な講師が具体例を交えて解説いたします!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年6月22日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典【価値づくり特集】 セミナー
本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。また、本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくり特集」のセミナーでのみご利用頂ける「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。
【価値づくり特集】セミナーの一覧は⇒コチラから

 ※クーポンは「価値づくり特集」のセミナーにのみご利用いただけます。
 ※クーポンの有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識【知識に関する学び】
 ・技術者と経営者の間にある課題を認識し、何をすればよいかがわかる
 ・自社の技術のマッピングと目指すべき方向についての基礎知識が得られる

【使えるテクニックとしての学び】
 ・自身(自社)の技術を見直す方法について
 ・バックキャスティング法による新規テーマの創出方法
 ・本提案手法による技術からの新規提案方法
 ・会社も自身も活きる提案書の書き方

【姿勢に関する学び】
 ・技術者のとしての会社内での役割を考えるきっかけとなる。
 ・自己の技術を振り返るきっかけになる。
対象・技術を扱う会社の方だと予備知識は不要
・会社の商品/技術がジリ貧になり、なにか新しいことを始めたいと考えている方
・次に何を開発していいかわからない、事業部、営業、技術者
・商社などで売れる商材を探している人
・MOTを勉強してみたいと思っている人
・自身で新規事業/研究提案をしてみたいと思っている人

セミナー講師

藤井技術士事務所 / 株式会社TAK薄膜デバイス研究所  代表 藤井 隆満 氏
 〇ガラスメーカー研究所にて開発から工場生産まで経験。
  量産までのイメージを持って開発を行うことの必要性を実体験として学ぶ。

 〇研究開発に特化したコンサルティング会社にて50社以上の企業様へR&D提案を行い、~1億円/年のプロジェクトを推進。
  ゼロから1を産むアイデアの出し方、事業化につながりやすい筋の良い研究テーマの選定に強みもつ。
  そのため多くの企業から高い評価を受けている。

 〇化学メーカーにて高性能な圧電体薄膜(Nb-PZT)を開発し、圧電/MEMS業界にて世界的に評価されている。
  MEMS分野の新しいテーマを立ち上げ事業化推進。

セミナー趣旨

 時代も、経営者もイノベーションを求めています。技術者は経営者からの厳しい要求にどのようにして応えたら良いのでしょうか。既存事業がジリ貧になる中で成功している企業は何が違うのか。そして、どうすれば成功するのかを解説します。そして、多くの技術者が抱える「次に何を開発すべきか」、「最近の市場のニーズ」、「自社技術の顧客ニーズ」「保有技術のいい出口」がわからない、という悩みをいっきに解消します。
 一般論や概念だけでなく、イノベーションを生み出すための具体的なやり方までも公開いたします。

セミナー講演内容

1.新規事業創出はニーズ発想という思い込み
 1.1 イノベーションの必要性は?
 1.2 イノベーションが求められている技術の現場と経営からの要求
 1.3 イノベーションの定義と身近な例
 1.4 新規事業創出にニーズ発想が必要か?
  (1)ニーズ発想の方法
  (2)技術者がシーズからテーマを考えたら
  (3)経営者が技術者にニーズからの商品開発を期待したら
 1.5 R&Dのマネジメントの難しさ
  (1)イノベーション人材の埋没
  (2)イノベーション人材の発掘
 1.6 我々技術者はどうするべきか
  (1)各種アイデア創出法を試してみたが。
  (2)MOTセミナー
  (3)Yesマンになって上司の言うことを聞く?

2.既存事業ジリ貧の理由
 2.1 既存事業がなぜジリ貧になるのか
 2.2 慣性の法則を知る
  (1)組織の慣性の法則
  (2)心の慣性の法則
 2.3 経営者の悩みと取り組みを知る
  (1)目利き人材の必要性
  (2)オープンイノベーション?
  (3)シリコンバレー流を学ぶことが必要?
  (4)ボタンからスーツのイメージができるか?
 2.4 アイデアを潰す困った人々

3.成功企業の秘密を探る
 3.1 現代にも生きる孫子の兵法
  (1)自社を知るための技術の棚卸し
  (2)強みに立脚した事業戦略
 3.2 アンゾフのマトリックスと強みと事業戦略
  (1)実例:富士フイルムの事例 他
  (2)成功の共通項と何を学ぶか

4.技術者の逆襲1 ~アイデアを探れ~
 4.1 戦略を立てるために特許を利用する
 4.2 特許情報の凄さ
  (1)特許の中身の分析
   発見! 特許の中に開発者の悩みが聞こえる
   発見! 特許の中に開発のヒントが見える
   発見! 特許の中に顧客のニーズが見える
   発見! 特許の中に未来の商品のヒントが見える
  (2)特許による自社の宝を掘り起こしてみる
 4.3 時代の流れを読む
  (1)フォアキャストとバックキャスト
  (2)時流にのることの重要性
      
5.技術者の逆襲2 ~イノベーションを生み出す式
 5.1 新結合によるイノベーションの公式 
   実例1:銀塩写真から化粧品へ
   実例2:セラミックスから食品へ
   特許検索からの裏付け
 5.2 バリューチェーンから考えるイノベーションの公式

6.技術者からのプロジェクト提案
 6.1 強み技術に基づく提案
 6.2 超シンプル提案書の骨格
  (1)背景は起承転結
  (2)目的はシンプルに
  (3)スケジュールはPhaseで分割

7.最も重要なこと

  □ 質疑応答 □