セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
これからはじめる
競合他社・異業種ベンチマーキングの
基本、考え方とすすめ方

~競合・異業種を問わず、現場(技術開発者)の視点でR&Dの差別化を図ります~

■ベンチマーキングの本質の理解、考え方・すすめ方■
■対象・内容・範囲、期待効果、プロセス■
■独自性・優位性の考え方■
■成功のためのチェックポイント、失敗要因とその事例■

<価値づくり特集セミナー>

市場ニーズを把握し、他社と差別化、、、、

ベンチマーキングとは?からはじまり、演習・討議を通して現場で使えるまで理解を深める

真の狙いは、物真似ではなく、自社に合った独自性のヒントを探すことである
日時 2020年10月23日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
特典【価値づくり】セミナー特典
1.本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。
2.本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。 

「価値づくりセミナー専用クーポン」について
 ※セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※「価値づくりセミナー」にのみご利用いただけます。「価値づくりセミナー」の一覧は⇒コチラ
 ※有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
 ※テレワーク応援キャンペーンとの併用はできません。
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催日の4~5日前に発送します。
  開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
  開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZOOMによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付(郵送)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・ベンチマーキングの本質が理解でき、職場に帰って、すぐ自分の仕事に応用できます。
・課題のテーマへの視野が拡大し、より付加価値の高い仕事に結び付けられます。
対象技術開発、生産技術、企画部門リーダーおよび担当者

セミナー講師

ぷろえんじにあ 代表 技術士(総合技術監理&機械部門) 粕谷 茂 氏
※元ソニー(株)、元富士ゼロックス(株)
【講師情報】

セミナー趣旨

 皆さんは、どう市場ニーズを把握し、他社と差別化を図っていますか。今こそマーケティングの基本を学び、ベンチマーキングを実践することです。この視点で担当テーマを見直してみませんか。いままでのベンチマーキングは経営者向けでした。ベンチマーキングの真の狙いは、物真似ではなく潜在ニーズを顕在化して、自社に合った独自性のヒントを探すことです。講師は、発祥元のXerox社からベンチマーキングの基本やノウハウを直接学びました。そして、マーケティングを現場レベルまでブレークダウンした技術開発やプロセス改革を実践してきました。ものづくり差別化技法の一つになっています。

 いままでのセミナーと何処が違うのか?ポイントは次の通り。
1.技術開発者の視点で、現場主体でベンチマーキングを日常化するためのものです。
2.ベンチマーキング発祥元であるXerox社のテキストとノウハウを盛り込んでいます。

セミナー講演内容

1.はじめに
 1.1 スチーブ・ジョブスも、ベンチマーキングしていた?
 1.2 なぜベンチマーキングなのか(ものづくり企業の改善と改革メニュー)

2.ベンチマーキングの基本
 2.1ベンチマーキングとは(独自性とは? 付加価値とは?)
 2.2 背景と歴史
 2.3 タイプ
 2.4 対象、内容、範囲
 2.5 期待効果
 2.6 プロセス
 2.7 成功させるためのチェックポイント
 2.8 失敗要因とその事例
 2.9 競合ベンチマーキングの押えどころと効果的情報入手法
 Q&A

3.ベンチマーキングの実践事例
 3.1 R&Dの効率化のためベンチマーキングを実施した事例
  a R&Dの差別化をどう図ればよいか
  b ベンチマーキング情報源のあらまし
  c ベンチマーキング実施結果
  d 戦略プロセス変革の現場への展開事例
 3.2 競合ベンチマーキングの実践事例
 3.3 その他のベンチマーキング事例
 3.4 受講者からの過去質問例
  ※コロナ後に備えるベンチマーキングを活用したコンサル事例 (オンライン特別講義)

4.独自性・優位性の考え方
 総合Q&A

技術ベンチマーキング実践セミナー終了後「解説参考書」を贈呈
(講義後の復習、社内での報告などで、ご利用いただけます。)