セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】 
データサイエンスで導くイノベーションと
研究開発マネジメント

~萌芽的研究開発テーマの発掘、研究開発戦略の立案や評価に~

今の時代だからこその効率的・効果的な研究開発マネジメント法を取り入れよう!
膨大な量の特許情報や論文情報。これらを網羅的に分析し、貴社の研究開発や事業開発に役立てませんか?
イノベーション創出の取組みにデータサイエンスという武器を携えてみませんか?
日時 2021年2月17日(水)  13:00~17:00
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典【価値づくり特集】 セミナー
本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。また、本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくり特集」のセミナーでのみご利用頂ける「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。
【価値づくり特集】セミナーの一覧は⇒コチラから

※クーポンは、セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
※クーポンは「価値づくり特集」のセミナーにのみご利用いただけます。
※クーポンの有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
※アカデミー割引との併用はできません。
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして
   接続できるか等ご確認下さい。​

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

東京工業大学 環境・社会理工学院 イノベーション科学系/技術経営専門職学位課程 
教授 博士(工学) 梶川 裕矢 氏

【専門】技術経営、科学技術政策、持続可能性学、計量書誌学 ≪研究室Web
1999年東京大学工学部化学システム工学科卒業、2001年同大学院工学系研究科化学システム工学科修士課程および2004年博士課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院工学系研究科助手、助教、特任講師を経て、2012年より東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科准教授。2017年より東京工業大学環境・社会理工学院教授。同大学科学技術創成研究院 グローバル水素エネルギー研究ユニットを兼務。2018年より東京大学 国際高等研究所 サステイナビリティ学連携研究機構教授、2019年より東京大学未来ビジョン研究センター教授。2014年より名古屋大学イノベーション戦略室客員教授。
 
科学技術振興機構研究成果展開事業「センター・オブ・イノベーションプログラム」構造化チーム委員、内閣府「戦略的イノベーション創出プログラム」構造化チームチーム長、経済産業省「グローバル・ネットワーク協議会」グローバル・コーディネーター等を兼任し、産学連携・イノベーション創出活動に携わっている。
 
技術経営等の分野において数多くの業績を専門誌に発表し高い評価を受けるとともに、技術経営学分野におけるトップジャーナルであるTechnological Forecasting and Social ChangeのAssociate Editor、持続可能性学分野におけるトップジャーナルであるSustainability ScienceのEditorなど8つの国際誌の編集委員を務めており、当該領域を牽引する研究者として国際的に認知されている。

セミナー趣旨

 本セミナーでは、テキスト解析やリンク解析といったデータサイエンスを用いて論文や特許情報を網羅的に分析し、研究開発戦略の立案や評価に活用する手法と事例を学びます。IoTやAIなど世界の研究開発動向が大きく変化・発展する中、グローバルな視点でそれらの動向をモニタリングし、自社の事業に対する潜在的なリスクやオポチュニティを抽出するとともに、研究開発や事業に反映していくことは、各企業の今後をも左右する大変重要な課題となっています。そのような調査・企画業務の中に、データサイエンスを取り入れ、業務を効率的・効果的に実施していくために、その手法や事例、課題について解説を行います。

セミナー講演内容

1.イノベーションとイノベーションプロセス
 
2.データサイエンスとは?

 2.1 データと意思決定
 2.2 データサイエンスとその手法

3.データサイエンスと計量書誌分析
 3.1 科学技術と研究開発マネジメント
 3.2 研究開発動向の把握と萌芽的研究領域の抽出
 3.3 革新的研究開発課題の設計
 3.4 産業展開可能性の評価
 3.5 産業構造とビジネスエコシステム

4.イノベーションと研究開発マネジメント
 4.1 応用事例
 4.2 イノベーションの実現に向けて

  □質疑応答□