セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
オープンイノベーションの導入戦略と定着、
および新規事業の創出へのノウハウ

~組織づくり・活動が回る仕組みの構築・外部パートナーの探索における課題、解決策~

オープンイノベーションといっても様々な種類があり、自社にあった方法の選択が必要となります
その為にはオープンイノベーションの導入手法や組織作りなどについて
12年間オープンイノベーションを行っている大阪ガスの事例を紹介しつつ解説します!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年5月20日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典【価値づくり特集】 セミナー
本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。また、本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくり特集」のセミナーでのみご利用頂ける「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。
【価値づくり特集】セミナーの一覧は⇒コチラから

 ※クーポンは、セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※クーポンは「価値づくり特集」のセミナーにのみご利用いただけます。
 ※クーポンの有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識・オープンイノベーションの種類
・組織作り理論
・適性人材選定方法
・オープンイノベーション活動の流れとそのポイント
・オープンイノベーションによる定量的な効率
対象・オープンイノベーション推進管理者・担当者
・研究所の技術者
・研究開発部内企画管理者/担当者                                                                 
・経営企画事業企画部内の管理者/担当者

セミナー講師

セミナー趣旨

 日本でもオープンイノベーションの導入が始まり、普及しつつあります。ひとえオープンイノベーションといってもさまざまな種類があり、それに応じてこれまでに各種方法が開発されています。そこで、各社におけるオープンイノベーション活動の目的に応じた種類と手法の選択が必要です。
 ここでは、オープンイノベーションの種類とその進め方を解説し、活動を推進するための組織づくりと、そこに必要な適正人材の発掘方法を紹介します。そして、実際のオープンイノベーション活動の流れを紹介し、活動が回るために仕組みを構築するために、各ポイントで押さえておくべきツボを伝授します。

セミナー講演内容

1.オープンイノベーション活動の種類とその進め方
 1-1 インバウンド型オープンイノベーション活動とその進め方
 1-2 アウトバウンド型オープンイノベーション活動とその進め方
 1-3 新規事業創出型オープンイノベーション活動とその進め方

2.オープンイノベーション室の組織づくりと適正人材の発掘方法
 2-1 各種組織論に基づく組織づくり
 2-2 適正人材の見つけ方

3.活動が回るしくみの構築 
 3-1 ニーズの集め方
 3-2 シーズの集め方 
 3-3 シーズとニーズのマッチング方法

4.活動の成果と効率
 4-1 活動の成果
 4-2 活動の効率

  □ 質疑応答 □